2005年06月15日

福島県 「かわうち元氣村」 久保田稔 3日目

こんにちは。
昨日は川内村の6月定例会が9時から開かれたので傍聴してきました。
井出茂議員の質問ご紹介します。環境分野で初めてノーベル平和賞を受賞されたケニアのワンガリー・マータイさんの言葉を引用し「自然は人間が無くも存在するが人間は自然無くは存在できない」を引用し環境保護の訴えがありました。川内村の森林面積は40万人強の方々の酸素供給量だそうです。 「環境対策に関する施策を5〜10年にかかわるような計画としてまとめるべきでとくに広大な森林をもつ本村として経済効果などへ波及効果も考えるべきだとの意見でした」
 福島県は来年度からの森林環境税の導入を予定していて河川の水質や森林の保全につながる重要な財源だと理解してください。



又、福島県では先のマータイさんの提唱する「もったいない運動」を新たに県民運動の一つとして展開します。県商工会連合や市民団体の活動を支援し実践を通じて「もったいない」の精神を全国に発信しようとする、福島県の取り組みに目を向けてください。




posted by LJ21 at 09:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。