2006年03月31日

青森県青森市 村上靖徳 5日目

5日目
自己紹介D:大学時代は体育会でアメリカンフットボールをしていて殆ど学校には行かずグランドと家の往復の毎日。練習休日は週1日の月曜日で、その日はなるべく学校に行こうと思っても疲れたりさぼったり。バイトもできず。コンタクトスポーツなので体重が欲しかったが、いくら食べても太らなかった。が、社会人になったら運動時間は減る一方だが食欲減らず、更に酒は飲みたくなったら飲めるで、体重が気になり出す。そして気になること10年で世の中デフレが続いていても体重はインフレ。健康診断や体重計が嫌いになったらやばいか。明日の「今日の私」はエイプリルフールなので嘘だらけでもよろしいでしょうか?だめに決まってますよね(←自分ツッコミ)


3月31日(金)
いよいよ今年度最終日。昨日のカーリングの疲れ残る。午前中、1件トラブル発生。修復には時間はかかるも前向きに気持ち切り替え。昼食は「京」にてかき揚げ丼。午後はたまる一方の事務作業と来年度の事業計画書等作成。今年度後半から相談を受けていた市内の建物再利用プロジェクトの対象施設を錯誤していて、再度視察(写真)。某県立高校近くの建物のため同校教員である叔父を誘って一緒に検証。老人用デイケア施設等は食事スペースなど最低限な設備が多いと思い、複数デイケア施設のレクレーション・共同利用施設へのコンバージョン可能性を思いつく。今後具体性について調査。夕方事務所女性と今後の業務等についてディスカッション。20時半帰宅。



今年の出来事:年度最終日なので、1年を振り返りました。仕事を振り返るとブルーになるので、ここは心も温まる温泉で。青森県は実は温泉地数が144カ所で全国4位(1位北海道247、2位長野、3位新潟)、人口あたりでは3位(1位秋田、2位長野)と温泉大県なのです。というのを知って、自分も温泉に詳しくなろうとヒマを見つけては行きました。一応全部温泉法上の温泉とは思いますが。写真は温泉巡りの際に寄った尻屋崎の寒立馬。警戒せず車に近寄って来るのでこちらが警戒。


青森市・東津軽郡(17)〜三内温泉、酸ヶ湯温泉、雲谷温泉、八甲田温泉、寒水沢温泉、くさぶえ温泉、あすなろ温泉、ラッコ健康ランド、フラワー温泉、小柳温泉、タラぽっき温泉、鶴亀温泉、健康ランド、まかど温泉、みちのく深沢温泉、あさひ温泉、グランドスパ

西・北津軽郡、五所川原市(16)〜黄金崎不老不死温泉、しゃりき温泉、しゃこちゃん温泉、かしわ温泉、稲垣温泉、夢野温泉、グランメール山海荘、音次郎温泉、水軍の宿、富士見ランドホテル、五所川原温泉ホテル、奴温泉、高増温泉、つがる富士見荘、じょっぱり温泉、竜泊温泉

弘前市・黒石市・南津軽郡(9)〜温川温泉、青荷温泉、百沢温泉(施設名不詳)、湯段温泉静明館、板留温泉丹羽旅館、温湯温泉三浦屋旅館、さくらの温泉、湯ノ沢なりや温泉、鰐come

下北(5)〜薬研かっぱの湯、薬研古畑旅館、下風呂温泉三浦屋、佐井千金温泉、恐山温泉

上北・十和田(8)〜奥入瀬グリーンホテル(焼山)、谷地温泉、猿倉温泉、ホテル十和田荘(休屋)、十和田館(休屋)、ウエルサンピア八戸、ろっかぽっか、乙供東北温泉

振り返って自分でも驚きでしたが、計55箇所も行っているとは。ちょうど週1の計算。自分勝手番付では、西の横綱は深浦不老不死温泉、東の横綱は八甲田温泉。100を目指して頑張りたいと思います。



posted by LJ21 at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 青森県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青森県青森市 村上靖徳 5日目

5日目
自己紹介D:大学時代は体育会でアメリカンフットボールをしていて殆ど学校には行かずグランドと家の往復の毎日。練習休日は週1日の月曜日で、その日はなるべく学校に行こうと思っても疲れたりさぼったり。バイトもできず。コンタクトスポーツなので体重が欲しかったが、いくら食べても太らなかった。が、社会人になったら運動時間は減る一方だが食欲減らず、更に酒は飲みたくなったら飲めるで、体重が気になり出す。そして気になること10年で世の中デフレが続いていても体重はインフレ。健康診断や体重計が嫌いになったらやばいか。明日の「今日の私」はエイプリルフールなので嘘だらけでもよろしいでしょうか?だめに決まってますよね(←自分ツッコミ)

3月31日(金)
BTH2440480_1B.jpgいよいよ今年度最終日。昨日のカーリングの疲れ残る。午前中、1件トラブル発生。修復には時間はかかるも前向きに気持ち切り替え。昼食は「京」にてかき揚げ丼。午後はたまる一方の事務作業と来年度の事業計画書等作成。今年度後半から相談を受けていた市内の建物再利用プロジェクトの対象施設を錯誤していて、再度視察(写真)。某県立高校近くの建物のため同校教員である叔父を誘って一緒に検証。老人用デイケア施設等は食事スペースなど最低限な設備が多いと思い、複数デイケア施設のレクレーション・共同利用施設へのコンバージョン可能性を思いつく。今後具体性について調査。夕方事務所女性と今後の業務等についてディスカッション。20時半帰宅。


続きを読む
posted by LJ21 at 21:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 青森県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月30日

青森県青森市 村上靖徳 4日目

4日目
BTH2437688_0B.jpg自己紹介C:実家は農家。商品作物は米だけ。ただ近年は畑で取れた野菜や加工品を地元産直施設「ふらっと」(つがる市車力町)でも販売。最近よく新聞で農家レストランのオープン記事を目にする。今後は一村一品のように、「一村一店」で各地に作るべし。食材やオリジナルメニューは各家庭毎にあるのでそれを発掘・PR。鍵はマーケティング(利用者数と嗜好)と精度の高い経営計画(資金繰り中心)。後者は銀行員の腕の見せ所。あと経営者・調理者・サービスの人の能力も欠かせません。桜の時期には、タラの芽採り。写真は去年の妹。自分は農家の長男ですが、自分で探せる山菜はタラの芽のみ...。そんなんで跡継げるのか?(←自分ツッコミ)


続きを読む
posted by LJ21 at 21:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 青森県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青森県青森市 村上靖徳 4日目

4日目
自己紹介C:実家は農家。商品作物は米だけ。ただ近年は畑で取れた野菜や加工品を地元産直施設「ふらっと」(つがる市車力町)でも販売。最近よく新聞で農家レストランのオープン記事を目にする。今後は一村一品のように、「一村一店」で各地に作るべし。食材やオリジナルメニューは各家庭毎にあるのでそれを発掘・PR。鍵はマーケティング(利用者数と嗜好)と精度の高い経営計画(資金繰り中心)。後者は銀行員の腕の見せ所。あと経営者・調理者・サービスの人の能力も欠かせません。桜の時期には、タラの芽採り。写真は去年の妹。自分は農家の長男ですが、自分で探せる山菜はタラの芽のみ...。そんなんで跡継げるのか?(←自分ツッコミ)



3月30日(木)
午前、送別会続いたので体調不調。住宅メーカーに往訪し情報交換。昼食は「八森」で中華そばと梅おにぎり。午後はたまっていた事務作業。1社融資の提案に往訪すべく電話したが、特に必要ないとのことでパンフレットを送付するに留まり残念。既存取引先から今後の返済計画案が提示され所長と打合せ。18時から20時まで青森市スポーツ会館でカーリング。今シーズン最後なのではりきって望む。



が、隣のレーンのおじさんが指導してくれて、基礎練習に励み汗だく。カーリングは氷上のスポーツなので会場の気温は0度位なのですが、プレーする時は薄着がmust。汗ふきタオルも必携。疲れるのです。結局5エンド投げて満腹。隣のレーンでは、夕食を巡って試合をしていた。ハイレベル。実は3対4で1人足りなかったみたいのだが、そのおじさんが1人でいる人を入れてあげて4対4に。「やきにく〜」と言いながら投げてて面白かった。その加わった人がとても上手で驚き。自分もかつては草野球で「助っ人しましょうか」なんてしてたけど、カーリングでそんな人もいるとは。1つまた飲み会の話ネタをゲット。夕食はびっくりドンキーでチーズカレーバーグ300g。21時帰宅。



この冬の出来事:2月19日に初めて八戸えんぶり祭りを見る。写真は八戸市役所前での演舞台。想像以上に面白くて脱帽。さすがは国の重要無形文化財。「えぶり」という農具を持って豊作祈願をする祭りで訛って「えんぶり」になったそう。地元のおじいさん達が謡い、笛を吹き、鐘を鳴らし、子供たちも踊るという、田舎の純朴なコミュニティを垣間見た感じで楽しい。自信を持ってお勧め。


posted by LJ21 at 21:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 青森県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青森県青森市 村上靖徳 3日目

自己紹介B:一昨年より肩を痛め、投手ができなくなりました。数年前から痛みはあったものの何とか投げてきましたが、ついに痛みが激しくなり全然投げられず。今ではファーストまたはセカンドだけ。甲子園で熱戦が続いていますが、投手のみなさん肩のケアとトレーニングは怠らずに。当然野球のみならずバレーボール、テニスもできなくなりました。WBC最高。アメリカでBaseballではなく「Yakyuu」(野球)として紹介されたとのこと。Small Baseball結構。勝てば官軍。おそらく監督を胴上げするために野球をするんだという発想をする国は無いのでは。「Dooage」(胴上げ)が世界に拡がることを祈念。試合の流れを左右するぎりぎりの試合が多く見ていて面白かった。次回はチャンピオン国日本開催が当然。自分も参集連絡を待つ。来る訳ないか。(←自分ツッコミ)
続きを読む
posted by LJ21 at 07:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 青森県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月29日

青森県青森市 村上靖徳 3日目

自己紹介B:一昨年より肩を痛め、投手ができなくなりました。数年前から痛みはあったものの何とか投げてきましたが、ついに痛みが激しくなり全然投げられず。今ではファーストまたはセカンドだけ。甲子園で熱戦が続いていますが、投手のみなさん肩のケアとトレーニングは怠らずに。当然野球のみならずバレーボール、テニスもできなくなりました。WBC最高。アメリカでBaseballではなく「Yakyuu」(野球)として紹介されたとのこと。Small Baseball結構。勝てば官軍。おそらく監督を胴上げするために野球をするんだという発想をする国は無いのでは。「Dooage」(胴上げ)が世界に拡がることを祈念。試合の流れを左右するぎりぎりの試合が多く見ていて面白かった。次回はチャンピオン国日本開催が当然。自分も参集連絡を待つ。来る訳ないか。(←自分ツッコミ)

3月29日(水)
午前、二日酔いを治しながら新幹線で帰青。昼食は摂らず。午後、取引先社長が来行し、やはり来年度以降の事業計画について相談。一般論と個別論でアドバイス・ディスカッション。色んな相談をもちかけてもらうことは銀行員としてありがたいこと。夜は事務所の異動者の送迎会。市内の「かがや」(写真)にて。21時半に帰宅。


この冬の出来事:
2月11日に弘前城雪灯篭祭りに始めて行く。写真は雪の弘前城。桜の時期もいいけど雪もまたよし。



桜の写真は昨年ので、家内、妹2人と妹の友人。


今年のゴールデンウイークには、去年ねぶたに来た行内の東京と仙台の友人が弘前の桜を見に来ることに。写真は友人と去年八甲田山に登った時のもの。小生は左上。青森県民として、青森に観光に訪れてくれることに感謝。下右は沖縄から来てくれたウチナンチュ。が、実家に泊まるので宿泊費がタダだから来てくれるかも知れない。ただそれも考えようで、宿泊費の低減化さえできれば観光客は来るということの裏返し。観光資源は豊富だから。既存のホテル・旅館等には迷惑であろうが、素泊まり1,500円位でペイする施設があれば観光客が増えて県全体では有意義か。これも経済波及効果試算可能。But公表はできない。今年のGWには弘前のほか、五所川原市金木の芦野公園、そして地元民しか知らない穴場のお花見場所、つがる市木造の亀ヶ岡公園にも行く予定。3日連続かんごう会(津軽弁、観桜会(かんおう会)が訛る)で今から楽しみ。


posted by LJ21 at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 青森県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青森県青森市 村上靖徳 2日目

2日目
自己紹介A:趣味はスポーツ全般と将棋。将棋は自称アマ2級くらい(たいしたことはない)。スポーツは、観戦だと球技と格闘技、プレーとなると野球、スキー、アメフト(大学時代のみ)、バレーボール、テニス、ボーリング、卓球、カーリング、フットサル。野球は大学時代を除いて小学校から現在まで継続。正式に教わったのは中学時代だけ。高校時代には軟式だけど全国大会と国体(いしかわ国体)に投手として出場。社会人になってからは、会社のチームの他に常に2〜3チームかけもち。北海道銀行の野球部には大変お世話になりました。素晴らしいチームでした。現会社の社内対抗戦では、勝つための選手起用(ほとんど上司)を遠慮なく実行したため4年間負けなしだったが賛否両論。しかし!組織の中で最も実力のある人間が組織を指揮し、構成員はそれに従って、組織の力を最大化して効率的に目的を達成することが持論の組織論。この場合の組織は野球チームのみならず、家族、会社、諸団体に共通する(大組織には不向き)。カーリングは最近始めました。もちろんオリンピックの影響。見た目よりも全然ハード。ちょっとやせたかな。いやいや。(←自分ツッコミ)


3月28日(火)
午前、まず住宅メーカーに架電するが定休日(オーマイガッ!)。取引先社長より電話あり、明日午後来行して相談あるとのこと。来期以降の事業計画策定の件と推測。部門別収益の見込みと根拠や中期のキャッシュフロー見通しについて要議論。昼、昨日スーツを購入したのだが、料金未済(店側が気づかず!)のため決済に行く。昼食は青森駅前の「アウガ」地下市場(写真)の食堂でカレーライス。「アウガ」は図書館、ショッピングテナント、地下の魚市場などが入居する再開発ビルで奮闘中。数年間より市民老若男女に大分浸透・流行してきていることは間違いなし。最近は全国より視察絶えないとのこと。その経済効果を試算するのも面白い。ちなみに「アウガ」は「会うが」で津軽弁で「会おうか」の意味。



