2006年07月06日

新潟県新潟市 関田隆弘 3日目

新潟の食ブランドって??

みなさんは、新潟と聞いてイメージするものって何ですか?
米、水、酒、雪、拉致、地震・・・こんなとこですか。
先日、新潟のリサーチ会社が行ったアンケート結果が発表されました。
青森から福井までの日本海沿岸7県の中で、「住んでみたい県」「行ってみたい県」「その県の魅力(自由回答)」を問うものでした。
住んでみたい、行ってみたいが上位だったのは意外(県庁職員としての本音)だったのですが、もっと驚いたのが、その県の魅力として挙げられたもの。
食に関してはもちろん、おいしいお米だとか海産物といった回答は多かったのですが、何が驚きかって、他県の結果と比べて決定的だったのが、「固有名詞」が出てこないんです。
お米にしても、せいぜいコシヒカリ。「魚沼コシ」とか出てきません。

続きを読む


posted by LJ21 at 09:58| Comment(3) | TrackBack(0) | 新潟県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新潟県新潟市 関田隆弘 3日目

新潟の食ブランドって??

みなさんは、新潟と聞いてイメージするものって何ですか?
米、水、酒、雪、拉致、地震・・・こんなとこですか。
先日、新潟のリサーチ会社が行ったアンケート結果が発表されました。
青森から福井までの日本海沿岸7県の中で、「住んでみたい県」「行ってみたい県」「その県の魅力(自由回答)」を問うものでした。
住んでみたい、行ってみたいが上位だったのは意外(県庁職員としての本音)だったのですが、もっと驚いたのが、その県の魅力として挙げられたもの。
食に関してはもちろん、おいしいお米だとか海産物といった回答は多かったのですが、
何が驚きかって、他県の結果と比べて決定的だったのが、「固有名詞」が出てこないんです。
お米にしても、せいぜいコシヒカリ。「魚沼コシ」とか出てきません。

新潟に来られたことのある方は思い出してみていただきたいのですが、具体的に「これがおいしい」「あれがお奨め」「どこそこに行ってみるといい」といった話を聞いたことがありますか?
反対に、「だいたい何でもおいしい」「こんなもんしかないけど(特別変わったもんはない)」というリアクションには心当たりがあるのでは?
特に新潟市など、街のほうに来られた方は経験されていると思います。

実は私自身も、県外からお客さんが来られると頭を悩まします。
1泊で来られて、お酒を楽しみながら新潟のうまいものをつまみたい、とか、お酒を買って帰りたい(自分で飲みたい、贈り物にしたい)けど何がお奨めか、など。
お酒というのは好みがあるから奨めにくいという意味なので別として、「食」ですよね。

いや、あるんですよ、新潟固有のもの・全国にあまりないもの。
のっぺい(汁)、わっぱ飯、舞茸、ズワイガニ、甘エビ、ノドグロ焼き、佐渡寒ブリ、鮭の酒びたし、枝豆(黒埼茶豆、弥彦娘)、十全なす浅漬け、ジャンボ油揚げ、カキノモト(菊の花)等々。
同じ食材でも、特定の産地とか、加工している業者さんとか、食べさせてくれるお店とかで、「ココ!」ってのも出てくるわけですが、どうしてあまり知られてないんでしょう?というか、うまく発信されてないんですよね。
口コミとかはあるけれど、大勢に向けて発信されていない。発信されていたとしても、誰に向かって発信してるのか曖昧だから伝わらない。言い換えると「ブランド」になっていないということでしょうか。

新潟県では、農林水産物のブランド化戦略に取り組み始めました。
ですがですが、特に海産物なんか、どれだけおいしいかって想像できます?
海があるからおいしいでしょ?って、そりゃ、海があれば魚くらいいますわ。
日本海の冷たい荒波でもまれて、身がしまる・脂がのる、まあ、それはあります。
実は私たち新潟の人間も、本当においしい地元海産物って、あまり口に入ることがないんですよ。いいものはほとんど築地に送られて、高級料亭とかにまわっちゃうんです。
ブランド化戦略も、簡単に言えば「地元にたくさんお金を落とす(残す)」ための手段なので、要は知名度を上げてお金持ちにたくさん買ってもらおうと。そんなことしてたら、ますます地元にはまわってこないし値段も上がりますから、一生活者、地元グルマーにとってはありがたくないですね。

ということで(どういうことで?)、
新潟の海産物がお目当てであれば、漁師さんがやってる民宿
ごはんがお目当ての場合、農家民宿と銘打っていても、つくったものは全量農協出荷で、買ったお米を出しているようなところもあるようですので、リサーチが必要です。
ホント、おいしいごはんにありつくと、おかずいりませんもの。
ごはんがうますぎて、せっかくのお料理まで手がまわらない(胃袋が追いつかない)なんて、もったいない民宿もありますし。
私も新米を某所から入手すると、ごはんだけで一膳いっちゃいます。

ごはんと言えば私、タマゴごはんが大好きです。あつあつのご飯に生卵と醤油かけていただくやつ。
新潟の小さな温泉宿で、究極のタマゴごはんを食べさせてくれるところもあります。テレビで紹介されたこともありますよ。
我が家には、島根県から、タマゴごはん専用の醤油が届きました。地域の特産として開発したもので、注文してから3か月かかりましたよ。
新潟でどうしてこういうことやらないんでしょうね・・・

posted by LJ21 at 09:51| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。