2006年04月23日

東京都世田谷区 植村春香 6日目

BTH2501937_0B.jpg最後は、番組を通じて日本のすばらしさを再発見!発信について書いてみたいと思います。

この番組を通じて、こんなにも、農・食について知らなかったの?と、自分で思うほど毎回新しい発見があります。例えば それはどんな発見なのか少し例をご紹介したいと思います。

まずは、農・食を通じて学ぶ環境問題です。
首都圏で大きな問題になっている生ゴミの問題。生ゴミだけではありません。ヒートアイランド現象を少しでも緩和しようと緑化計画が進む一方で、樹木ゴミの問題もより一層深刻な問題になっています。

このような問題について、大学では今どのような研究、開発がされているかご存知ですか?
生ゴミから肥料、エタノール、メタンガスを取り出す研究、技術がすでに開発されています。
その他にも、樹木ゴミを舗装材にして土に還したり、炭化燃料にするシステムなどがあります。

続きを読む


posted by LJ21 at 21:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京都 世田谷区 植村 春香 6日目

最後は、番組を通じて日本のすばらしさを再発見!発信について書いてみたいと思います。

この番組を通じて、こんなにも、農・食について知らなかったの?と、自分で思うほど毎回新しい発見があります。例えば それはどんな発見なのか少し例をご紹介したいと思います。

まずは、農・食を通じて学ぶ環境問題です。
首都圏で大きな問題になっている生ゴミの問題。生ゴミだけではありません。ヒートアイランド現象を少しでも緩和しようと緑化計画が進む一方で、樹木ゴミの問題もより一層深刻な問題になっています。

このような問題について、大学では今どのような研究、開発がされているかご存知ですか?
生ゴミから肥料、エタノール、メタンガスを取り出す研究、技術がすでに開発されています。
その他にも、樹木ゴミを舗装材にして土に還したり、炭化燃料にするシステムなどがあります。


これらの研究は大学ないにとどまらず、農家の方々、企業の方々、そして地域のみなさん、多くの方々と取り組みが行われています。この環境問題を取り上げるきっかけになったのは土壌問題でした。
土壌問題から、農・食・環境問題は非常に深い関わりがあることを初めて知りました。

また、世界では毎年どれぐらいの面積が沙漠化になっているかご存知ですか?
世界で一番熱い国といわれ、日中は目玉焼きができるほどの暑さ。気温70度まで上がる場所で、大学が取り組んだ緑化チャレンジでは、日本の農業技術の高さを知ることができます。

このような環境問題については、リスナーのみなさんからの反応も大きかったように思います。
ここでご紹介した研究は、東京農業大学に申し込めばどなたでも見学することができます。
興味のある方は、是非一度ご覧になってみてください。(沙漠緑化をのぞく)



そのほかにも、食育を取り上げたことによってゲストの方々、イベント会場、シンポジウム、セミナーなどで、全国各地の郷土料理、伝統、文化、生産者の方々の声を聞く機会が随分増えました。

シンポジウム、セミナーで、「うまみ」という言葉が世界共通語なっていたり、日本食を知的財産として、海外に輸出する国家戦略がスタートしたことや、海外での日本食のシェフ育てる教育についてなどの動きがあるほど。これは、海外での日本食がブームになっている背景があります。

一方では、食育を通じて、日本各地の郷土料理や、その地域の食文化、伝統文化について知るたびに、日本はなんて素晴らしい国なんだろうと、新しい発見をさせていただいています。

現在、大学のOB生のこだわりの食材を集め、インターネットで販売している大学初ベンチャー企業の学生さんを通じて、全国各地の生産者の方々にインタビューにチャレンジしてもらっているのですが、
大学側から推薦のある生産者の方々ということもあり、そのお話には言葉で伝えきれないほどの感動をいただいています。

ご紹介したのは、ほんの一例ですが番組を通じて日々そんな新しい発見をさせていただいています。

さて、番組がスタートして2年。
大学生で結成された農業戦隊も大きく変化しました。

ゲストで登場していただいたのをきっかけに、大学の先生方のご協力をいただき、その生徒さんたちにも番組に関わっていただくようになりました。新しい大学生メンバーも加わり、さまざな角度からの情報を発信できるようになりました。なかでも、大学生が自分たちの活動を話すことで情報によりリアル感が増したようです。

そんな大学生のコーナーには、みなさんからたくさんの応援をいただき注目もしていただいています。
今年の3月には、日本経済新聞NIKKEIプラス1、日本農業新聞で取り上げていただきました。
ありがたいことです。

現在、今までの活動をホームページや、ブログなどに文字で残したりするようにしています。
ブログは半年間で1万件のアクセスをいただき、コツコツ頑張っているところです。今後も、食・農・環境に加え、地域、文化、伝統など、日本のすばらしさを再発見!できるような番組として継続、発信を続けて行ければと考えています。

<写真>
1枚目 東京農業大学内 リサイクル研究センター
2枚目 東京農業大学内 リサイクル研究センター(樹木ゴミ舗装材)
3枚目 砂漠緑化の工法のひとつ(食と農の博物館展示より)

最後までおつきあいいただき誠にありがとうございました!



posted by LJ21 at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。