午後から出張で、青森から特急・新幹線を乗り継いで15:30仙台着。東京の本店及び支店の職員と打合せ。大変有意義な内容だったが、詳細を紹介できないのが残念。当社は必ずいい方向に変わることを確信。楽しみ。夜は今年度末の異動者の送別会。国分町「VIN SOLA」にて5人でワイン5本空ける。1:00帰宿。

この冬の出来事:
今年のスキーシーズンは、延べ10日(八甲田4日、鯵ヶ沢1日、十和田湖焼山1日、山形蔵王2日、宮城蔵王1日、安比1日)。昨シーズンの延べ20日から半減。昨シーズンまでは99cmのファンスキー(ブルーモリス「八甲田」)。今シーズンからは八甲田林間コースを滑られるように150cmのカービングスキー(もちろんブルーモリス「八甲田」、写真は愛機)。8年振りの長いスキーも腕ははまずまず。来シーズンの課題はコブ。
山形蔵王には社会人になってから毎年欠かさず滑りに行く。自分のスキー場番付では東の横綱。ちなみに北の横綱(西ではない)はニセコ3山。山形蔵王はコース、景色、温泉(強い硫黄泉)、食べ物のほか樹氷も最高。去年は数年ぶりに晴れてくれましたが、今年も晴れてくれました。


写真は1月29日正午頃の山形蔵王山頂の樹氷。スキーと蔵王の神様(地蔵様?)にただただ感謝。しかし、最近は中国から飛んでくるSOxで松が傷んできているとのこと。つくづく環境問題というものはボーダレス。


posted by LJ21 at 22:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 青森県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青森県青森市 村上靖徳 2日目

2日目
自己紹介A:趣味はスポーツ全般と将棋。将棋は自称アマ2級くらい(たいしたことはない)。スポーツは、観戦だと球技と格闘技、プレーとなると野球、スキー、アメフト(大学時代のみ)、バレーボール、テニス、ボーリング、卓球、カーリング、フットサル。野球は大学時代を除いて小学校から現在まで継続。正式に教わったのは中学時代だけ。高校時代には軟式だけど全国大会と国体(いしかわ国体)に投手として出場。社会人になってからは、会社のチームの他に常に2〜3チームかけもち。北海道銀行の野球部には大変お世話になりました。素晴らしいチームでした。現会社の社内対抗戦では、勝つための選手起用(ほとんど上司)を遠慮なく実行したため4年間負けなしだったが賛否両論。しかし!組織の中で最も実力のある人間が組織を指揮し、構成員はそれに従って、組織の力を最大化して効率的に目的を達成することが持論の組織論。この場合の組織は野球チームのみならず、家族、会社、諸団体に共通する(大組織には不向き)。カーリングは最近始めました。もちろんオリンピックの影響。見た目よりも全然ハード。ちょっとやせたかな。いやいや。(←自分ツッコミ)
続きを読む
posted by LJ21 at 21:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 青森県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月27日

青森県青森市 村上靖徳 1日目

こんにちは。青森市に住んでいます、村上靖徳と申します。朝田さんとは3月7日に青森県鯵ヶ沢町で行われました、白神アグリサービス主催、NPO法人グリーンエネルギー青森共催の「毛豆“風丸”を使った豆腐作りと農を語る交流会」に参加した際に始めてお会いし、その席で本稿掲載をお引き受けしました。本日より、@自分の自己紹介、Aその日の出来事(仕事中心)、Bこの冬の出来事、の3部構成でつれづれなるままに書いてみたいと思います。一応、「週刊スパ!」の田中康夫「東京ペログリ日記」も意識して。それってパクリじゃん!(←自分ツッコミ)自己紹介1日目:32歳、既婚、男です。青森県つがる市出身で、青森在住は中学までと去年4月からの1年で計16年、今までの人生の半分を地元で暮らしています。もちろん現役の津軽弁ネイティブスピーカーです。最近、青森県内の都市部の若者の津軽弁ボキャブラリーの低下を一人懸念しています。高校は函館、大学は東京、社会人になって仙台(2年)→札幌(1年半)→東京(2年+出向3年の計5年)→青森(1年)と東京、東北、北海道をぐるぐる回っていて今に至るです。


続きを読む
posted by LJ21 at 23:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 青森県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

青森県青森市 村上靖徳 1日目

こんにちは。青森市に住んでいます、村上靖徳と申します。朝田さんとは3月7日に青森県鯵ヶ沢町で行われました、白神アグリサービス主催、NPO法人グリーンエネルギー青森共催の「毛豆“風丸”を使った豆腐作りと農を語る交流会」に参加した際に始めてお会いし、その席で本稿掲載をお引き受けしました。本日より、@自分の自己紹介、Aその日の出来事(仕事中心)、Bこの冬の出来事、の3部構成でつれづれなるままに書いてみたいと思います。一応、「週刊スパ!」の田中康夫「東京ペログリ日記」も意識して。それってパクリじゃん!(←自分ツッコミ)

自己紹介1日目:32歳、既婚、男です。青森県つがる市出身で、青森在住は中学までと去年4月からの1年で計16年、今までの人生の半分を地元で暮らしています。もちろん現役の津軽弁ネイティブスピーカーです。最近、青森県内の都市部の若者の津軽弁ボキャブラリーの低下を一人懸念しています。高校は函館、大学は東京、社会人になって仙台(2年)→札幌(1年半)→東京(2年+出向3年の計5年)→青森(1年)と東京、東北、北海道をぐるぐる回っていて今に至るです。

3月27日(月)
午前。毎週休み明けは土・日・月の新聞5紙(東奥日報、陸奥新報、河北新報、日経、日経流通)に目を通してスタート。仕事に関する情報を見落とさない。新聞は月約3千円払えば膨大な情報を向こうから届けてくれる有力な情報媒体で誰もが入手できる公共のインフォメーション(information)。しかしより大事なのは誰でもが入手することができない情報:インテリジェンス(intelligence)。最低限インフォメーションは押さえる。
昼前に某住宅メーカーの青森支店長を往訪。昨年度まで3年間出向していた当時に知り合った同メーカー役員の紹介で実現。最近、山根一眞さんの「環業革命」で、山根さんの家は井戸水をタンクに溜めて、ボタン一つで屋根の上まで汲み上げて雨を降らせる人口降雨装置を設定していることに感動。効果としては、夏季の直接的な冷却効果、クーラー等を用いないCO2削減、大火事の際の延焼防止など。青森での普及可能性についてディスカッションしようとしたが別の話に。(写真は往訪場所近くからの八甲田山と雪谷スキー場)
昼は、仙台から支店長が出張で来青し、来年度の業務方針や地元金融機関との連携についてディスカッションしながらお弁当。
午後、青森県中小企業再生支援協議会に往訪。県内の中小企業の経営改善相談の内容等をヒアリング。零細企業が中心で3年間での延べ100社超の相談があるとのこと。帰社すると先日融資相談を受けた会社から決算書が届けられていた。拝見したのち架電し、資金ニーズ等をヒアリング。前向きに検討。土地売却の話もあり、今日面談した住宅メーカーに明日相談してみよう。22時半に帰宅。




この冬の出来事:
一昨日の出来事ですが、五所川原市で行われた「津軽鉄道の今日と明日を考えるフォーラム」に参加。地方民鉄の費用対効果検証や他地域の存続事例の発表のあと、津軽鉄道の現状と今後の取り組みを報告。私も「津軽鉄道サポーターズクラブ」に入会。津軽在住者の郷愁を誘う津軽鉄道。残念なことに宮城県のくりはら田園鉄道は2007年3月でバスに転換することにが最近決まったそうです。がんばれつてつ(津鉄)!応援します!写真はこの冬は役割を終えた?ラッセル車。今年もお疲れさまでした。



posted by LJ21 at 23:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 青森県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月26日

群馬県地域創造課 熊川拓也 7日目

群馬県の熊川です。
私の受け持つ週も今日で最後となりました。
今日は趣味の話を少し書いてみます。

さて、休みの日に何をしているか、と申しますと。
BTH2425662_0B.jpg1枚目の写真じゃ分かりませんけど、フットサルって競技をやっています。
写っているのは所属するチーム「Delmonts Futsal」のチームメイトたち。
最近はやりのフットサル、県内にもたくさんのチームが誕生しています。
5人対5人で、バスケットボールコートほどの大きさのコートで行える手軽さが魅力。
よく言われることですが、見た目以上にハードな競技で、だいたい15分ハーフで攻守入れ替わりながら駆け抜け続けます。
昭和50年生まれ、すでに三十路に突入した小生には相当酷な競技なのですが、下手のヨコ好きで始めてもう6年になります。


続きを読む
ラベル:群馬県
posted by LJ21 at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

群馬県前橋市 熊川拓也 7日目

群馬県の熊川です。
私の受け持つ週も今日で最後となりました。
今日は趣味の話を少し書いてみます。

さて、休みの日に何をしているか、と申しますと。
1枚目の写真じゃ分かりませんけど、フットサルって競技をやっています。
写っているのは所属するチーム「Delmonts Futsal」のチームメイトたち。
最近はやりのフットサル、県内にもたくさんのチームが誕生しています。
5人対5人で、バスケットボールコートほどの大きさのコートで行える手軽さが魅力。
よく言われることですが、見た目以上にハードな競技で、だいたい15分ハーフで攻守入れ替わりながら駆け抜け続けます。
昭和50年生まれ、すでに三十路に突入した小生には相当酷な競技なのですが、下手のヨコ好きで始めてもう6年になります。




まぁこんな感じで楽しくやっています。
最近は仕事が重なり始めて体力づくりもこなせていないのですが、なるべく息長く続けることだけはやっていこうかと考えています。


最後に、春の便りの様子。
結局、桜は咲きませんでした(泣)
あと3日待つと、街のあちらこちらで美しいソメイヨシノが楽しめそうです。
その代わり、今年は開花が遅かった梅の写真を。
これは県庁の北にあります、前橋公園の梅です。


それから。昨日、愛犬ポチとの散歩でみつけた、ホトケノザの花畑です。



さーて、今日はこちらで一杯。
一目瞭然、日本酒でございます。
昨秋にある地域づくりの調査をしまして。
それが、酒米づくりから仕込みまでをやってみよう、というチャレンジの話。
前橋市にあります「市街地活性化研究会」という団体と、それから篤農家、そして県内有数の名酒「桂川」を産する柳澤酒造さん、この3者が、群馬県好適酒米である「若水」を栽培し、米を磨き、仕込み、新銘柄「緑の風が吹く街から」―通称「緑風街」を創りました(この話も書き出すと長ーく長ーくなるので、止めておきます)。
この酒造りの話を調査しまして、その際に柳澤酒造さんのお酒がお気に入りになりまして。
先日出掛けて、手に入れてきたんです。この生酒、「亀口」。
この時期しか販売していない貴重なものです。
どんな味か、今から楽しみ。
とはいっても、決して呑んべじゃぁございません(汗)
何事も自ら体験してみるってことが大切だっ、てこと。どんな味だか呑んでみなきゃわかんないでしょ!と家族に言い訳しても、受け入れてもらえませんが。

もとい。今回いろいろと書き連ねてきた記事の内容に興味ある方は、群馬県地域創造課地域活性化グループ(大代表027-223-1111)まで御連絡くださいね。

ということで、群馬県から熊川がレポートをお送りいたしました。

皆様いかがでしたでしょうか。
群馬県にはまだまだお伝えしきれない魅力が一杯ありますよ!
上州弁で言うと「おーかイッペーあるんでさァ、載せきれねぇんだいネ〜こんなチットンバイしか書けなかったィ」てなところ。
どうも温泉と山というイメージの強い群馬県ですが、観光ガイドに載っているのは、うわっぺらな魅力。
地域に積み重ねられてきたものの中に、本当に面白いものが宿っています。
それらをお伝えできるよう、そして地域の皆さんにその魅力に気づいてもらい、地域の魅力アップに繋げていけるよう、これからも日々研鑽してまいりたいと思います。

それでは皆さん、さようなら〜 (^o^)/~


posted by LJ21 at 16:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月25日

群馬県地域創造課 熊川拓也 6日目

6日目になりました。群馬県の熊川です。
これまで一体何の仕事をしているのか明らかにせずにきました。少しは書かなくては。

さて、その前に自己紹介を少ししておきたいと思います。
まず1枚目の写真。私が真ん中に写っています。とてもうれしそうです。
で、一緒に写っている女の子達は…実はインドネシアからいらした声楽家たちです。
私は一応この県庁で奉職しまして8年になろうとしておりまして、これまで4か所の所属でお世話になってきました。
実は、3か所目が新潟県への人事派遣交流だったのです〜
そのころの仕事の写真から引っ張ってきました(なのでもう4年前の写真です)。
新潟県では文化振興の仕事をやってました。
BTH2423518_0B.jpgそのうちの、国際文化交流のイベントでのワンショットなんです。
新潟県では「新潟アジア文化祭」なるイベントを94年から隔年で実施してきておりまして、縁あってその業務に携わりました。
その文化祭の一企画で、新潟アジアユース合唱団なるアジア各国の声楽家の卵たちを公募で募って、合唱団を作ってしまおうというものがありまして。
語学がからきしダメな私ではありましたが、一応成田空港までお迎えに上がり、そして見送るっていう仕事を仰せつけられまして。
全く言葉が通じないのに、なぜかイジメイジラレまくられたのを覚えています(笑)
で、最後に成田空港で撮ったのが1枚目の写真でした。
説明長すぎですね〜

で、群馬県に戻りましてからは「地域創造課」という所属でお世話になり、2年目が過ぎようとしているところです。地域創造課は総務局に位置しておりますが、性格は企画セクションに当たります。

