2006年01月09日

四国(愛媛県) 野崎賢也 内子町からりの生ハム

愛媛県内子町・農産物直売所「からり」

 今週の担当、野崎です。ここに登場するのは2回目。前回は2004年10月でした。
 2006年1月9日月曜は、愛媛県松山市の自宅を出て、内子町経由で高知県の四万十川方面に行きました。

 内子町といえば(その歴史的街並みよりも)直売所「からり」というぐらい有名です。この「からり」が、いま普及しているPOSレジと生産者を直結した農産物直売所の仕組みの元祖といってもいいと思います。
 
BTH2212375_0B.jpg 業界での知名度は抜群ですが、「からり」のすごさは、この直売所だけではありません。レストランや加工所などとの連携、それらを含めた全体が高いレベルにあり、一定の成功をおさめたいまでも常に進化し続けている、その着実で前向きな姿勢にあると感じています。そこに行く度に、なにか新しい試みがなされていて、いつもチャレンジしていることが分かる。その姿勢は訪れる人にもきちんと伝わってきます。今回も、いくつか発見がありました。

内子産豚の生ハム

 まずはレストランでの昼食。内子産豚の生ハムのメニューが登場していたので、もちろん味見。この「からり」のレストランは、道の駅併設としてはとても上質で、きちんとデザインされています。料理も、農村のレストランとして幅広い客層に向けられてはいますが決して易きに流れず、普及価格帯ですがその値段以上の価値がある、地元産食材をいかしたものです。

BTH2212375_1B.jpg 今回のメイン「からり」加工所製の豚の生ハム。香りがよく、余分な香辛料も使わず、塩分の効いたナマ肉のおいしさがよく分かる、ちゃんとした冷燻です。冷燻というのは、生ハムやスモークサーモンなど低温で燻製にするやり方。わたしは趣味で燻製をやりますが、冷燻はちょっと大がかりになるので、普段はなかなかできません。この生ハム、こころもち水分が多くしっとりしていたのは、熟成期間がそれほど長くないのでしょう。もうすこしじっくり長期間熟成すれば、さらに素晴らしい旨味が出てくると思います。また、スライスが少々厚めだったので、水分の多さとも相まって食感がすこし重くて強くなっていました。もうちょっとだけ薄いスライスがいいなと個人的には思います。

 直売所でも豚の加工肉製品を売っていますが、発色剤や保存料が使われています。対象とするマーケット(消費者)を考慮すると、こういった添加物の使用はやむを得ないという判断も分かりますが、からりが生ハム作りに乗り出したことで(手間も時間もかかり単価も高くなる)、新たなマーケットの開拓を目指していると好意的に解釈したいと思います。作り手のレベルアップと同時に、レベルの高い消費者を「育てる」ことは、これからの地場食品に必要なことでしょう。

 レストランではサラダバーもやっていました。いまではサラダバーというとファミリーレストランでもどこでも見かけるものになっていますが、単にカット野菜を単品で並べるだけだったり、マヨネーズ多用の単調な味付けのものだったりすることも多いです。

 「からり」のサラダバーでは、きれいにカットされた野菜が、風味や彩りなど、ちゃんと考えられた組み合わせ(アレンジ)で盛られていました。そして、ドレッシング3種類も、からり製のものです。これでドレッシングが気に入ったら、帰りに買って帰ってもらえるという意味でも、しっかり計算されています。

はったい粉と柿のアイス

BTH2212375_2B.jpg もう一つだけ今回の発見を。「からり」は、地場の果物や野菜を使ったアイスクリームやシャーベットもおいしいです。今回は、「柿」と「はったい粉」のアイス。

 「はったい粉」は、大麦を炒って粉にしたもので、四国の地場アイス業界ではすっかりメジャーな定番商品になって、あちこちで食べられます。独特の香ばしさに素朴な甘みがあります。

