2006年04月06日

埼玉県さいたま市 賀屋直美 4日目

ルームシェア=田植え機共同利用組合


昨日書いたように、私は1年ほど根無し草をやっていたものですから、しばらく連絡をとっていない友人から「今はどこにいるの?」と度々尋ねられます。
現在、さいたま市在住。実家は山口県、千葉大学生、さいたま市在住。
ん???
なぜなら、東京・埼玉・そして千葉と、ばらばらの大学に通う友達でルームシェアを始めたために、立地的な真ん中と、‘田植え機共同利用組合‘的な理由から、さいたま市に住むこととなったのです。

ルームシェアって、どんな印象をお持ちでしょうか?
学生同士のルームシェアは海外だとかなり一般的ですが、日本じゃまだまだなじみが薄いですよね。私たちの場合は3LDKに住み、それぞれの個室があり、キッチン・風呂・トイレ・洗濯機等は共用。

ルームシェアの利点としては、
続きを読む


posted by LJ21 at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 埼玉県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

埼玉県さいたま市 賀屋直美 4日目

ルームシェア=田植え機共同利用組合


昨日書いたように、私は1年ほど根無し草をやっていたものですから、しばらく連絡をとっていない友人から「今はどこにいるの?」と度々尋ねられます。
現在、さいたま市在住。実家は山口県、千葉大学生、さいたま市在住。
ん???
なぜなら、東京・埼玉・そして千葉と、ばらばらの大学に通う友達でルームシェアを始めたために、立地的な真ん中と、‘田植え機共同利用組合‘的な理由から、さいたま市に住むこととなったのです。

ルームシェアって、どんな印象をお持ちでしょうか?
学生同士のルームシェアは海外だとかなり一般的ですが、日本じゃまだまだなじみが薄いですよね。私たちの場合は3LDKに住み、それぞれの個室があり、キッチン・風呂・トイレ・洗濯機等は共用。



ルームシェアの利点としては、

@金銭面
・1人暮らしに比べて各々安い家賃で、広いキッチン(→ガスは3口!)、バス・トイレ別、構造がしっかりしているなど設備の良いところに住める。
・公共料金やインターネットの基本料は1人も3人もたいして変わらないので、安くなる。

A生活面
・カレーを作りすぎても、誰かが食べてくれる。
・誰かがゴミを出してくれる。
・風邪を引いて動けなくても、オレンジジュースを買ってきてもらえる。
・しばらく留守にしても植物に水をやってくれる。
・安全。
・寂しくない。
等々。




思うにこの『シェア・共有』って、近年農村集落で盛んに作られている、田植え機共同利用組合に似ていると思いませんか?

かつて機械化が始まった時代、田植え機は各農家に1台を当然として購入されてきました。しかし米価は下落、減反の推進などにより米農家にとっては好ましくない状況が続いている中で、主にコスト削減という観点から、機械の共同利用が望まれています。というのは機械にも寿命があり、たとえ年に1日しか使わなくとも2週間使ったとしても、同じ年月を経れば同様に買い換える必要があり、それならば、1人で200万の機械を買うよりも、3人でより高性能な500万の機械を買った方がいい。(実家の共同田植え機とおじさんたち→)




ただし、そこにはちょっとした不便さが出てきます。それは、機械利用の日程の調整だったりなんだりと、いった、自分だけのものではない不便さ。
ルームシェアも同様で、お風呂に入りたくても誰かが使っていたり、個室で勉強していても足音が気になって集中できなかったり、キッチンに自分のではない洗い物が溜まっていたり・・といった不便があります。

けれどもその不便さは、本当に排除すべきものなのでしょうか。思うに、高度経済成長を経ながら求めてきた豊かさ・便利な暮らしというのは、「お金さえ払えば自分ひとりで暮らしていける」社会であったのではないかと思います。確かに、人と共に暮らすことは、好き勝手にはできないし気を使うし、「不便」なことは多いけれども、
そこでは必要から生まれる会話や交流が、一人では得られない楽しみや、喜びを生み出し、共有できるのではないでしょうか。


人との関りの中で暮らすこと、これは農村の本質的な魅力の一つであり、
そしてまた、共有は、3つの田植え機が2つ減った分、地球にも優しい暮らし方でもあります。

この『シェア・共有』というのはこれからのキーワードだー!と豪語して、今日はおやすみなさい。



posted by LJ21 at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 埼玉県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。