続きを読む
posted by LJ21 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

群馬県前橋市 熊川拓也 6日目

6日目になりました。群馬県の熊川です。
これまで一体何の仕事をしているのか明らかにせずにきました。少しは書かなくては。

さて、その前に自己紹介を少ししておきたいと思います。
まず1枚目の写真。私が真ん中に写っています。とてもうれしそうです。
で、一緒に写っている女の子達は…実はインドネシアからいらした声楽家たちです。
私は一応この県庁で奉職しまして8年になろうとしておりまして、これまで4か所の所属でお世話になってきました。
実は、3か所目が新潟県への人事派遣交流だったのです〜
そのころの仕事の写真から引っ張ってきました(なのでもう4年前の写真です)。
新潟県では文化振興の仕事をやってました。
そのうちの、国際文化交流のイベントでのワンショットなんです。
新潟県では「新潟アジア文化祭」なるイベントを94年から隔年で実施してきておりまして、縁あってその業務に携わりました。
その文化祭の一企画で、新潟アジアユース合唱団なるアジア各国の声楽家の卵たちを公募で募って、合唱団を作ってしまおうというものがありまして。
語学がからきしダメな私ではありましたが、一応成田空港までお迎えに上がり、そして見送るっていう仕事を仰せつけられまして。
全く言葉が通じないのに、なぜかイジメイジラレまくられたのを覚えています(笑)
で、最後に成田空港で撮ったのが1枚目の写真でした。
説明長すぎですね〜

で、群馬県に戻りましてからは「地域創造課」という所属でお世話になり、2年目が過ぎようとしているところです。地域創造課は総務局に位置しておりますが、性格は企画セクションに当たります。


地域創造課では「地域活性化グループ」に配属されています。
ここは地域づくり団体の皆さんのお手伝い、過疎対策・山村振興、地域振興に係る新たな行政課題や特定地域課題への対応など、実に雑多な仕事を任されておるところです。
私にも一応割り振られた事務分掌がありますけど、人手不足や何やらでグループ内のどの仕事も何らかのかたちで首を突っ込んでいる状態です。
なお、LJ21の皆さんには、山村振興の一環で地元学の「あるもの探し」調査を4年前からお手伝いいただいているところです。いつも遠くまで足を運んでいただいてありがとうございます。
一応地域創造課の他のグループも紹介しておきましょう。
全部で6グループあります。
「文化づくりグループ」「ファイトぐんまグループ」「水循環グループ」「土地利用グループ」「治安回復対策室」
それぞれ一体何してるんだい?とお感じかもしれませんが、ものすごーく長くなるので止めます。

さて、朝田さんからリクエストのあった「県庁の『夜の』星」―ウチのグループリーダーのことなのですが、写真を探しに探して写っているものを見つけ出してきました。
…どこにいるか分かります?朝田さんと浦嶋さんなら分かるはず!
探してきたものの、「男の背中」が写っているものしかなかったのであります。
一応御紹介しておきますと、元々林業技師でいらっしゃるのですが、素晴らしいアイデアマンでいらして、豊かな経験の下、沈着に精勤されているところです。
そして、ひとたび森の中に入られますと、本職である森のインタープリターとして、自然の様々な知恵の語り部に変身されます。
そしてそして、夜は数々の秘密道具を駆使したパフォーマンスで人々を魅了するエンターテイナーに変身します(笑)この最後のは体験した方でないと分かりませんね。



ページがまだありそうなので、群馬の名所を少し紹介しましょう!

久々上毛かるたより「日本で最初の富岡製糸」
これは富岡市にあります、富岡製糸場でのワンショットです。
2枚目の写真は、ここでのイベントに関連した写真でした。
明治5年に日本最初の官営製糸工場として誕生した富岡製糸場は、様々な歴史を経ながらも、今なお創建時のままの姿を保っています。
大変貴重な近代化遺産であることから、群馬県ではここを世界遺産に登録し、人類の財産として守っていこう、という運動を興しているところです。


「滝は吹割 片品渓谷」
お次は吹割(ふきわれ)の滝です。
LJ21の皆さんも、片品村への道中でご覧になったでしょうか?
尾瀬、日光へ向かう国道120号にほど近いところにあります。
所在としては沼田市(旧利根村)になりますね。
雪解け水の多い時期や梅雨時、台風シーズンには川幅一杯まで水が増え、壮大な迫力ある滝の姿をみることができます。



「草津温泉 薬のいで湯」
最後はおなじみ、草津温泉です。
写真は湯もみ体験ができる施設でのワンショット。
毎年300万人が訪れるという、県内最大の観光地です。
うーん、しばらくお湯に浸かってないな〜仕事では足を運ぶのですが…

というところで6日目終了です。



posted by LJ21 at 19:56| Comment(4) | TrackBack(1) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月24日

群馬県地域創造課 熊川拓也 5日目

今日で5日目の熊川です。
本日は担当する補助金に関する完了検査のため、またしても多野郡上野村方面へ足を運んで参りました。
そのついでに、前から調査しておきたかった施設へと足をのばしてきました。
BTH2421206_0B.jpgそれがこの1枚目の写真。
甘楽郡南牧村の「南牧村生涯学習センター 民俗資料展示室」。
平成5年度で閉校となった、旧尾沢小学校の校舎を平成8年に改装して発足したもの。
旧校舎はまだ見た目に新しい(昭和56年築)うえ、はた目からはここに展示室があるようにも見えないのですが、実はここがとても面白いところなんですよ〜すっかりはまってしまいました。

続きを読む
ラベル:南牧村 群馬県
posted by LJ21 at 23:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

群馬県前橋市 熊川拓也 5日目

今日で5日目の熊川です。
本日は担当する補助金に関する完了検査のため、またしても多野郡上野村方面へ足を運んで参りました。
そのついでに、前から調査しておきたかった施設へと足をのばしてきました。
それがこの1枚目の写真。
甘楽郡南牧村の「南牧村生涯学習センター 民俗資料展示室」。
平成5年度で閉校となった、旧尾沢小学校の校舎を平成8年に改装して発足したもの。
旧校舎はまだ見た目に新しい(昭和56年築)うえ、はた目からはここに展示室があるようにも見えないのですが、実はここがとても面白いところなんですよ〜すっかりはまってしまいました。


もとの教室が展示室になっているわけですが、写真のとおり、とにかく無造作に2000点以上の多種多様といえば相当聞こえがよくなる展示物がズラリ並べられています。
たとえば農耕・地場産業に関する用具たちは、「養蚕」「林業」「こんにゃく」「砥石」など、主要産業ごとに大まかに並べられていますが、中には何に使ったのか分からないような道具がゴロゴロ転がっていたり。
ボランティアグループの方々が管理していて、お声をかけると一緒にくっついてきてくれて、道具の名前や使い方などを教えてくれます。


これは享保雛。
すばらしい造作のものです。
ほかにも「小沢人形」という消えた民俗芸能の人形なども多数展示されていて、ただ眺めるだけでも、案内役のおじさんの(ちょっと長い)話を聞いてみても、興味深いです。



昨日も書きましたが、この地域で面白いなーと思うのは、砥石の産地だったこと。
この施設でその謎やらが相当解けました。
写真に写っているパネルはその関係のものなのですが、どれも手作りで分かりやすい。右端の絵は、村の教育長さんが美術の才を生かして描かれた砥石の露天掘りの図だそうです。ほかの産業についても、この教育長さんが描かれた作業図などが沢山展示されていて、それだけでも一見の価値有りです。


最後に、この施設のわけ分からないところはコレ。
…一体このソフト人形達はなんぞや?
そしてこのお股開いちゃってる彼は誰なんだ?
一緒にいった上司も「この二挺拳銃のヤツだけが名前わからないよ」と申しておりました。誰か名前がお分かりの方、レスしてください(笑)
普通、歴史博物館だったら、いかにもな土器ですとか、貴重な生活道具ですとか、史学的に意味のあるものを展示しているものです。
ところがここには、こんないわば「ゴミ」の部類にも加えていいはずのものが実に沢山展示されています。
例えば、水原弘や由美かおるのキンチョールの看板やら、こないだまで着ていたけどお下がりを着させる兄弟がいなくなったので寄贈したと思われる制服や学生カバン、つい10年前だったら現役だったワープロ、はたまた買い換えるから要らなくなっただけなのでは?と思われるデジタルカメラまで、「清濁飲み込む施設」であり、百歩譲って「50年、100年後を見据えた収集方針を持った施設」なのであります。
それだけにとにかく色々なものがあって飽きません。
今回はたった30分しか居られませんでしたが、上っ面しか見られなかったので今度は弁当もって一日籠もりに来ようかなぁなんて思っております(笑)

ちなみにこの施設、平日しか開館しておりませんのであしからず。そしてもちろん無料。
一念発起、南牧村の美しい景観を楽しみつつ、いらしてみてください。



posted by LJ21 at 21:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月23日

群馬県前橋市 熊川拓也 4日目

さて、4日目の今日は、ようやく仕事のことをちょっと書きたいと思います。
とはいえ、出張報告のようなものになるとは思いますが(汗)

私が所属している地域創造課地域活性化グループでは、昨年度から
「ぐんまの山村体験学習事業」なるものを立ち上げ、都会の子供達に
群馬の自然で楽しみながら学んでもらう企画を町村役場のみなさんと
実践しているところです。

今日は、18年度の受け入れに向けて、旅行会社の方々をお招きして
現地モニターツアーを開きました。

場所は、ローカルジャンクション21のみなさんも調査で御協力いただいた
ので懐かしく思われるかも?の奥多野方面です。

まず1枚目の写真は甘楽郡南牧村でのワンショット。
南牧村のかなり奥の方にあります「なんもく自然公園」を目指して
車を走らせているところ(車を運転しながら撮っちゃいました)。
写っているのは、砥沢という集落で、すれちがいもできないような家込み
の中を抜けていきます。
個人的にはとても印象的で好きな場所の一つです。
「砥沢」という地名だけあって、特産品が「砥石」であるという地域です。



更に走らせていくと、高い岩山が四方から迫り来る谷底へやってきました。
小心者なもので、いつ岩が落ちて来るやらとビクビク。


南牧に入ってから走ること40分。
ようやく「なんもく自然公園」にたどり着きました。
標高千メートルの高原はさわやか。というよりちょっと肌寒い感じでした。
というのも、昨日の平地での雨は、こちらでは雪だったくらいですので。
ここにはコテージやバンガローが建ち並んでいて、夏場には林間学校や
学生さんたちの合宿で賑わいます。



場所は一転、ここは南牧村の南にある多野郡上野村。
写真は「スカイブリッジ」なる地上90mの見晴らしを楽しめる吊り橋です。
手前にはコテージ群のある「まほーばの森」があり、ここは一年を通して
家族連れなどで賑わっています。
橋を渡った先には、鍾乳洞「不二洞」が待っています。
ここから渡って、洞窟をみて、戻ってくるとだいたい1時間半くらいかかります。



更に場所は移って、上野村の東にある多野郡神流町(かんなまち)にある神流町恐竜センターにやってきました。
ここでは昭和60年に白亜紀の恐竜の足跡が見つかったことをきっかけに化石の発掘調査が進み、その結果恐竜センターまで作ってしまった、というところ。
写真はもちろん化石の写真です。
写っているのはシジミの化石だということですが、今のものよりずっと大きい、ハマグリより大振りのもの。
学芸員さんによると、もう絶滅してしまった種類だそうです。
それでも、温暖な海のマングローブの木の下には、こんなふうな大きなシジミが今でもいるらしいですね。私は見たことないですが…
この恐竜センターでは化石の発掘体験なども予約すると楽しむことができます。
化石の発掘体験ができるのは、ここを含めて全国でも6か所くらいしかないそうですよ。
化石マニアなアナタ、是非足を運んでみてくださいね!

「ぐんまの山村体験学習事業」では、このような山村地域の豊かな素材をもとに、学習体験プログラムを旅行会社とタイアップして提供する取り組みを行っています。
もしどこかでお目に止まったら、それも一期一会、是非一度いらしてみてください。

うーん、本当は昼食にいただいた黒滝山不動寺での普茶料理を紹介したいのですが、紙面に限りがありますので今日はこれまで。



posted by LJ21 at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

群馬県地域創造課 熊川拓也 4日目

さて、4日目の今日は、ようやく仕事のことをちょっと書きたいと思います。
とはいえ、出張報告のようなものになるとは思いますが(汗)

私が所属している地域創造課地域活性化グループでは、昨年度から
「ぐんまの山村体験学習事業」なるものを立ち上げ、都会の子供達に
群馬の自然で楽しみながら学んでもらう企画を町村役場のみなさんと
実践しているところです。

今日は、18年度の受け入れに向けて、旅行会社の方々をお招きして
現地モニターツアーを開きました。

場所は、ローカルジャンクション21のみなさんも調査で御協力いただいた
ので懐かしく思われるかも?の奥多野方面です。

BTH2419043_0B.jpgまず1枚目の写真は甘楽郡南牧村でのワンショット。
南牧村のかなり奥の方にあります「なんもく自然公園」を目指して
車を走らせているところ(車を運転しながら撮っちゃいました)。
写っているのは、砥沢という集落で、すれちがいもできないような家込み
の中を抜けていきます。
個人的にはとても印象的で好きな場所の一つです。
「砥沢」という地名だけあって、特産品が「砥石」であるという地域です。


続きを読む
posted by LJ21 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月22日

群馬県地域創造課 熊川拓也 3日目

今日で3日目、群馬県の熊川です。
予告どおり、名物「焼きまんじゅう」の特集を組んでみたいと思います。
県内どこにも焼きまんじゅうの美味しいお店があります。
発祥地は伊勢崎市だとか。
しかし、前橋のことしか実は詳しくない私は、前橋市内の2大老舗、
「田中屋」と「原嶋屋」の食べ比べでお茶を濁させていただこうかと
思います。

BTH2415795_0B.jpgはい、まず1枚目の写真は、近所にある田中屋さんです。
市内に支店が何店舗かあります。




続きを読む
posted by LJ21 at 22:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

群馬県前橋市 熊川拓也 3日目

今日で3日目、群馬県の熊川です。
予告どおり、名物「焼きまんじゅう」の特集を組んでみたいと思います。
県内どこにも焼きまんじゅうの美味しいお店があります。
発祥地は伊勢崎市だとか。
しかし、前橋のことしか実は詳しくない私は、前橋市内の2大老舗、
「田中屋」と「原嶋屋」の食べ比べでお茶を濁させていただこうかと
思います。