 で、今回初めて食べた「柿」アイス。柿のつぶが入っていて、その甘みはとてもいい感じなのですが、周囲のアイスがちょっと濃くて、せっかくの柿の味が負けている感じでした。ベースのアイス部のクリーム分を減らすとか、柿をペースト状にでもしてベースのアイスに入れるなどの工夫の余地があるなと思いました。




posted by LJ21 at 21:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛媛県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

四国(愛媛県) 野崎賢也 内子町「からり」の生ハム

愛媛県内子町・農産物直売所「からり」

 今週の担当、野崎です。ここに登場するのは2回目。前回は2004年10月でした。
 2006年1月9日月曜は、愛媛県松山市の自宅を出て、内子町経由で高知県の四万十川方面に行きました。

 内子町といえば(その歴史的街並みよりも)直売所「からり」というぐらい有名です。この「からり」が、いま普及しているPOSレジと生産者を直結した農産物直売所の仕組みの元祖といってもいいと思います。
 
 業界での知名度は抜群ですが、「からり」のすごさは、この直売所だけではありません。レストランや加工所などとの連携、それらを含めた全体が高いレベルにあり、一定の成功をおさめたいまでも常に進化し続けている、その着実で前向きな姿勢にあると感じています。そこに行く度に、なにか新しい試みがなされていて、いつもチャレンジしていることが分かる。その姿勢は訪れる人にもきちんと伝わってきます。今回も、いくつか発見がありました。



内子産豚の生ハム

 まずはレストランでの昼食。内子産豚の生ハムのメニューが登場していたので、もちろん味見。この「からり」のレストランは、道の駅併設としてはとても上質で、きちんとデザインされています。料理も、農村のレストランとして幅広い客層に向けられてはいますが決して易きに流れず、普及価格帯ですがその値段以上の価値がある、地元産食材をいかしたものです。

 今回のメイン「からり」加工所製の豚の生ハム。香りがよく、余分な香辛料も使わず、塩分の効いたナマ肉のおいしさがよく分かる、ちゃんとした冷燻です。冷燻というのは、生ハムやスモークサーモンなど低温で燻製にするやり方。わたしは趣味で燻製をやりますが、冷燻はちょっと大がかりになるので、普段はなかなかできません。この生ハム、こころもち水分が多くしっとりしていたのは、熟成期間がそれほど長くないのでしょう。もうすこしじっくり長期間熟成すれば、さらに素晴らしい旨味が出てくると思います。また、スライスが少々厚めだったので、水分の多さとも相まって食感がすこし重くて強くなっていました。もうちょっとだけ薄いスライスがいいなと個人的には思います。

 直売所でも豚の加工肉製品を売っていますが、発色剤や保存料が使われています。対象とするマーケット(消費者)を考慮すると、こういった添加物の使用はやむを得ないという判断も分かりますが、からりが生ハム作りに乗り出したことで(手間も時間もかかり単価も高くなる)、新たなマーケットの開拓を目指していると好意的に解釈したいと思います。作り手のレベルアップと同時に、レベルの高い消費者を「育てる」ことは、これからの地場食品に必要なことでしょう。

 レストランではサラダバーもやっていました。いまではサラダバーというとファミリーレストランでもどこでも見かけるものになっていますが、単にカット野菜を単品で並べるだけだったり、マヨネーズ多用の単調な味付けのものだったりすることも多いです。

 「からり」のサラダバーでは、きれいにカットされた野菜が、風味や彩りなど、ちゃんと考えられた組み合わせ(アレンジ)で盛られていました。そして、ドレッシング3種類も、からり製のものです。これでドレッシングが気に入ったら、帰りに買って帰ってもらえるという意味でも、しっかり計算されています。



はったい粉と柿のアイス

 もう一つだけ今回の発見を。「からり」は、地場の果物や野菜を使ったアイスクリームやシャーベットもおいしいです。今回は、「柿」と「はったい粉」のアイス。

 「はったい粉」は、大麦を炒って粉にしたもので、四国の地場アイス業界ではすっかりメジャーな定番商品になって、あちこちで食べられます。独特の香ばしさに素朴な甘みがあります。

