2005年05月13日

神戸市 三俣 5日目

今日は、ちょっと私の研究紹介を

私は環境経済学を勉強しています、と初日に簡単な自己紹介をしたきりでどんな研究をしているのかにはまったく触れていませんでした。私はこれまで主に日本の入会林野と呼ばれる「地域みんなの森」に関する調査を続けてきました。その研究方法は、経済学徒らしく数値データを用いて統計的に、というわけでなく森林の利用・管理を続ける人たちに一つ一つ教えてもらう聞き取り調査が主体です。研究の中身を書き出すととても日記で収まらないので『入会林野とコモンズ』(日本評論社、2004年)をみていただけるとうれしいです。共著者の同志社大学の室田武さんは僕の大学院時代の先生で、僕が研究者になるきっかけを与えてくれました。それからローカルジャンクション21でもおなじみの農文協『現代農業』。2005年2月増刊「小さなむらの‘希望’を旅する」にも、どうして山の研究を始め、なぜ入会(いりあい)という一見古めかしい制度に資源・環境問題を考えるヒントを求めるようになったのかを書かせてもらっています。よろしければごらんください。

さて、今日は二年生ゼミでした。9人中6名が昨年の1年生ゼミ(一昨日の疎水の写真の学生たち)からあがってきた学生で、今日は昨年一年生ゼミ時のレポートをひとつの冊子にする作業を昼からした、その後のゼミだったのでちょっとお疲れモード。今年、2回生ゼミでは専修大学経済学部の泉ゼミ(泉留維氏は、地域通貨研究者で全国を駆け回っている人です。彼とは同志社大学大学院修士時代以来の友人)との合同ゼミを秋にする予定で、今学生たちは皆でそのテーマに関して討論中。
今日もキャンパスに一日。平凡な大学教員の一日で面白くない日記ですいませんでした。









posted by LJ21 at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。