2006年09月25日

沖縄県竹富町 飯田泰彦 1日目

《ごあいさつ》

みなさん今日は。「NPOたきどぅん」の飯田泰彦と申します。学生時代から沖縄で暮らし、やがて20年。この2月からは、歌と踊りに憧れて竹富島で暮らし、NPO活動をしております。今日から一週間、おつきあいのほど、よろしくお願いします。

NPOたきどぅんは、島の豊かな文化遺産を管理し、島人の生活に生かしていこうという目的で、2002年に設立されました。「たきどぅん」という言葉は、竹富島に古くから伝わる歌謡などによく出てくる語で、「竹富島」という意味です。
NPOたきどぅんの活動の詳細はホームページでもご覧になれます。

《竹富島の位置》

竹富島は隆起サンゴ礁からなる周囲約9キロメートルの小島で、日本最西端・最南端を含む、八重山諸島のなかのひとつです。北緯24度、東経124度に位置します。島の民謡「しきた盆」では、石垣島の真正面に据えた、まん丸のお盆にたとえられています。
英語には素晴らしい表現があるもので、「竹富島のことをいつも心に留めておいてください」というとき、「To put Taketomi island on the mental map…」というそうです。つまり、竹富島を心の地図に載せてください、というのです。心憎い表現ですね。
ところが、実際の地図を広げてみたとき、竹富島をはじめ、八重山諸島は、日本辺境の地ということからか、ページの端っこの枠のなかで、隔離されるように収まり、窮屈そうです。

ちょっと視点を変えてみましょう。

taketomijima.jpg

写真は、竹富島を中心に置いた地図です。

taketomijima2.jpgこれはNPOたきどぅんの事業のひとつとして管理・運営する、西表国立公園竹富島ビジターセンター「ゆがふ館」の展示パネルです。

これを見るたびに、島々の位置関係、距離感、また、いかに日本列島が南北に細長いかを実感します。ここで距離を確かめると、もっとも近い外国である台湾まで、200kmあまりです。本州最南端の鹿児島県までの距離は、約1000kmですが、南へ目を向けると同じ距離にマニラがあります。大陸へ視野を広げてみると、上海や香港も1000kmの範囲なかに入ってしまいます。

続きを読む


posted by LJ21 at 23:45| Comment(3) | TrackBack(0) | 沖縄県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これまでご参加いただいた方々

ローカル・ジャンクション21が企画・運営している「今週の私」では、毎週、全国各地でさまざまな取り組みを行っている方々に1週間だけ日記を書いていただいています。

2004年1月から開始しました。
これまでご参加いただいた方々のリストはこちらをご覧ください。

2006年

2005年

2004年


posted by LJ21 at 11:29| Comment(0) | TrackBack(0) | これまでの参加者一覧 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

十日町市中里地域 高橋剛(7日目)

大地の芸術祭を紹介してきた私のブログも、いよいよ今日が最後の7日目になりました。
(仕事と遊びから帰った後、寝る前にブログをアップしていたため日付をまたいでしまいまして、すみませんでした。)

今日は、大地の芸術祭を離れて、私の地域づくり活動において、影響を与えてくれた出来事のお話をしたいと思います。

続きを読む
posted by LJ21 at 00:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 新潟県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。