 で、今回初めて食べた「柿」アイス。柿のつぶが入っていて、その甘みはとてもいい感じなのですが、周囲のアイスがちょっと濃くて、せっかくの柿の味が負けている感じでした。ベースのアイス部のクリーム分を減らすとか、柿をペースト状にでもしてベースのアイスに入れるなどの工夫の余地があるなと思いました。




posted by LJ21 at 21:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 愛媛県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三鷹市 5日目 暮らしやすい三鷹

名刺を交換するたびに、「おっ!三鷹ですか」と言われることが多いことに驚きます。
住んでいたことがある人、親族が住んでいる人も多いのですが、関係がなくても「あの三鷹市」として妙に感心されたりします。

三鷹には6年前に越してきました。父の転勤で兵庫県芦屋市から中学入学と同時に渋谷区広尾へ。高校時代は吉祥寺に越して、社会人になってからは文京区西片という後楽園から歩いて10分程度の超都心に20年ほど暮らしていました。6年前に思いがけず三鷹にマンションを購入。井の頭公園の目の前に住んでいた高校時代がとても懐かしくなって選んでしまった、そんな感じかな。

画像:井の頭公園


まだ建設中だった我がマンションに行く道筋にやはり建設中のガラス張りのビルがあって、そのビルのために道路を拡張工事までしている。「なんじゃ、これ?」と横目で見つつも、新居にゆっくり腰を据える間もなく地方出張の連続。2004年9月に市の広報で「マイショップに出店募集」を目にして応募、風土倶楽部の棚を産業プラザの1Fのマイショップに出させていただくことになりました。
そう、それがガラス張りのビルだったのでした。なんと我が家から3分!マイショップ&マイオフィスなどと勝手に言っています。

画像:三鷹産業プラザの外観


ここに出店して以来、第3セクターである株式会社まちづくり三鷹の方々とも懇意になり、「行政と市民の協働のまち三鷹」を実感する日々です。地方では、人口が少ないこともあって、行政と住民の関係が近いことをよく目にするのですが、文京区に住んでいたときは区役所に行くのは住民票を取りに行くときぐらいで、身近な行政というものをついぞ感じたことがありませんでした。当時、文京区春日にはバブルの塔というのがそびえていて(もちろん今もある)、あのガラス窓のガラス1枚分は私の税金だわ、と目にするたびに思ったものでした。

画像:産業プラザの玄関 1Fにはマイショップのほか、iカフェやホテルオークラのティールームなどもあります。


画像:マイショップ風景

戦前は武蔵野の農村地帯で、戦中、戦後は一時製造業が盛んな時期もあったようですが、結局、都心から少しだけ離れた郊外の住宅街として急速に発展してきました。昭和20年には5万人だった人口が昭和40年には15万人に達していたそうです。現在は17万人です。旧住民と新興住民を融合させて、新しい町をつくるために、昭和48年ごろからすでに総合計画を住民が地区ごとにつくったまちづくりプランをベースに作成し始めたそうですから、住民自治にもっとも早くから取り組んだ行政の一つだといえます。

行政とか住民とかという立場よりも、毎日、暮らしたり、仕事をしたりする場が快適で、楽しく、そしてやりがいがあること。そんな環境づくりを一緒にやっていく場が身近にあるというのはありがたいことだと思っています。
三鷹にお越しの節は、ぜひ、産業プラザに足を伸ばしてみてくださいね。
(新宿からJRで特別快速なら15分足らず、快速でも20分程度です)

産業プラザという名前がちょっと馴染みにくくて、いつも仲間と「ポッキープラザ」にすればいいのにと冗談半分で言っています。
ポッキーというのは、三鷹の鷹をシンボルにした鷹の子のキャラクターです。三鷹にはジブリ美術館があるので、ジブリのデザインによるものです。



幕開けは風邪でどうなることやらでしたが、ようやく復活!
では、今週末のフェアでお待ちしています!
遊びに来て下さいね。

画像:井の頭公園の梅 これは昨年の風景。今年はいつもより春が待ち遠しいですね。


posted by LJ21 at 13:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。