2006年09月27日

沖縄県竹富町 飯田泰彦 3日目

 今日の「素足で感じる竹富島ツアー」の参加者は5名。写真は「ゆがふ館」の前での記念撮影です。

《見習い・聞き習いの会》

昨夜は、午後8時30分から、アサイヤ(阿佐伊屋<屋号>)において、「ミーナライ(見習い)・シキナライ(聞き習い)の会」がありました。この会は毎週火曜日に有志が集い、テキストを読みながら、お互いに見習い・聞き習いして、竹富島を学ぼうというものです。この日の出席者は5名。少人数ながら内容の濃い学習会となりました。

テキストは、2005年3月に発行された『竹富町史 第10巻 資料編 近代T』。これは、喜宝院蒐集館(島の民俗資料館)の、上勢頭亨氏が収集した歴史資料を編集したもので、明治30年代の行政や島人の暮らしを知るうえで、欠くことのできない資料です。
現在はこのなかに収録されている「村日記」を読んでいます。昨夜は明治38年6月8日から7月12日までを読みました。

続きを読む


ラベル:竹富島 種子取祭
posted by LJ21 at 20:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 沖縄県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。