はい、まず1枚目の写真は、近所にある田中屋さんです。
市内に支店が何店舗かあります。



で、こちらで作っているのは2枚目の写真のとおり。
焼きまんじゅうは、群馬特産の小麦と味噌(大豆)の結晶です。
もともと群馬県では小麦と野菜で作る「おやき」や大豆から作る田舎味噌が作られていましたが、これを合わせて焼いたらどうだろう?とのアイデアからできたのがこれ。
どんな味なのか。これは食べてみないとなんとも…かもしれませんが、ヨソの方に食べさせた感想では、フカフカのパンを甘だれ味噌を付けて焼いた感じ、っていう回答がありました。
田中屋さんの焼きまんじゅうは、ちょっと大振りでパンっていうよりは酒まんじゅうをアレンジしたもの、っていったほうが合っています。食べてみると、さっとあっさり甘だれ味噌味で、炭火の風味が効いています。


お次は原嶋屋さんです。
県庁の北、この間紹介した「るなぱーく」の近くにあります。
結構シックな建物で、情緒がありますよ。


こちらのお店のは、アカマツの「へぎ」に包まれていて、この風味がとても効いています。


そして包みをとると、こんな感じです。
見てのとおり、しっかり焼き込まれています。
田中屋さんのはサッと焼かれた感じですが、原嶋屋さんのものは一回軽く焼いてから更に何度もタレを付けては返し、付けては返しと焼き込まれています。
食べてみると、ちょっと甘しょっぱさを感じます。そして、へぎの風味がさわやかに広がります。
こっちのものは、まさしく「パン」っていった感じで軽い食感です。

どちらも1串4個で150〜170円(田中屋はあん入りもある)とお手頃価格。
見てのとおり食べがいがあり、腹持ちします。
こちらの人たちは「えーと、6串ください」とか「やっぱり8串」と平気で買っていって、しかもこれを昼食がわりにするんです。
私もこの焼きまんじゅうで育ったようなもの。
子どもの頃、祖母に「歳の数だけ食べるんだよ」と、ちょっとツラクなりながら食べさせられたのを思い出します。
縁日の露店などにはだいだいありますので、皆さんも前橋のお祭りなどにお出でかけの際は是非味わってみてくださいね。
たぶん、かなり好き嫌いの分かれる…というよりは、沢山食べられるか、一個でいいやと言われるか、という食べ物だと思いますけど。
リサーチしたところ、関東圏の人たちは、平気で食べます。一方、新潟の人たちは「これ一個で十分」とあまり受け付けませんでした。
女子高生たちがやってきて「私1串!」「じゃ私は2串で(笑)」と注文しているのを見た新潟の皆さんは驚いてました。おいおい、こんなものをそんなに食えるんかよ…と。
たぶん、乾燥した土地ならではの食べ物であることが影響しているのでしょう。
からっ風が吹き荒れ、乾燥注意報の出ない日はない群馬の冬に、この水分を多く含んで焼きたての「焼きまんじゅう」がピッタリ合う。乾燥した冬を知らない人たちには合わないのかもなぁ、と思った次第です。

最後に一言。焼きまんじゅうは、必ず「焼きたて」を食べてください!
冷めると固くなっちゃいます。蒸かしなおしてもちょっとイマイチ。
やっぱりお店で、縁日の露天で、焼きたてのアツアツを頬張るのが一番です。



posted by LJ21 at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月21日

群馬県地域創造課 熊川拓也 2日目

BTH2412600_0B.jpgみなさんこんにちは。群馬県の熊川です。
今日は春分の日でお休みをいただいています。
オモテは風もなく好天に恵まれているので、愛犬ポチ(11才のメス、生粋の雑種)とともに近所を散歩してみることにしました。
まず目指しますのは、地区の一番北にある神社、「すずめさま」です。
はるか向こうにこんもり見える林にあります。
どの梅も満開で見ごろ。道ばたにはスズナ、オオイヌノフグリ、ホトケノザがみられます。
ちなみに、地区は青柳・龍蔵寺と呼ばれるところで、前橋の一番北の端、ちょうど関東平野と北部山岳地帯の境にあたります。
辺り一面は新しい住宅の虫食い的開発にかなり浸食されてはいますが、かつて養蚕が盛んであったころの農村風景がまだまだ広がっています。



続きを読む
posted by LJ21 at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

群馬県前橋市 熊川拓也 2日目

みなさんこんにちは。群馬県の熊川です。
今日は春分の日でお休みをいただいています。
オモテは風もなく好天に恵まれているので、愛犬ポチ(11才のメス、生粋の雑種)とともに近所を散歩してみることにしました。
まず目指しますのは、地区の一番北にある神社、「すずめさま」です。
はるか向こうにこんもり見える林にあります。
どの梅も満開で見ごろ。道ばたにはスズナ、オオイヌノフグリ、ホトケノザがみられます。
ちなみに、地区は青柳・龍蔵寺と呼ばれるところで、前橋の一番北の端、ちょうど関東平野と北部山岳地帯の境にあたります。
辺り一面は新しい住宅の虫食い的開発にかなり浸食されてはいますが、かつて養蚕が盛んであったころの農村風景がまだまだ広がっています。



2キロほど歩いて、やぶの中を踏み分けて、たどり着きました。
はい、ポチ、こっち向きな〜と言っても知らんぷり。辺りのやぶの中が気になって仕方がないようです。
こちらは「すずめさま」と呼ばれる神社で、「雀大神神明宮」と額がかけられています。
ここでは小さい頃、友達といっしょにどんぐり拾いをしたような記憶があります。
東京では今日、桜の開花宣言があったようですが、こちらはつぼみが一杯にふくらんで開花の準備OK、というところです。あと数日で桜も咲き出すでしょう。
ものの本によりますと、こちら青柳地区は13〜14世紀ごろ、伊勢皇大神宮の私有地である「御厨」(みくりや)だったところで、「青柳御厨」の跡地が、このすずめさまだそうです。
なぜ「雀」なのか?これは調べがつきませんでした。



すずめさまを後にして、南へ下ると天台宗の寺院、青柳山龍蔵寺にたどり着きます。
今日はお彼岸で、多くの檀家さんたちがみえています。
このあたりでは「だいしさん」と呼ばれているお寺で、毎年1月3日には「厄除大師」として祭られている元三大師のご開帳が行われ、近隣からの人々の参詣が多くあります。
今年も3万人ほど参拝にいらしたようです。
西暦783年に建立、現在の本堂は1746年のもので、当時前橋藩17万石を治めていた酒井雅楽頭が寄進して建立したものです。前橋城の鬼門除けにあたる位置にあるとか。ということは、現在前橋城跡地に立てられている群馬県庁の鬼門除けになっている!?


歩きに歩いてやっと見つけました。麦畑。
農水省の農業版「構造改革」、「品目横断的経営安定対策」で小麦作が大きく減少すると言われてましたが、やはり麦から他の作物に転換したところが多かったようです。
群馬県の小麦は作付面積・収穫量とも全国4位。うどんやおやきをはじめとした上州の粉文化を形成する大きな役割を担ってきましたが、8割方の農家が何らかの決断を迫られることになったとのこと。
見たところ、近所ではネギに転作したところが多いようです。
養蚕がだめになって桑畑が消えていったときのように、二毛作を形成してきた麦畑が消えていくのはやっぱり寂しいですね。
ほら、撮るからこっちに座って、っていっているのに、当のポチは「もっとあっちへ行こうよ」と落ち着きません。




最後に春の便り、菜の花です。

たっぷり1時間散歩してもらって、ポチもご満悦でした。

明日は前橋名産、焼きまんじゅうを特集しますのでお楽しみに。


posted by LJ21 at 18:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月20日

群馬県地域創造課 熊川拓也 1日目

みなさんはじめまして!群馬県職員の熊川拓也と申します。
これから1週間、「今週の私」を担当いたします。どうぞよろしくお願いします。
…まずはじめに。
管理人さん、トップページの私の名前が…
よく間違われるんですが、私、バレーダンサーじゃないんですけど〜
ここ10年来、かなり高い確率で「哲也」さんと誤って名前を書かれるんですが、一応「拓也」というふうに両親から名付けられております。
実は、このネタから入ってやろうと考えていたのですが、仕掛ける必要もなかったですね(笑)
ところで「熊川」って珍しい名字でしょう?
私は生まれも育ちも群馬県の県庁所在地・前橋市なのですが、父の実家が嬬恋村という高原キャベツでちょっと有名な山村で。そちらのほうに多い名字なんです。
ちなみに哲也さんは東北?北海道のご出身だったかな?
あまり詳しくは存じませんが、彼はまた別の熊川さんの一系なんですね(もちろん知ったかぶりの情報)。

さて、今日は私のふるさと、前橋市の風景…とくに私の心象風景をお伝えしてみたいと思います。

まずはこちら。「裾野は長し赤城山」―これは群馬県人がよく使う手なのですが、「上毛かるた」というご当地かるたがありまして、その読み札を時折混ぜながら群馬県のいろいろな話を御紹介していきます。これも読み札の一つです。
BTH2410532_0B.jpg写真を御覧ください。本当に裾野が長いんです!最高峰の黒檜山(1,828メートル)をはじめとする6つの山の総称が「赤城山」で、榛名山、妙義山とともに「上毛三山」と呼ばれ、群馬県のシンボルになっています。
そうそう。群馬県人の中での話題ばかりで恐縮ですが、「どこから見た赤城山が一番美しいか?」という話がよく出ます。私はもちろんこの写真の位置!
写真じゃ小さいのですが、真ん中に「鍋割山」という山があり、これがど真ん中に来ている姿です。
毎日毎日、学校帰り、家のそばの河原を歩きながら、夕日に染まるこの山を見ながら家路についていました。また、学校行事とも切り離せない山で、この山頂の赤城大沼のほとりで林間学校に行ったり、節目節目で必ず登ったりする山です。その数だけ、何かしらの思い出があります。



続きを読む
ラベル:前橋市 群馬県
posted by LJ21 at 22:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

群馬県地域創造課 熊川拓也 1日目

みなさんはじめまして!群馬県職員の熊川拓也と申します。
これから1週間、「今週の私」を担当いたします。どうぞよろしくお願いします。
…まずはじめに。
管理人さん、トップページの私の名前が…
よく間違われるんですが、私、バレーダンサーじゃないんですけど〜
ここ10年来、かなり高い確率で「哲也」さんと誤って名前を書かれるんですが、一応「拓也」というふうに両親から名付けられております。
実は、このネタから入ってやろうと考えていたのですが、仕掛ける必要もなかったですね(笑)
ところで「熊川」って珍しい名字でしょう?
私は生まれも育ちも群馬県の県庁所在地・前橋市なのですが、父の実家が嬬恋村という高原キャベツでちょっと有名な山村で。そちらのほうに多い名字なんです。
ちなみに哲也さんは東北?北海道のご出身だったかな?
あまり詳しくは存じませんが、彼はまた別の熊川さんの一系なんですね(もちろん知ったかぶりの情報)。

さて、今日は私のふるさと、前橋市の風景…とくに私の心象風景をお伝えしてみたいと思います。

まずはこちら。「裾野は長し赤城山」―これは群馬県人がよく使う手なのですが、「上毛かるた」というご当地かるたがありまして、その読み札を時折混ぜながら群馬県のいろいろな話を御紹介していきます。これも読み札の一つです。
写真を御覧ください。本当に裾野が長いんです!最高峰の黒檜山(1,828メートル)をはじめとする6つの山の総称が「赤城山」で、榛名山、妙義山とともに「上毛三山」と呼ばれ、群馬県のシンボルになっています。
そうそう。群馬県人の中での話題ばかりで恐縮ですが、「どこから見た赤城山が一番美しいか?」という話がよく出ます。私はもちろんこの写真の位置!
写真じゃ小さいのですが、真ん中に「鍋割山」という山があり、これがど真ん中に来ている姿です。
毎日毎日、学校帰り、家のそばの河原を歩きながら、夕日に染まるこの山を見ながら家路についていました。また、学校行事とも切り離せない山で、この山頂の赤城大沼のほとりで林間学校に行ったり、節目節目で必ず登ったりする山です。その数だけ、何かしらの思い出があります。



次の写真はこちら。「利根は坂東一の川」。
利根川は全長322キロメートル、関東一の大河「坂東太郎」の名高い川です。
様々な役割を担っていて、最も重要なのは関東平野に住まう皆さんのノドを潤す役割かと、勝手に考えておりましたが、最近は水道水を飲む方は多くないでしょうね。
前橋市民はそこらの蛇口を勝手にひねって美味しくごくごく戴いてますが…
手前の連なるトラスが美しい橋は群馬大橋。昭和28年に建設され、今も現役で前橋の玄関口の役割を担っています。
そしてひときわ大きなレンガ色の建物が群馬県庁です。平成11年9月に竣工、「開かれた県政」のシンボルとして親しまれています(親しまれているものと理解しています、というほうが行政としては正しい?)。大学卒業後平成10年に県に奉職し、その2年目が新庁舎への引っ越しでしたね。なにせ33階建て、2千人もの職員がここに移るわけですから、そりゃえらい騒ぎだったことを覚えています。32階125メートルからの展望は素晴らしいですよ!是非一度足をお運びください。


それから3枚目の写真。中央児童遊園地の木馬です。
群馬にはこれといったアミューズメント施設はありません。
しかし、小さな遊園地や動物園がほうぼうにあって、小さなお子さんをお持ちの家族連れが憩うスポットになっています。
その中の一つ、「前橋中央児童遊園地」―今は「るなぱーく」という愛称を持っていますが、この遊園地も私にとっては切り離せない場所です。
その中でも、なぜこの木馬か。
この木馬、実はこの遊園地が出来た昭和29年からこの場所にあって、なんと今も現役で活躍中の遊具なんです!
今も当時から変わることなく「10円」でトコトコと働き、そして変わることなく子供達を楽しませています。


