2006年10月09日

東京都品川区 渡邉 尚 1日目

コンニチハ
はじめまして
トージバ渡邉と申します。

この度はご縁を頂き、「ローカルジャンクション21」さんのブログに投稿させて頂く事になりました。
皆様ヨロシクお願い致します。
さて、一回目は簡単な自己紹介とわたくしたち特定非営利活動法人トージバについてのお話をさせて頂きます。

トージバは都市と農山村をむすぶことを目的とし、「食」と「農」をキーワードとしています。
農村部では東京近郊の遊休耕地 で都市生活者が身近な農作業をはじめていく「はじめる自給プロジェクト」大豆レボリューションや、都市部での情報発信の「場」として休業中の銭湯 や都内のカフェや公園を使ったマーケット等の「コミュニティカフェプロジェクト」などを行っています。

「トージバ」には、日本の文化である「湯治場」の様に、多様な価値観を受 け入れ、様々な人が交流できる「場」を日本のあちこちに増やそうという思い がこめられています。「湯治場」とは、農閑 期の農家さんがお米などを持ち寄り ながら温泉場に長期滞在し、湯につかって病気などを治す場所のこと。
学生時代は国内外へ旅ばかりしていたわたくしはどの国に行っても、モスク、
市場、カフェなど、多様な人種・習慣・価値観・生き方をもった人が集まり、見ず知らずの自分 を受け入れてくれる「場」があっ て、人間を育む上で大事な場所だと感じて た。 大学を卒業して企業に勤め、転勤先の東北で訪れた「湯治場」が、海外で出会 ったそのような「場」と重なった。
 
トージバでは「半農半X」というライフスタイルを提案しています。「半農 半X」というのは、「農」と関わりがある暮らしをしつつ、自分の好きなこと =「X」をして生きること。半農半歌手、半農半ライター、半農半デザイナー など、「X」の部分は人それぞれです。九州に転勤した時、まだ「半農半X」 という言葉もなかった頃ですが、最低限の現金は陶芸の仕事で得て、 焼き物が 売れなくても自分達で作った米や野菜があればが家族はなんとか食べられると いう生き方をしている人達と知り合って、自分も企業の中で生きていくより、 そういう風に生きたいと思いました。
続きを読む


ラベル:半農半X 大豆
posted by LJ21 at 11:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。