2005年10月04日

東京都文京区 田辺大 2日目

10月2日(日)

上記の大会の2日目です。

地上49階。東京タワーも見えます。眺めがいいんです。。

2025年のわが国のビジョンを考えるワークショップがあり、パネリストとして「社会的企業家やNPOが食べられない、という古い常識は変えられる!」と熱く語ってしまいました。




社会的企業家は、ない物ねだりでなく、あるもの探しをします。。。 それって、地元学と一緒の視点!


10月3日(月)

写真は茨城県・行方市(旧、北浦町)の様子です。川のすぐ向こうは北浦。日本で2番目に大きい霞ヶ浦を構成する湖です。

10月6日・7日にアグリビジネス創出フェアが東京・有楽町の東京国際フォーラムで開催されます。
私達アサザ基金は、地域の漁協(北浦漁協、霞ヶ浦漁連)、農業団体(JA八郷、有限会社ギルド)、流通企業(ベジタ)、環境NPO(NPO法人エコタウンほこた)と連携して(「北浦・霞ヶ浦環境パートナーシップ市民事業」)、出展します。




外来魚(ブラックバスやアメリカナマズ)を水槽に入れて、フェアに展示します。今日は、魚体の提供のお願いに地元の漁師さんを訪問し、ご快諾を頂く事が出来ました。

出展の趣旨は、ゆっくりと明日に。。 要するに、「あるもの探し」の事業です!






posted by LJ21 at 17:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京都文京区 田辺大 1日目

皆様

こんにちは! 

以前、LJ21企画の群馬県・片品村への地元学ツアーに参加して、地元学ファンになりました、田辺と申します。
あちこちで、つい地元学の素晴しさを熱っぽく語ってしまいます。
本業では、私は、社会的企業家(※)へのサービスに特化した経営コンサルティング会社を自営し、NPO法人アサザ基金のスタッフもしております。

事務局の浦嶋さんから「田辺さんはいつも何をしているのか謎です。書いてください!」とのことで、今週を担当します。よろしくお願いします!




10月1日(土)

※:社会的企業家って? 社会変革の担い手として、社会の課題を事業で解決します。ソーシャル・アントレプレナー。

日本で初めて、社会的企業家の全国大会(ソーシャル・アントレプレナー・ギャザリング)が、六本木ヒルズで開催されました。
主催は、NPO法人ソーシャル・イノベーション・ジャパン(SIJ)。
代表理事は、一橋大学大学院商学研究科の谷本寛治教授です。
私も理事を務め、大会の準備に関わってきました。




写真は一日目の交流会の様子です。

「福祉ビジネス 手がたり」という盲ろう者(目と耳の両方に障がいが有る人)による訪問マッサージ事業を主宰していまして、交流会の会場で、発表と実演を行うことが出来ました。左は盲ろう者の星野厚志さんです。

(フォレスト・プラクティス代表、NPO法人アサザ基金事務局。ブログ・メルマガ「社会起業家 成功への10ヵ条」発行人)



posted by LJ21 at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。