4枚目は敷島公園です。写真はボート池(慈光池)と松林。
36.6ヘクタールの広大な敷地に、約2,700本の松林。
松林周辺は、もともと利根川の中州で、古くから小出河原や敷島河原と呼ばれていたそうで、大正11年に郊外公園となり、同14年に公募で「敷島公園」と名づけられました。
桜の名所としても有名で、園内には約300本のソメイヨシノなどがあるそうです。
写真の左にある松林に入っていくと、なんともいえない音と光の世界に引き込まれます。郷土が生んだ現代詩人、萩原朔太郎の世界がなんとなく理解できるような…。
ベンチにポツリ腰掛けると、松が奏でる、その静かなざわめきに浸ることができますよ。
子どもの頃の遠足といえば、敷島公園でお弁当を広げる、っていうシーンが必ずあったものです。そして…たぶん前橋在住のカップルたちは、一度はここをデートコースのルートに選んでいるはず(笑)まぁ、私も然り。
園内にはバラ園あり、そして昨年からJ2チームとなった「ザスパ草津」のホームグラウンドにもなっている前橋陸上競技場があり、市民、ひいては県民の生活に切っても切れないスポットになっています。


そして最後は…これはとても残念な写真ですが、前橋の中心部にあった映画館「オリオン座」が壊されているところ。今日の昼休みに撮影に出掛けたところ、正面からの写真は収めることができず、裏手に回って解体作業中のところを撮ったものです。
私が子どもの頃は市街に5館あった映画館も、今年の1月に最後の1館が閉鎖され、全国で唯一、映画館のない県庁所在地になってしまいました。
このオリオン座は数年前に閉鎖され、跡地利用のメドが立ったため取り壊されることになったとか。
ここもいろいろな場面での思い出があります。最後に入ったのはいつだったか…大学4年の冬かな。そのころの彼女とロングラン「タイタニック」を観に行ったことを思い出しました。あ、それから暖房機がちゃんと効かないうえに、その音がうるさかったのを思い出しました(汗)今更ですが、この映画館のことを振り返ったのはそれ以来でした。

振り返らなくなれば忘れられ、気づいたときには去らざるを得ないものたちが街中には沢山ありますね。上州弁をちょっと使ってみるとまちなかの小さなお店だって「あそこんちは、てーんでだめなんだいね。買えるようなモノなんかさ、ありゃしねんだ」なんて言わずに、風の人として積極的に活用してあげる努力を私達もしないと、「自分の心象風景」は守れないわけです。
ちょっと最後はしんみりしてしまいました。

さて、ずずずっと私のふるさと、前橋を紹介してみました。
とりとめもない風景写真ばかりでスイマセンm(_ _)m
ここまで全く仕事の話は書かずに来ましたが、そうですね、ネタ切れしたら書きたいと思います(笑)とりあえず地域づくりのお手伝いをしています。
それではまた明日!





posted by LJ21 at 21:28| Comment(1) | TrackBack(1) | 群馬県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岩手県住田町 佐々木康行 6日目

BTH2409343_0B.jpg今日は岩手大学農学部の三宅研究室の皆さんと今年度の取り組みに関しての検討会をしてきました。

検討会の前に少々時間があったのでWBCの日本vs韓国の試合をテレビ観戦。

「あぁ〜もうちょっとで!」というところで日本がアウトになり点が入らない・・・
そんな野球観戦している間にメンバーがぞろぞろとそろいはじめる。

試合に心残りはあるが今日は今年の活動の検討会をしにわざわざ岩手大学に来たわけで・・・。

そんなこんなでテレビを消してまじめに検討会。

検討会は2時間ぐらいの予定が3時間をこえる検討会となり最終的に今年は春夏秋冬それぞれの季節に一回のペースで活動をすることになる。

検討会を終えて校舎から出てみると外はめちゃめちゃ寒い!

午前中は日当たりも良く気温も高めだったのですが・・・

寒暖の差が激しいですね〜。びっくりしました。


ラベル:住田町 岩手県
posted by LJ21 at 15:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩手県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岩手県住田町 佐々木康行 5日目

こんにちはっ!住田町の佐々木です。

今日は少々忙しかったので、駅に遊びに来た中学生特派員の相手が出来ませんでした。

ただ、彼女達が暇そうにしていたので、デジカメを貸して「世田米の魅力を取材して来い!」っといったら次のような写真を撮ってきました。

BTH2409262_0B.jpgまずは一枚目『空』の写真です。





うん、まあどおってことない写真ですね。(^_^;)

BTH2409262_1B.jpg二枚目は『カマキリの卵を発見!』

オッ!?(゚∀゚)これはっ日常っぽさが出ていてなかなか良いですねっ。

あとはこの写真を元に彼女達が良い記事を書ければ文句ないですね〜。

少々彼女達を褒めて次の写真に期待・・・

続きを読む
ラベル:住田町
posted by LJ21 at 14:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩手県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月19日

岩手県住田町 佐々木 康行 六日目

今日は岩手大学農学部の三宅研究室の皆さんと今年度の取り組みに関しての検討会をしてきました。

検討会の前に少々時間があったのでWBCの日本vs韓国の試合をテレビ観戦。

「あぁ〜もうちょっとで!」というところで日本がアウトになり点が入らない・・・
そんな野球観戦している間にメンバーがぞろぞろとそろいはじめる。

試合に心残りはあるが今日は今年の活動の検討会をしにわざわざ岩手大学に来たわけで・・・。

そんなこんなでテレビを消してまじめに検討会。

検討会は2時間ぐらいの予定が3時間をこえる検討会となり最終的に今年は春夏秋冬それぞれの季節に一回のペースで活動をすることになる。

検討会を終えて校舎から出てみると外はめちゃめちゃ寒い!

午前中は日当たりも良く気温も高めだったのですが・・・

寒暖の差が激しいですね〜。びっくりしました。


posted by LJ21 at 14:36| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月18日

岩手県住田町 佐々木 康行 五日目

こんにちはっ!住田町の佐々木です。

今日は少々忙しかったので、駅に遊びに来た中学生特派員の相手が出来ませんでした。

ただ、彼女達が暇そうにしていたので、デジカメを貸して「世田米の魅力を取材して来い!」っといったら次のような写真を撮ってきました。

まずは一枚目『空』の写真です。

うん、まあどおってことない写真ですね。(^_^;)


二枚目は『カマキリの卵を発見!』

オッ!?(゚∀゚)これはっ日常っぽさが出ていてなかなか良いですねっ。

あとはこの写真を元に彼女達が良い記事を書ければ文句ないですね〜。

少々彼女達を褒めて次の写真に期待・・・


しかし、三枚目はなんじゃこりゃ?( ̄○ ̄;)

彼女達に聞いたら『横断歩道のお手上げ君』だそうです。

う〜ん少々暴走しはじめてきたような・・・。


四枚目は『近所のお犬さん』

「んで?この犬の名前はなんて名前?」っと聞くと

「知らない!でも私達はチンペーとかコロ助とか呼んでるっ」

う〜ん・・・どうすりゃいいんだ?( ̄ェ ̄; )

特派員よ!世田米の魅力を取材してこいって言ったでしょう!




五枚目の写真は『小泉首相の鼻』

小泉首相の鼻ってアンタ・・・(゜Д゜;)

佐々木「もはや世田米の魅力でもなんでもないでしょうが!」
(`д´*)

中学生「魅力だよっ鼻息でそうで面白そうじゃん!」(´∇`)

あぁ・・・(T△T)

こんな感じの特派員ですが、自分とは違った視点で写真を撮ってくるのでじつは面白く思っております。

ただ、もうちょっと地域のことがわかる写真を撮ってきてくれたらな〜と思う佐々木でした。




posted by LJ21 at 13:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩手県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月17日

岩手県住田町 佐々木康行 4日目

昨日はアルバイトの面接に行ってきました。

ホテルのフロントのアルバイトということで、スーツを着てそれなりの心構えで行きましたが面接官の一番初めの「君はいったい月にいくらほしいんだい?」っという質問に度肝を抜かれてしまいました。(-o-;)

その後も厳しい質問が続きましたが今までの経験上、アルバイトの面接でこれほど厳しい面接は初めて。

就職の面接とは違ってそれほど厳しいものではないと思っておりましたが・・・甘かったようです。

さすがは、大船渡市で唯一黒字を出しているホテル!アルバイトの募集とはいえ厳しく審査(`ヘ´)

されど、そんな審査官が唯一自分に興味を示したこと・・・それは俺が大学卒業後、就職せずに漫画家を目指していたことと、現在ホームページを作って情報発信していること。

「エンターテイメントは情報発信に必要なエッセンスの一つ。その能力はきっと今後の社会では重要になってくる。君のような優秀な人がアルバイトとして当社のスキマのような部署に納めるのはもったいない・・・」というお褒めのお言葉・・・(T▽T)

「しかし、キミ堅いね。漫画家ならもっと会話にもエンターテイメント性を出さなきゃ!」

BTH2400777_0B.pngえっ?そんなこと言われても・・・( ̄○ ̄;)

なんとも微妙な面接でした(^_^;)

※画像は自分が描いた漫画の一コマですm(_ _)m


ラベル:住田町
posted by LJ21 at 12:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩手県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岩手県住田町 佐々木 康行 四日目

昨日はアルバイトの面接に行ってきました。

ホテルのフロントのアルバイトということで、スーツを着てそれなりの心構えで行きましたが面接官の一番初めの「君はいったい月にいくらほしいんだい?」っという質問に度肝を抜かれてしまいました。(-o-;)

その後も厳しい質問が続きましたが今までの経験上、アルバイトの面接でこれほど厳しい面接は初めて。

就職の面接とは違ってそれほど厳しいものではないと思っておりましたが・・・甘かったようです。

さすがは、大船渡市で唯一黒字を出しているホテル!アルバイトの募集とはいえ厳しく審査(`ヘ´)

されど、そんな審査官が唯一自分に興味を示したこと・・・それは俺が大学卒業後、就職せずに漫画家を目指していたことと、現在ホームページを作って情報発信していること。

「エンターテイメントは情報発信に必要なエッセンスの一つ。その能力はきっと今後の社会では重要になってくる。君のような優秀な人がアルバイトとして当社のスキマのような部署に納めるのはもったいない・・・」というお褒めのお言葉・・・(T▽T)

「しかし、キミ堅いね。漫画家ならもっと会話にもエンターテイメント性を出さなきゃ!」

えっ?そんなこと言われても・・・( ̄○ ̄;)

なんとも微妙な面接でした(^_^;)

※画像は自分が描いた漫画の一コマですm(_ _)m


posted by LJ21 at 11:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩手県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月16日

岩手県住田町 佐々木康行 3日目

皆さん、こんにちは。住田町の佐々木です。

今日の私の主な予定はSUMITA好いネットのネット産直部門に関する打ち合わせと、SUMITA好いネット報道特派員の新メンバーとの打ち合わせです。

BTH2395685_0B.jpg画像は住田町の名物「三尾 ぎんつば」です。

平日の午前中にしか店が開いておらず、材料がなくなりしだい閉店となります。

町内だけでなく、県内外からも買いに来るお客様もいらっしゃいます。

もし、住田町にいらっしゃる機会がありましたら、ぜひお立ち寄り下さい。店は住田町の世田米商店街の真ん中ぐらいのところにありますよっ!(*´艸`*)オイシィッ!


続きを読む
ラベル:住田町 岩手県
posted by LJ21 at 10:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩手県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月15日

岩手県住田町 佐々木 康行 三日目

皆さん、こんにちは。住田町の佐々木です。

今日の私の主な予定はSUMITA好いネットのネット産直部門に関する打ち合わせと、SUMITA好いネット報道特派員の新メンバーとの打ち合わせです。

画像は住田町の名物「三尾 ぎんつば」です。

平日の午前中にしか店が開いておらず、材料がなくなりしだい閉店となります。

町内だけでなく、県内外からも買いに来るお客様もいらっしゃいます。

もし、住田町にいらっしゃる機会がありましたら、ぜひお立ち寄り下さい。店は住田町の世田米商店街の真ん中ぐらいのところにありますよっ!(*´艸`*)オイシィッ!


さて、ネット産直の打ち合わせと書きましたが、具体的にどのようなことかと言いますと・・・

SUMITA好いネットを立ち上げる際に、ふるさと住田会という在京人会の方々にどのような内容を当ホームページに掲載してほしいかというアンケートをとりました。

その結果、特産品情報を載せてほしいという声が非常に多くあつまり、ホームページ内に住田かあちゃん小包というネット産直項目を設けました。

そして、今回は実験的に町内に菓子工房をもつかあちゃん達に声をかけ田舎菓子をネット等で販売してみようということになりました。

4月オープン予定ですが今回はそのツメの打ち合わせです。

写真を撮影して味見をして感想を書く・・・。やってみると意外に難しい!(^_^;)


その打ち合わせのあとは住田好いネット秘密特派員新メンバーとの打ち合わせ!

今年高校3年生になる阿部君という少年。なんでも将来は地元のためになる仕事に就きたいんだそうで、将来有望な新メンバー!

