2006年05月01日

東京都 三橋彩子 1日目

はじめまして。東京生まれ&育ちの三橋彩子と申します。
私はいつも2種類の名刺を持ち歩いています。ひとつはグラフィックデザイナー 三橋彩子。もうひとつはサルサダンサー・インストラクター Ayaです。「一体どっちがやりたいんだ、お前はァ!」と叱られてしまいそうですが、今のところどちらかの職業を辞めることは考えていません。
どちらも私にとって大切な大好きな職業なのです。

「今週の私」というタイトルですから、毎日の出来事を綴るのがよいのでしょうが、私の場合はLJや日本の各地とのかかわりについて過去を遡りながら、書いていきたいと思います。

今日は私が学生の時の話しです。

 1995年当時、私は武蔵野美術大学3年生でした。この頃の私は将来に対し、無知ゆえの漠然とした不安をかかえていました。ほとんど衝動的に、民俗学の教鞭をとっていた相澤韶男教授の教授室のドアをたたくと、先生は「知人の本が出版されるのだけど、そのなかの挿絵を学生に頼もうと思っている」とさっぱりとした顔で言われました(相澤教授は同大学建築科卒で、当時民俗学の教鞭をしていた宮本常一の教えをうけ日本の古い町に執着していった私の恩師です。福島県南会津下郷町大内を国重要伝統的建造物群保存地区選定に導いた第一人者ともいえます)。

 それは1996年7月10日発行になる「『萱野茂のアイヌ語辞典』」という598頁の辞典のことでした。「アイヌ語。。アイヌ…?」言葉の意味がまるで分かりませんでしたが、今の自分から抜け出したいという想いから挿絵スタッフとして参加を希望しました。

 集まった生徒たちは視覚伝達デザイン、建築、美術科、油彩科、彫刻科…と、普段交流のない科ばかりで新鮮でした。挿絵は資料を見ながら描くのかと思ったら、モチーフを実際に目にするために北海道に行きなさいと言われ、びっくりしたのを覚えています。「見なければ始まらない」といった風に淡々と。
 のちに放牧舎となる仲間たちは、こんなふうにして出会いました。

「見て、始める」という私の仕事に対する姿勢もここから学んでいったものです。

★今日の出来事★
A4/カラー/3折のリーフの色確認のためKita(夫でありダンスパートナー)と新宿の出力センターへ行く。
待ち時間の間、新宿「DISK UNION」でサルサ新譜を物色するが、収穫はなし。
出力を受取り後、バレエ用品店「チャコット」でKitaが新しいシューズを購入。
一応連休気分を味わおうと、千疋屋パーラーで1300円のフルーツ盛り合せを食べてみる。20時をまわっていたので総菜屋でおかずを買い、『巧名が辻』の録画を観ながら夕食(夜食?)。
いつものサルサトレーニングを済ませ就寝。





posted by LJ21 at 12:31| Comment(1) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イタリア ウンブリアから 朝田今日子 7日目

午後、隣近所のカポッチ家の女の子、ジュリアが庭に咲いているふじとリラの花束を持って来てくれた。この間彼女の家で会った時に「わあー、いい香り」と言ったから持って来てくれたのだと気づく。14歳のジュリアには、私たち一家が日本に滞在する時にドッグシッターを頼む。動物に対する愛情と責任感は並々ならぬもので、安心してまかせられるのだ。 

自著の「オリーブオイルのおいしい生活」に彼女の話を書いたことがある。そこには、一家が豚の解体をする時、9歳の彼女が豚の目玉を転がして遊んでいたということを書いた。それはただの気持ち悪いびっくり笑い話の中に、両親が行なう豚の解体を通して彼女と食べ物に対する密接な関係を書きたかったのだ。 

ジュリアの家では10種類以上の鳥、ヤギ、ウサギなどたくさんの家畜を飼っている。何年か前、彼女が泣きはらした目で庭に座っているところを通りかかった。「どうしたの?」と聞くと、かわいがっていた子ヤギをお父さんが夕食用に絞めたという。その時はどう慰めたらいいのか言葉を失ってしまった。



彼女の動物好きは自分の子供の頃を思い出す。マンション暮らしで動物を飼えなかったが、近所の犬や猫の世話も一手に引き受け、近くにあった宮崎大学の農学部(4歳から4年間を九州の宮崎県で暮らした)の馬小屋に入り浸り、頭にワラをつけて歩いていた。あとから母親に聞いたのだが、「今日子ちゃんてちょっと匂うのよね」と近所で言われていたそうだ(笑)。しかし大好きな動物と自分の食べているカツやとりの唐揚げとは結びついていなかった。 

泣いているジュリアを見た時、彼女のような環境にいたら菜食主義になるのではと思ったが、今の所、いつもおいしそうに肉料理を食べている。動物は心底かわいがる。そこが彼女と食べ物の健全な関係を表しているように思う。(菜食主義が不健全と言っているわけではないよ) 

田舎に暮らすようになって、自分の食べているものは何からできているのか考えるようになった。以前もそりゃあちょっとは考えていたが、実際に畑や野で採れるもの、家畜を解体して作る料理は、素材の味を最大限に活用し、ごちゃごちゃと余計なものを入れなくなった。マヨネーズもケチャップもウスターソースもブイヨンも、変なサラダドレッシングも、もう何年も買ったことがない。私にとってはおいしいものを食べてうれしいと思うことは、自然との関わりを密接にしているのだ。


1週間お付き合いくださいまして、ありがとうございました。また、新しい場で書く機会を与えて下さった私と同じ名字の朝田くに子さん、どうもありがとうございました。 


posted by LJ21 at 09:35| Comment(1) | TrackBack(0) | イタリア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

東京都 三橋彩子 1日目

はじめまして。東京生まれ&育ちの三橋彩子と申します。
私はいつも2種類の名刺を持ち歩いています。ひとつはグラフィックデザイナー 三橋彩子。もうひとつはサルサダンサー・インストラクター Ayaです。「一体どっちがやりたいんだ、お前はァ!」と叱られてしまいそうですが、今のところどちらかの職業を辞めることは考えていません。
どちらも私にとって大切な大好きな職業なのです。

「今週の私」というタイトルですから、毎日の出来事を綴るのがよいのでしょうが、私の場合はLJや日本の各地とのかかわりについて過去を遡りながら、書いていきたいと思います。

今日は私が学生の時の話しです。

BTH2528673_0B.jpg


続きを読む
posted by LJ21 at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。