彼には、『住田好いネットの秘密特派員の日々』というブログを受持ってもらいます。

いままでは女子中学生1人にデジカメを貸し出しレポートを書いてもらってきて、自分がブログにアップしていましたが、今後は彼に携帯電話をつかって直接データをアップしてもらいます。

ちょこっとづつですが、まちづくり遺伝子がつながってきているような気がします!いや〜好いネットに春が来たな〜!(´∇`)

ってことで春の気仙川!住田町の桜は4月下旬が見ごろ?(*_*)


posted by LJ21 at 16:33| Comment(2) | TrackBack(0) | 岩手県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月14日

岩手県住田町 佐々木康行 2日目

みなさんこんにちわっ住田町G・Tテグムの会の佐々木康行です。

BTH2392578_0B.jpg今日の住田町は雪景色です。全国的にも今日は寒いみたいですね〜。




BTH2392578_1B.jpg本日の私は朝から隣町の陸前高田市のハローワークに行ってきました。

えっ?ハローワーク・・・なにゆえに?(*_*)

もちろん職を探すためです。日中はアジトの管理で働けず、収入も得られないので、夕方からのパートorアルバイトを探していました。


続きを読む
ラベル:住田町 岩手県
posted by LJ21 at 16:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩手県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岩手県住田町 佐々木 康行 二日目

みなさんこんにちわっ住田町G・Tテグムの会の佐々木康行です。

今日の住田町は雪景色です。全国的にも今日は寒いみたいですね〜。




本日の私は朝から隣町の陸前高田市のハローワークに行ってきました。

えっ?ハローワーク・・・なにゆえに?(*_*)

もちろん職を探すためです。日中はアジトの管理で働けず、収入も得られないので、夕方からのパートorアルバイトを探していました。




そんな求職活動の帰り道にちょいとバレンタインデーのお返しを購入してきました。

先月の14日にアジトで小中学生6人に手づくりチョコレートをもらったのでそのお返しに購入したわけです。




そりゃ貰ったときにゃ超⇒嬉しかったんですが・・・ホワイトデーのお返しの出費を考えるとなんとも微妙な心持です。(^。^;)

まあっ本当は買わずに画像のような手づくりアクセサリーでも作ってお返ししようかなとも考えたのですが、時間がなかったのでやめました。

う〜ん、次回はなんか手づくりでお返ししたいですね〜。


話は変わりますが、今日は中学校の卒業式のようです。うちのホームページの特派員がちょろっと写真を撮ってきてくれました。

卒業式か〜っ

もうあとなにかで卒業することってないんだろうな〜( ̄ェ ̄ )

まあ別な意味で卒業するとしたらニート的なこの現状からでしょうか(笑)

さて、現状を打破するためにこれから履歴書書くぞっ!!o(^-^)o


posted by LJ21 at 14:50| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月13日

岩手県住田町 佐々木康行 1日目

みなさん初めまして、わたくし岩手県の気仙郡住田町でまちづくり活動をしておりますG・Tテグムの会の佐々木康行と申します。m(_ _)m

BTH2389498_0B.jpg画像の半裸の男性がその佐々木でございます。お見苦しい写真で申し訳ありません。(^_^;)





BTH2389498_1B.jpgローカルジャンクション21さんとは、2004年の12月に『ふるさと創造シンポジウム』を開催した際に浦嶋さんに講演をお願いしお世話になった他、今年の3月に町内の別地区で開催された炭焼き体験ツアーを見学させていただくなど色々とお世話になっております。

今回はその炭焼き体験ツアーの打ち合わせで浦嶋さんが住田町の我がアジトに立ち寄られた際に記事投稿の依頼を受けました。



続きを読む
ラベル:住田町 岩手県
posted by LJ21 at 15:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩手県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

岩手県住田町 佐々木康行 一日目

みなさん初めまして、わたくし岩手県の気仙郡住田町でまちづくり活動をしておりますG・Tテグムの会の佐々木康行と申します。m(_ _)m

画像の半裸の男性がその佐々木でございます。お見苦しい写真で申し訳ありません。(^_^;)





ローカルジャンクション21さんとは、2004年の12月に『ふるさと創造シンポジウム』を開催した際に浦嶋さんに講演をお願いしお世話になった他、今年の3月に町内の別地区で開催された炭焼き体験ツアーを見学させていただくなど色々とお世話になっております。

今回はその炭焼き体験ツアーの打ち合わせで浦嶋さんが住田町の我がアジトに立ち寄られた際に記事投稿の依頼を受けました。




悪だくみ団体G・Tテグムの会が、こちらのブロクに自分のような者がはたして投稿して良いものか・・・と少々恐縮しておりますが公共良俗に反することのないよう頑張って記事を書かせていただきます。

さて、『今週の私』というテーマで依頼を受けましたが、「基本的には好きなことを書いていいですよっ」と浦嶋さんより温かいお許しのお言葉をいただきましたので、とりあえず引き続き自己紹介をさせていただきます。

「G・Tテグムの会?なにそれ?がっつり・食べる会の略?」っと疑問に思われた方もいらっしゃるかと思いますが私達G・Tテグムの会は住田町の地域資源を活かし持続可能なまちづくりを目指そうっということで2年前の8月に有志であつまった仲間達で結成されました。

会の名前の由来「G・T」は「グリーン・ツーリズム」、「テグム」は気仙地方の方言で「手組む。手を組んで何かを企む。共謀する。」という意味です。

メンバーは今のところ5人で、Iターン、Uターン、町出身の学生等で組織されています。

主な活動内容としては、2004年10月にグリーン・ツーリズムモニターツアー『五葉さ行ぐべ!』を開催し岩手大学農学部の学生等を招き、町内でグリーン・ツーリズムが出来るかどうか模索しました。その後、そのモニターツアーがきっかけで交流が始まり、2005年の夏には岩手大学の学生等と地域の方々と一緒にに五右衛門風呂を作りました。


また、そんな私達の活動や町内の魅力的な情報を町外に伝え交流する手段として『SUMITA好いネット』というホームページを作りました。そして、そのホームページを誰もが気軽に見れて、お茶が飲めて漫画が読める多目的サロンを旧JR世田米駅跡地にオープンさせ、住田町の情報受発信のアジトを中心に活動しております。




情報受発信基地としてオープンさせましたが、もともとこの施設がバスの待合室でしたので今のところいらっしゃるお客様は病院帰りのお年寄りや小中学生がメインとなり、半ば学童保育のような状態です。

まあっ、そんなこんなで今日から一週間こちらのブログに記事を書かせていただきますので皆さんよろしくお願いいたします!(^o^)/


posted by LJ21 at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 岩手県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京都墨田区 川上香 7日目

お休みの私

BTH2388697_0B.jpg前から鶏の声が気になってはいたのです。
まさか、こんな家のそばにあろうとは!徒歩5分の坂の上に鶏舎を発見。
うみたて卵の文字。



BTH2388697_1B.jpg入っていくと、農家の入口の雰囲気。お野菜もあります。優しそうでてきぱきしたお母さんに「卵わけてもらえます?」というと、びっくりされたようで「初めてー?」と聞かれました。常連になります・・。
「うちはね、えさが違うのよ。甘いっていわれるよ。にんじんやね、さといもも甘いんだって。うちのしか食べたことが無いから、私にはわかんないだけど。」
「鶏ふんが畑にいきとどいているからねえ。」

BTH2388697_2B.jpg迷わず卵とにんじんを購入。

卵は16個も入ってました。450円。さくら卵っていうそうです。にんじんも掘りたててです。




BTH2388697_3B.jpgにんじんのきんぴらにしました。
甘かったです。

食べることが中心な今週の私でした。
7日間ありがとうございました。

ラベル:産みたて卵 所沢
posted by LJ21 at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月12日

東京都墨田区 川上 香 7日目

お休みの私

前から鶏の声が気になってはいたのです。
まさか、こんな家のそばにあろうとは!徒歩5分の坂の上に鶏舎を発見。
うみたて卵の文字。


入っていくと、農家の入口の雰囲気。お野菜もあります。優しそうでてきぱきしたお母さんに「卵わけてもらえます?」というと、びっくりされたようで「初めてー?」と聞かれました。常連になります・・。
「うちはね、えさが違うのよ。甘いっていわれるよ。にんじんやね、さといもも甘いんだって。うちのしか食べたことが無いから、私にはわかんないだけど。」
「鶏ふんが畑にいきとどいているからねえ。」

迷わず卵とにんじんを購入。



卵は16個も入ってました。450円。さくら卵っていうそうです。にんじんも掘りたててです。


にんじんのきんぴらにしました。
甘かったです。



食べることが中心な今週の私でした。
7日間ありがとうございました。


posted by LJ21 at 23:27| Comment(4) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月11日

東京都墨田区 川上香 6日目

年度末の私

BTH2383064_0B.jpg東京地方は暖かく、春らしい日ですが、仕事があふれていて出勤しています。お昼休みです。
皆様も年度末は何かとお忙しいことでしょう。桜はあきらめていますが、ゴールデンウィークまでには何とか連休をとって山か島に行きたいものです。
博物館というと、どうも暇なイメージがあるようなのですが、相当忙しい職場だと思います。常設展示は「いつ行っても同じ」と言われる方もいらっしゃいますが、月に3000点くらいは資料をかえています。資料保護が博物館の使命ですので。
私は展示から離れてしまっているのですが、新規採用が無い昨今、50歳であのケースを開けるのはつらいとか、中腰で展示をしていて、ぎっくり腰予備軍となってしまったなど、皆でよく笑い話(でも現実)をしています。
今年度にいたっては皆でそんな話ができる機会もへりました。職員がどーんと減ってしまったので。指定管理者制度も来年度から始まります。

続きを読む
posted by LJ21 at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京都墨田区 川上 香 6日目

年度末の私

東京地方は暖かく、春らしい日ですが、仕事があふれていて出勤しています。お昼休みです。
皆様も年度末は何かとお忙しいことでしょう。桜はあきらめていますが、ゴールデンウィークまでには何とか連休をとって山か島に行きたいものです。
博物館というと、どうも暇なイメージがあるようなのですが、相当忙しい職場だと思います。常設展示は「いつ行っても同じ」と言われる方もいらっしゃいますが、月に3000点くらいは資料をかえています。資料保護が博物館の使命ですので。
私は展示から離れてしまっているのですが、新規採用が無い昨今、50歳であのケースを開けるのはつらいとか、中腰で展示をしていて、ぎっくり腰予備軍となってしまったなど、皆でよく笑い話(でも現実)をしています。
今年度にいたっては皆でそんな話ができる機会もへりました。職員がどーんと減ってしまったので。指定管理者制度も来年度から始まります。


まあ、そんなことばかり言っていても仕方がないので、へとへとになりながらも、何とかやっております。お互い忙しいけど、相談すると応えてくれる仲間がいるのが、うちのいいところですね。

博物館の入口、冬桜がきれいです。


posted by LJ21 at 12:35| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月10日

東京都墨田区 川上香 5日目

福島の手仕事 山村が好き!の私

2日目のレポートで朝田さんもご賛同いただいた、漬物と味噌とどぶろくの店の件で「それはまさにうちではないかー」というメールを福島県昭和村の年若の友人からもらいました。
そうでした・・・。各地の郷土食は豊かですよね。ますます山村に暮らしたくなる私。

BTH2380296_0B.jpg写真は「からむし」です。苧麻ですね。高級な着物となる麻です。一昨年福島県の昭和村に1週間滞在し、刈り取りから体験し作ったものです。からむし織がなぜ高級かがわかりました。刈り取り、水に漬け皮をむいて、皮をうすく引いてと手間のかかるものなのですね。
雪深い今の時期に織りあがったからむしを雪に広げ、雪で漂白する「雪晒し」が行われます。今年は2月末に行われ、雪晒しは雨でさんざんだったそうです。

がんばって!

続きを読む
ラベル:会津 からむし
posted by LJ21 at 18:10| Comment(1) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京都墨田区 川上 香 5日目

福島の手仕事 山村が好き!の私

2日目のレポートで朝田さんもご賛同いただいた、漬物と味噌とどぶろくの店の件で「それはまさにうちではないかー」というメールを福島県昭和村の年若の友人からもらいました。
そうでした・・・。各地の郷土食は豊かですよね。ますます山村に暮らしたくなる私。

写真は「からむし」です。苧麻ですね。高級な着物となる麻です。一昨年福島県の昭和村に1週間滞在し、刈り取りから体験し作ったものです。からむし織がなぜ高級かがわかりました。刈り取り、水に漬け皮をむいて、皮をうすく引いてと手間のかかるものなのですね。
雪深い今の時期に織りあがったからむしを雪に広げ、雪で漂白する「雪晒し」が行われます。今年は2月末に行われ、雪晒しは雨でさんざんだったそうです。

がんばって!



福島の三島町、奥会津書房さんの「会津学」の会に、昨年の夏、お邪魔したことがあります。地域学がさかんになっていますが、会津学はその先駆的な活動をされており、地域の行事、食などもまとめていらっしゃいます。
帰りに生活工藝館でヒロロ(草)の縄つくりを体験し、写真の米とぎ笊を求めました。この笊はあけびでできています。竹だとささくれてしまい、とぐのにむかないそうです。直径20cmくらいの小振りな笊は3合くらいのお米をとぐのにとても具合がいいです。また、あけびはやわらかく、手にあたる感触もやさしいです。長くもつそうですよ。三島町は手仕事の町で、下駄、籠などたくさん手作りのものが販売されています。生活工藝館で買い求めたものは、壊れても、修理をお願いすることができます。

からむし織もかご編みなども、深い雪の中で、家族や仲間がおしゃべりしながら出来ていくのですね。

そういう生活にもあこがれます。(さむいかな。)


posted by LJ21 at 12:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月09日

東京都墨田区 川上香 4日目

お昼の私

BTH2377441_0B.jpg両国のお昼ごはんです。両国というと、ちゃんこ鍋のイメージがあるかもしれませんが、他にもおいしいものがたくさんあります。写真はかっこいいおかみさんが切り盛りしているお店。ランチはカウンターのみなので、少ない席をめざしダッシュででかけます。お魚を選んで焼いてもらいます。今日は鮭にしました。ここでいいなあと思うのは、お味噌汁に必ず吸い口が入っていること。冬はゆずです。そして箸置きがあること。おかみさんに、ランチで箸置きはなかなか出てこないというと「それはおかしいわねえ」と真顔で首をひねっていらっしゃいました。
「今度回向院さんで義太夫があるらしい」なんて地元の話題をうかがいながら、常連さんと静かなお昼時間。午後からの力になります。ごはんは昆布で炊いてあるし、お漬物、おひたしも丁寧に作ってあっておいしいです。

続きを読む
ラベル:両国
posted by LJ21 at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京都墨田区 川上 香 4日目

お昼の私

両国のお昼ごはんです。両国というと、ちゃんこ鍋のイメージがあるかもしれませんが、他にもおいしいものがたくさんあります。写真はかっこいいおかみさんが切り盛りしているお店。ランチはカウンターのみなので、少ない席をめざしダッシュででかけます。お魚を選んで焼いてもらいます。今日は鮭にしました。ここでいいなあと思うのは、お味噌汁に必ず吸い口が入っていること。冬はゆずです。そして箸置きがあること。おかみさんに、ランチで箸置きはなかなか出てこないというと「それはおかしいわねえ」と真顔で首をひねっていらっしゃいました。
「今度回向院さんで義太夫があるらしい」なんて地元の話題をうかがいながら、常連さんと静かなお昼時間。午後からの力になります。ごはんは昆布で炊いてあるし、お漬物、おひたしも丁寧に作ってあっておいしいです。


ぱくぱく食べていた私に、おかみさんから「がんも食べます?」といううれしいお言葉が。がんもと、海老しんじょと筍の煮物をいただきました。りんごもいただきました。


そしてまたかわいいキュウイの追加が!

こんなにいただいて800円はお得すぎです。おかみさんに「おいしいですねえ、御代をもっと上げては?」というと「こんなの料理じゃないんですよ、お惣菜。それに毎日のことだから続かないでしょ?」という謙遜と私たちへの愛あるお言葉。

下町かっこいいです。


posted by LJ21 at 12:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月08日

東京都墨田区 川上 香 3日目

地元の私

休みを使って、家の近所に畑を探しています。冬から始めるといいと、無農薬で有名な小川町の霜里農場の皆様にも言われたので。でも、どこもいっぱいです。春の種まきはできないのか!!

お昼は所沢の武蔵野うどん、かしまさんの「肉汁温もり」の大盛り(!)にしました。おいしいーんですよお。肉汁うどんってご存知でしょうか?どうも、このあたりのお店に多い気がするのですが。温かいしょうゆ味のおつゆに、豚肉とたまねぎが入っています。手打ちうどんの粉は農林61号の地粉を使っているそうです。温もりというのは、おつゆもうどんも温かくしてもらうメニューのことです。冬ならではの楽しみ。この冬2回目です。ねぎとほうれん草とすりゴマがついてきます。これを武蔵野では「かて」呼びます。なんといっても一口目をずるっとほおばる時の至福。小麦の香りがふっとして、小麦の味もよくわかります。この大盛りの天ぷら付もまたうまいです。あー、また食べたくなってきた。


ご近所で油揚げと、厚揚げと、豆乳も買いました。頼んだ枚数より、いつもおまけで多く入っています。夜ごはんは両方とも焼いてしょうが醤油でいただきます。おしゃべりしながらおいしい物を買えるっていいですよねえ。お豆腐のおじさん、いつも歌うたっててかっこいいです!



そしてサリュ!さんのケーキ。オーガニックで無添加。そして何を食べてもおいしいお店です。こちらで、ぜひパンをならってみたいと思っています。


お休みの地元はふらふらしていると確実に太ります。


posted by LJ21 at 20:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京都墨田区 川上香 3日目

地元の私

休みを使って、家の近所に畑を探しています。冬から始めるといいと、無農薬で有名な小川町の霜里農場の皆様にも言われたので。でも、どこもいっぱいです。春の種まきはできないのか!!

BTH2375483_0B.jpgお昼は所沢の武蔵野うどん、かしまさんの「肉汁温もり」の大盛り(!)にしました。おいしいーんですよお。肉汁うどんってご存知でしょうか?どうも、このあたりのお店に多い気がするのですが。温かいしょうゆ味のおつゆに、豚肉とたまねぎが入っています。手打ちうどんの粉は農林61号の地粉を使っているそうです。温もりというのは、おつゆもうどんも温かくしてもらうメニューのことです。冬ならではの楽しみ。この冬2回目です。ねぎとほうれん草とすりゴマがついてきます。これを武蔵野では「かて」呼びます。なんといっても一口目をずるっとほおばる時の至福。小麦の香りがふっとして、小麦の味もよくわかります。この大盛りの天ぷら付もまたうまいです。あー、また食べたくなってきた。


続きを読む
posted by LJ21 at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月07日

東京都墨田区 川上香 2日目

ごはんと大根の恩恵−漬物の私

BTH2369752_0B.jpg岐阜県徳山村のにしん漬けです。
徳山村は福井県境の山村で、昭和62年に徳山ダム建設のため、隣の藤橋村に組み入れられました(藤橋村も現在では合併し揖斐川町)。ダムは2007年の完成予定ですが、ゆれているようです。増山たづ子さんという徳山村在住の方が撮られた写真集を拝見したことがあります。

徳山村のにしん漬けをどうして手に入れたかというと、知り合いの30代前半の方が作ってきてくださったのです。この方は都内在住。おじいさん、おばあさんが徳山村に住んでいらしたそうです。ご両親は岐阜市内に住んでいたので、その方も徳山村には数えるほどしか行ったことがないそうですが、年齢を重ねるうちに、このにしん漬けを子供に残さなければいけないと思い、都内で作りつづけているそうです。11月に仕込んでお正月に食べるのが普通で、海の無い村では非常食という面もあったのではないかとのことです。


続きを読む
posted by LJ21 at 11:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京都墨田区 川上 香 2日目

ごはんと大根の恩恵−漬物の私

岐阜県徳山村のにしん漬けです。
徳山村は福井県境の山村で、昭和62年に徳山ダム建設のため、隣の藤橋村に組み入れられました(藤橋村も現在では合併し揖斐川町)。ダムは2007年の完成予定ですが、ゆれているようです。増山たづ子さんという徳山村在住の方が撮られた写真集を拝見したことがあります。

徳山村のにしん漬けをどうして手に入れたかというと、知り合いの30代前半の方が作ってきてくださったのです。この方は都内在住。おじいさん、おばあさんが徳山村に住んでいらしたそうです。ご両親は岐阜市内に住んでいたので、その方も徳山村には数えるほどしか行ったことがないそうですが、年齢を重ねるうちに、このにしん漬けを子供に残さなければいけないと思い、都内で作りつづけているそうです。11月に仕込んでお正月に食べるのが普通で、海の無い村では非常食という面もあったのではないかとのことです。





現在は、5リットルの樽を2つ仕込むそうで、中味は、みがきにしんを100本を半分にして200本にしたもの、太めの大根10本の千切り、かたちが無いくらいにやわらかく炊いたおこめ4合、そして塩。千切りした大根に塩をふり、水がでたところを適当な量を残して捨て大根とごはんとみがきにしんを4から5層にして漬けこみます。

ごはんだけでこんなに発酵するのですね。にしんはそのままでも、焼いてもおいしいです。大量のごはんと大根が美味で、日本酒がとまりません!

こんなふうに伝承されていく食もあるのだなあと、いとおしく美味しくいただいています。

これはいずしです。

農文協さんの雑誌「うかたま」にレシピが載っていたので、昨年末に仕込み、現在に至っています。大根・人参・生姜・ごはん・鮭、そして麹。レシピや工程には忠実でなかったのですが、寒さが幸いしたのでしょう。なんとか食べられるまでになりました。鮭を二種類使ったのですが、チリ産(赤い色のほう)は不味いです。北海道の鮭は美味しく漬かりました。鮭の油を落とすのがこんなにも大変だとは思いませんでした。

漬物と味噌とどぶろくの店があったら入り浸るだろうと思うのです、私。



posted by LJ21 at 11:17| Comment(1) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月06日

東京都墨田区 川上香 1日目

博物館な私

皆様はじめまして。山村のくらし、島のくらし、そしておいしいものが大好きな川上香と申します。江戸東京博物館に勤務しております。私の今週をつれづれ、レポートさせていただきます。
今日は勤務先のPRを!
江戸博は両国の国技館のとなりにあり、江戸から東京オリンピックまでの歴史と文化を展示している博物館です。
BTH2363448_0B.jpg分館は小金井公園にある江戸東京たてもの園です。失われいく、都内の建造物を収蔵している野外博物館で現在は27棟を公開しています。宮崎監督の「千と千尋の神隠し」の不思議の町の舞台といわれております。
ふらふらと、たてもの園に遊びにいきました。写真はたてもの園のある、小金井公園です。都内の桜の名所ですが、まだ桜の蕾は固いです。

BTH2363448_1B.jpgかわりにサンシュの花が満開でした。公園では梅まつりが開かれていました。桜祭りは4月の7・8・9日だそうです。


続きを読む
posted by LJ21 at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京都墨田区 川上 香 1日目

博物館な私

皆様はじめまして。山村のくらし、島のくらし、そしておいしいものが大好きな川上香と申します。江戸東京博物館に勤務しております。私の今週をつれづれ、レポートさせていただきます。
今日は勤務先のPRを!
江戸博は両国の国技館のとなりにあり、江戸から東京オリンピックまでの歴史と文化を展示している博物館です。
分館は小金井公園にある江戸東京たてもの園です。失われいく、都内の建造物を収蔵している野外博物館で現在は27棟を公開しています。宮崎監督の「千と千尋の神隠し」の不思議の町の舞台といわれております。
ふらふらと、たてもの園に遊びにいきました。写真はたてもの園のある、小金井公園です。都内の桜の名所ですが、まだ桜の蕾は固いです。


かわりにサンシュの花が満開でした。公園では梅まつりが開かれていました。桜祭りは4月の7・8・9日だそうです。


たてもの園の中の吉野家。三鷹市の豪農の家でした。たてもの園はスタッフが少ないのですが、パワフルなボランティアさんが大勢きてくださっています。ボランティアの会を「ひじろ会」といいます。多摩の方言でいろりのことを「ひじろ」というのだとか。その名のとおり4棟ある民家で、いろりに火を入れて屋根を守ってくださっています。地域の方も大勢応援してくださっており、ありがたいことです。

私の今の夢は、地域の皆さんや学生さん達と、たてもの園で聞き書きをすることです。対象は、たてもの園で収蔵している建造物がかつて建っていた頃のご近所の方々や、たてもの園ができる前にここで農業をやっていた方、建築にかかわる職人さんなどなどです。それをもとに展示できたら、たてもの園がもっと魅力的になると思っています。

それから環境をいかして日本みつばちを飼い、子供たちと観察し、蜜蝋をつくって、民家の床に塗るとか(今は戸袋などにイボタ蝋を塗っています。)。蚕を飼うとか。実現できたらうれしいです。


そして3月26日(日)に江戸東京博物館ホールにて第4回「森の聞き書き甲子園フォーラム」が開かれます(林野庁・文部科学省・国土緑化推進機構・NPO樹木・環境ネットワーク主催)。100人の森の名人に高校生100人がそれぞれ聞き書きに行くという聞き書き甲子園。今年も素晴らしい名人と高校生による聞き書きの成果が聞けそうです。http://www.foxfire-japan.com/program/forum.htmlぜひ、皆様おこしください。

同日に小学生・中学生を対象とした「竹細工に挑戦してみよう」も会議室で開催されます。10時から12時まで。30名で竹笛・竹鉄砲をつくります。往復はがきに氏名・学年・住所電話を書いて、墨田区横網1−4−1江戸東京博物館「竹細工に挑戦してみよう」係にお申込ください。参加費100円。お申込は3月11日必着です。(HPに情報をのせていません。)

本当にPRになってしまいました。ごめんなさい。



posted by LJ21 at 12:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月05日

近畿大阪・京都 小沢晴司 7日目

BTH2366504_0B.jpg生け花の先生方主催による今日の「ニッポンノケシキ in なにわ」のシンポジウムは大阪城の傍らの会館が会場。朝10時の開会時1200人入る会場は満員となりました。折しも大阪城内の梅園は六分咲き程度でしたが見事な色あいでした。

華道の中で、特に日本の自然の趣を深山、野辺、沼沢など7つの型と、嵯峨野の3つの景色に代表させる「景色いけ」という手法があります。
シンポジウムの意図するところは、この手法を応用して、日本中の景色の美を華道家の目でとらえ直し、後世に伝え守るべき風景を生け花で表現しようというところにあります。
BTH2366504_1B.jpgこの取組みに共感するのですが、その伏線は、京都嵯峨の大覚寺大沢池(写真)の環境再生計画事業にありました。(と、本日基調講演をされた京都嵯峨芸術大学真板教授からご紹介がありました。)


続きを読む
posted by LJ21 at 23:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

近畿大阪・京都 小沢晴司 7日目

生け花の先生方主催による今日の「ニッポンノケシキ in なにわ」のシンポジウムは大阪城の傍らの会館が会場。朝10時の開会時1200人入る会場は満員となりました。折しも大阪城内の梅園は六分咲き程度でしたが見事な色あいでした。


華道の中で、特に日本の自然の趣を深山、野辺、沼沢など7つの型と、嵯峨野の3つの景色に代表させる「景色いけ」という手法があります。
シンポジウムの意図するところは、この手法を応用して、日本中の景色の美を華道家の目でとらえ直し、後世に伝え守るべき風景を生け花で表現しようというところにあります。
この取組みに共感するのですが、その伏線は、京都嵯峨の大覚寺大沢池(右写真)の環境再生計画事業にありました。(と、本日基調講演をされた京都嵯峨芸術大学真板教授からご紹介がありました。)



大沢池再生事業は2001年夏から始まったといい、一週間前の土日が今年の最初の活動でした。
大覚寺大沢池は日本でも最古の溜池であり庭園として知られていますが、湖面に映る月の影の趣の維持などのため、千年以上蓮除去などが手作業で行われていました。
ある年、蓮の生長を抑えるためとしてソウギョ1000尾が放流されました。そうしたところソウギョの糞などで池の環境はかえって悪化したとのこと。そこで大覚寺や研究者が協力して池の環境改善と1200年前の風景の再生に取り組むことになり、そのプランニングにあたっての設計指針となったのが、大覚寺に深い縁のある「景色いけ」の思想だったとのことです。
写真は先週実施された活動の一つ、園路と周辺の苔地などの境界をとるための瓦を使った道普請です。



作業の後、大覚寺内では、生け花の先生の指導のもと「景色いけ」の実地演習もありました。
私もチャンレンジしましたが冷や汗がでました。日頃から風景を大切にする職業についていると標榜しながら、では、その大切にしたい風景を自ら表現しようとすれば、なす術もありません。菖蒲の仲間の長身の葉一つを水盤に刺すだけで精一杯でした。
生け花に関わられる方の風景を愛でる心と風景を表現する芸の技に、改めて敬意を表するしだいであります。(写真中の人物は当方ではございません)
皆様、今週一週間おつきあいいただきありがとうございました。
散漫な文章になり、読みにくい点が多々あるかと思います。あわせてお詫びいたします。


posted by LJ21 at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月04日

近畿大阪・京都 小沢晴司 6日目

BTH2363025_0B.jpg国立公園にかかわる仕事が多い私達の職場も、通常は暦どおり平日勤務、週末休暇です。が、このところ週末に行事や会議があり、なかなか休みをとれませんでした。
先週は吉野熊野国立公園大台ケ原の自然再生に関係した会議が日曜にありました。
国立公園内で入場者数を制限し、地域の自然保護とよりよい利用を目指そうというものですが、自然公園法に基づくものとしては、日本で最初の関係する協議会の設定となりました。
ニュージーランドに世界で一番美しいハイキングルート「ミルフォード・トラック」という道があるといいます。一日の利用者数を厳しく制限しながら、世界中に知られていて、入場許可を得るためには、3ヶ月程前から予約が必要とのことです。
日本でもそのような地域を設定できれば、今後山の利用を様々に考えていく検討材料の一つになることでしょう。

続きを読む
posted by LJ21 at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

近畿大阪・京都 小沢晴司 6日目

国立公園にかかわる仕事が多い私達の職場も、通常は暦どおり平日勤務、週末休暇です。が、このところ週末に行事や会議があり、なかなか休みをとれませんでした。
先週は吉野熊野国立公園大台ケ原の自然再生に関係した会議が日曜にありました。
国立公園内で入場者数を制限し、地域の自然保護とよりよい利用を目指そうというものですが、自然公園法に基づくものとしては、日本で最初の関係する協議会の設定となりました。
ニュージーランドに世界で一番美しいハイキングルート「ミルフォード・トラック」という道があるといいます。一日の利用者数を厳しく制限しながら、世界中に知られていて、入場許可を得るためには、3ヶ月程前から予約が必要とのことです。
日本でもそのような地域を設定できれば、今後山の利用を様々に考えていく検討材料の一つになることでしょう。


話はかわりますが、私が仕事にむかうときいつも心に留めていることがあります。

それは、自分が不完全で弱さを伴った存在という認識です。
何度目かの転勤先でそれを教えてくれた先輩がありました。
「たとえこれまでの経験があっても君はここでは新参者。ここは若手新人や体調不良な者が多い職場。頑張りすぎるやり方は合わない。力まず無理せず仕事をしたまえ。」
その職場への私の歓迎時の先輩の言葉から感得したことは、社会はそのような弱者によって作られ、職場や仕事も、そのような弱者間の助け合いで作っていくという認識の大切さでした。その中にはもちろん自分も含まれるということも。

自分はいつまでも完璧ではないから失敗を免れることはできず、常に理知的かつ理性的では勿論なくて喜怒哀楽の感情の起伏もあり、何がしか、心の弱さをもっている。
そのような気持ちでいると組織の中でシニアになっても、スタッフの様々な試行錯誤には寛容になれますし、ピリピリした気持ちで仕事に向かうことの無意味さや弊害を理解できます。
まして、自分が事故にあうことなどで長く仕事に出られないこともそれほど荒唐無稽の想像ではありませんから、そのようなときでも仕事はスタッフの手により一定回っていくことを考えれば、廻り合せで同じ職場で時間を共有することになったなら、愉快に仕事を進めていくことが、弱い心を付随させる私達の健康には何より大切なことでありましょう。



読み返せば日記から思いきり脱線してます。
4日目の記事にコメントしてくださった朝田さんとのやりとりから調子にのってしまい、ついペンが流れて(タイプ打ちの場合は別の表現ですね)しまいました。ご容赦ください。


posted by LJ21 at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月03日

近畿大阪・京都 小沢晴司 5日目

職場は大阪城のすぐ近く、大川に沿った天満橋にあるOMMビルの中にあります。
春はビルから眺める川沿いの桜が見事と聞いてますし、夏の天神祭のときは、船徒御などのプログラムを目の前で見ることができる立地と聞きました。
大阪の都心で働きながら大阪を味わえるだろうことに加えて、せっかく近畿圏で働くので、世界中から年間5000万人の観光客がやってくるという京都に住む欲張りをすることにしました。

BTH2361827_0B.jpg鴨川の流れ。そこに架かる橋から望む北山の山紫。中心街に残る古い町並み。人の心が安らぐ風景がそこかしこに残る京都は、仕事上のストレスもきっとときほぐしてくれるだろうと想像していました。




続きを読む
ラベル:大覚寺
posted by LJ21 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

近畿大阪・京都 小沢晴司 5日目

職場は大阪城のすぐ近く、大川に沿った天満橋にあるOMMビルの中にあります。
春はビルから眺める川沿いの桜が見事と聞いてますし、夏の天神祭のときは、船徒御などのプログラムを目の前で見ることができる立地と聞きました。
大阪の都心で働きながら大阪を味わえるだろうことに加えて、せっかく近畿圏で働くので、世界中から年間5000万人の観光客がやってくるという京都に住む欲張りをすることにしました。
鴨川の流れ。そこに架かる橋から望む北山の山紫。中心街に残る古い町並み。人の心が安らぐ風景がそこかしこに残る京都は、仕事上のストレスもきっとときほぐしてくれるだろうと想像していました。



右上写真は京都の鴨川で、右写真は嵯峨野の大覚寺です。
この町でのいろいろな出会いも楽しみにしていました。
京都御苑や東山できのこ観察をするグループへの参加(きのこは趣味の一つで、前任地の日光でもきのこを楽しむことができました。)や、旧友との再会、神社仏閣のお祭り見物や活動への参加などなど。
明後日の日曜、大阪で華道の先生方主催の風景に関するシンポジウムがあるので出かけてきます。これも、以前からお世話になっていて、今、京都の大学でも活躍中の観光デザイン等が専門の先生を通じたご縁で、私達の事務所も後援団体として名を連ねています。日曜の日記で報告できればと思っています。



posted by LJ21 at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月02日

近畿大阪・京都 小沢晴司 4日目

昨日は、私たちの事務所の担当する近畿圏のエリアデザインについて考えていきたいと書きましたが、一方で、昨年10月にできたこの新しい事務所の業務に関するデザインも考えていくことが大切ではないかと思っています。

私たちの事務所のホームぺージをご案内いたします。
ページの右袖下の方に、アクティブレンジャー日記というのがあります。二日目の日記で触れました国立公園アクティブレンジャーが、ほぼ毎日記事を書いていますので、お時間がありましたら是非ご覧いただければと思います。

大阪の事務所内には、現在5課34人がおり、国立公園の現地には、鳥取県岩美町、兵庫県神戸市、同豊岡市、奈良県吉野町、和歌山県新宮市の各所に自然保護官事務所が設置されレンジャー等12人の職員が勤務しています。
私の関わる自然系の仕事は国立公園と野生生物の2課に分かれていて、国立公園分野では、エコツーリズムや地域の自然環境の再生や整備、風景管理等があり、野生生物分野では、鳥獣保護や希少野生動植物保護、外来生物、動物愛護等があります。

特に、野生生物分野の仕事は希少野生動植物保護や外来生物対策等新しい業務が増えてきていて、これからどのように仕事を進めていくのか、各担当者は日々勉強し、関係する自治体や団体と連絡をとりながら毎日遅くまで仕事をしています。
国立公園関係でも施設の整備に関する計画作りや、風景管理のための地域での開発計画との調整に関する事務処理もたくさんの件数があり、各担当者は毎日終電近くまで残っています。

事務所内にある廃棄物・リサイクル分野や環境対策分野の仕事との連携も大切です。二日目にご紹介しましたメールマガジンは、一つの業務連携の成果になっていると思います。

振り返れば今日も含めてこれまでの4日間の日記には、天気に触れるでもなく、季節感もない内容になってしまっていることを反省しています。
このところ雨や曇り続きだったこともあり、ビルの中で打ち合わせばかり続いていました。

皆忙しく仕事をしていますので、十分な情報共有ができないときも時にでてきます。が、それぞれ担当業務にあたっている職員を信頼して、仕事が進みやすい雰囲気作りにつとめていくことが重要ではないかと思います。
posted by LJ21 at 22:57| Comment(4) | TrackBack(0) | 大阪府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

近畿大阪・京都 小沢晴司 4日目

昨日は、私たちの事務所の担当する近畿圏のエリアデザインについて考えていきたいと書きましたが、一方で、昨年10月にできたこの新しい事務所の業務に関するデザインも考えていくことが大切ではないかと思っています。

以下に私たちの事務所のホームぺージをご案内いたします。
http://kinki.env.go.jp/
ページの右袖下の方に、アクティブレンジャー日記というのがあります。二日目の日記で触れました国立公園アクティブレンジャーが、ほぼ毎日記事を書いていますので、お時間がありましたら是非ご覧いただければと思います。

大阪の事務所内には、現在5課34人がおり、国立公園の現地には、鳥取県岩美町、兵庫県神戸市、同豊岡市、奈良県吉野町、和歌山県新宮市の各所に自然保護官事務所が設置されレンジャー等12人の職員が勤務しています。
私の関わる自然系の仕事は国立公園と野生生物の2課に分かれていて、国立公園分野では、エコツーリズムや地域の自然環境の再生や整備、風景管理等があり、野生生物分野では、鳥獣保護や希少野生動植物保護、外来生物、動物愛護等があります。

特に、野生生物分野の仕事は希少野生動植物保護や外来生物対策等新しい業務が増えてきていて、これからどのように仕事を進めていくのか、各担当者は日々勉強し、関係する自治体や団体と連絡をとりながら毎日遅くまで仕事をしています。
国立公園関係でも施設の整備に関する計画作りや、風景管理のための地域での開発計画との調整に関する事務処理もたくさんの件数があり、各担当者は毎日終電近くまで残っています。

事務所内にある廃棄物・リサイクル分野や環境対策分野の仕事との連携も大切です。二日目にご紹介しましたメールマガジンは、一つの業務連携の成果になっていると思います。

振り返れば今日も含めてこれまでの4日間の日記には、天気に触れるでもなく、季節感もない内容になってしまっていることを反省しています。
このところ雨や曇り続きだったこともあり、ビルの中で打ち合わせばかり続いていました。

皆忙しく仕事をしていますので、十分な情報共有ができないときも時にでてきます。が、それぞれ担当業務にあたっている職員を信頼して、仕事が進みやすい雰囲気作りにつとめていくことが重要ではないかと思います。


posted by LJ21 at 18:45| Comment(4) | TrackBack(0) | 大阪府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月01日

近畿大阪・京都 小沢晴司 3日目

BTH2355800_0B.jpg本日のアクティブレンジャー採用打ち合わせのため、募集地区である山陰海岸国立公園竹野地区(兵庫県の日本海側に位置)を担当する首席自然保護官が大阪まで出てきました。
私たちの事務所は、国立公園の保護管理等に関する行政分野では、鳥取砂丘などを含むこの「山陰海岸」と、「瀬戸内海」の大阪、和歌山、兵庫県地域、そして「吉野熊野」の3公園を担当します。

BTH2355800_1B.jpg特に吉野熊野国立公園は今年指定70年を迎えています。
2年半前にはこの区域に重なるように世界遺産熊野古道が指定され、昨年は串本沿岸海域がラムサール条約湿地として登録されました。
70年前、先人が紀伊半島の自然や文化の核心部で、保護と利用を進めることを願い国立公園をデザインしたときの地域の捉え方に関する先見性に改めて敬服させられます。
おそらく、今後大切なことは、国立公園を核にしつつも、紀伊半島に展開する景観資源(国定公園、県立自然公園、文化遺産、史跡名勝、古都、里山、その他の観光資源…)を一連のものとしてとらえ、魅力的なエリアデザインを地域の皆様と共有し、適切な言葉で表現していくことではないかと感じています。
ふるさとの姿をわかりやすく親しみやすくイメージできるようデザインし表現することが、地域に関わっていらっしゃる方々の励みにつながることを願ってやみません。

続きを読む
posted by LJ21 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

近畿大阪・京都 小沢晴司 3日目

本日のアクティブレンジャー採用打ち合わせのため、募集地区である山陰海岸国立公園竹野地区(兵庫県の日本海側に位置)を担当する首席自然保護官が大阪まで出てきました。
私たちの事務所は、国立公園の保護管理等に関する行政分野では、鳥取砂丘などを含むこの「山陰海岸」と、「瀬戸内海」の大阪、和歌山、兵庫県地域、そして「吉野熊野」の3公園を担当します。


特に吉野熊野国立公園は今年指定70年を迎えています。
2年半前にはこの区域に重なるように世界遺産熊野古道が指定され、昨年は串本沿岸海域がラムサール条約湿地として登録されました。
70年前、先人が紀伊半島の自然や文化の核心部で、保護と利用を進めることを願い国立公園をデザインしたときの地域の捉え方に関する先見性に改めて敬服させられます。
おそらく、今後大切なことは、国立公園を核にしつつも、紀伊半島に展開する景観資源(国定公園、県立自然公園、文化遺産、史跡名勝、古都、里山、その他の観光資源…)を一連のものとしてとらえ、魅力的なエリアデザインを地域の皆様と共有し、適切な言葉で表現していくことではないかと感じています。
ふるさとの姿をわかりやすく親しみやすくイメージできるようデザインし表現することが、地域に関わっていらっしゃる方々の励みにつながることを願ってやみません。



先日の京都のアユモドキ会議での情報をもとに、今日は、事務所の野生生物業務担当者が京都府亀山市にでかけ、午後戻ってきました。
アユモドキ生息地の上流で行われる河川工事で川の汚濁の可能性がいわれていたのですが、それを抑える工法について、関係者で打ち合わせを行ったのです。
このように貴重な魚類の保護を契機として関係者が事々に連絡をとりあい、丁寧に打ち合わせを行う経験を積み重ねていくことは、その後の業務のシステム化を展望するときに大切なことだと思います。
上の方で保護区を核に地域デザインを考えていきたいと書きましたが、これら面としての対象地を「布地」として捉えてみると、アユモドキやサンショウウオ、シカやツキノワグマという古来から紀伊半島に生息する野生生物保護を縦糸に、新参のアライグマ、ブラックバスなどの外来生物対策を横糸にして、近畿圏の環境を大きな視野でみていくことが必要なのでしょう。
ずいぶん観念的な内容になってきてしまいましたので、そろそろ本日の日記を終わります。
右の写真は瀬戸内海国立公園和歌山県加太から望む紀淡海峡です。


posted by LJ21 at 21:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 大阪府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。