2006年11月11日

福井県池田町のまちづくり 7日目 溝口淳

とうとう、最終日がやってまいりました。
1週間お読みいただいたみなさん、
本当にありがとうございました。

おわかりいただけたと思いますが、
福井県池田町は、元気〜に頑張っています。

今週ブログに参加していただいた方以外にも
池田町には、個性ある仲間がいっぱいいます。

池田町外の人によく聞かれるのですが、
どうしていろんなことがそんなにできるの?と。

「食Uターン事業」「エコポイント事業」などの環境分野、
「こっぽい屋」「ゆうきげんき正直農業」などの農業分野、
福祉の分野でも、医療と福祉と保健分野を総合的に取り組んだり、
いろんなことに取り組んでいます。


私は、一つの表現として、
「百匠一品」(池田町長の言葉)
と言えるのではないか?と思っています。

この意味は、まず、
「一人ひとりができる技・商品は小さくとも、
 持ち寄ることが魅力ある仕組み・物になる」
という意味。

作るものは、ダイコン、にんじん、米、木工品で
少量しかなく、一村一品にはなりません。
でも、100人が匠の品を持ち寄った「こっぽい屋」は
大きな魅力を放っています。

例えば、スーパーよりも雑貨屋の方が、
何があるんだろう?とワクワクして
買い物するのが楽しいですよね。あれです。
人のもっているさまざまな匠そのものの価値もあるし、
集まることでの相乗効果もまた価値になっているんだなと
思います。

次に、
「一人のできる力は小さくとも、持ち寄ることで大きなことができる」という意味。

環境Uフレンズがやっている生ゴミの回収事業も、
実際は3ヶ月に1度、半日トラックにのってドライブするだけです。
(ドライブだけとはちょっと語弊があるかもしれませんが)

でも73人が集まれば、年末年始も休まず、月・水・金の週3回、
生ゴミ回収ができるのです。

最後に
「みんなの気持ちを一つにすることで、素晴らしいことができる」
という意味。

松井委員長が熱く語ったエコキャンドルイベントでは、
町民みんなが知恵をしぼり、力をあわせることでできました。
池田町の環境プロジェクトは、それぞれのプロジェクトが
縦横につながっているから、続いているのです。

百の力、技、心を持ち寄ることで、価値あるものができる。

人口が少なく、地域資源も一見少ない町が
こうして元気な秘密なのかなと思っています。

今、まちづくりは、
行政が何をするのかというステージから、
地域(暮らし、経済、行政などのすべての総合)が何を
生み出すことができるのかというステージに移りつつありますが、
持ち寄る力のある池田町はまだまだ元気です。

行政は、地域をよくするための「手段」である以上、
地域の主体である人々が、どういう町を期待するのかによって、
合併の問題は語られるべきというのが私の意見ですが、

地域の未発掘の価値をこれからも発掘し、
つなぎあわせ、もちよって百匠一品のまちづくりをする池田町には
当面、必要のないことなのでは?と
感じているところです。

ようやく一週間のブログを終えられそうです。
いろんな個性ある人が持ち寄った、
まさに「百匠一品」でつないでいた池田町の今週ブログは、
これでお開きにさせていただきます。

ありがとうございました!



ラベル:福井県 池田町
posted by LJ21 at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 福井県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福井県池田町のまちづくり6日目 松井靖明

前編からつづきます。。

★実行委員長に任命
そこで迎えた今年2回目 私、
僭越ながら私、実行委員長に任命されました。

とは言うものの昨年は形ながら副委員長をやってました。
それとなく予感はしてましたけど (^^;) 。
(私の予感は当たります。)

一方で、昨年抱えてた「不安」は全く感じませんでした。
というより過剰と思えるかもしれませんが

「ここでしか出来ない、このメンバー(町民)じゃないと出来ない」

という確信の方が大きかったかな。
だからこのような大役を受けました。

★それで今年はどうだった?
今年は昨年よりさらにパワーアップし、
3万本にチャレンジしました。
(詳しくはHPをみてください!)

今回は、数量も昨年の3倍となり、
町内のリサイクル品では対応しきれず町外からも応援していただきました。

たとえばロウソクの芯を支える牛乳瓶のフタ。
3万ともなると、とても町内の学校機関では回収不可能で
近隣の小中学校に応援していただきました。

町内外の皆様に支えられて初めて実行できることなんだなあと
改めて実感。
大変嬉しく、また、多くの方々に期待されていると実感しました。
スタッフをはじめ、みんなが力を合わせました!
その様子は、こちらから・・


キャンドルの当日は、
巨大な火の文字、
グループアートのコーナー
幸せのキャンドル(ラブキャンドル)

などなど盛りだくさん。
キャンドル2.jpgキャンドル1.jpg
前頭でも申しましたが、
このイベントは多くの方々によって支えられています。
その御厚意は、決して無駄にしたくありません。

「ムダにしない」は環境団体に少なからず属している私の意地です。

★来年は?
もし・・・、
もう一度 皆様の御尽力、御支援が得られるのであれば
是非チャレンジしたいです。

「今年で最後」となると心のどこかに「もどかしさ」を感じます。
(ああすればよかった、こうしてみたらどうだったか?と
 いろいろ思うんです・・・)

ある方から「完璧を求めても難しい。」 と言われました。
当然、我々も人間ですからそれは求めませんし、
重々承知しています。

しかし、少なからず「理想」を求めてしまいます。
無理や難しいことを承知で、挑戦するのは、
人として、まちづくりに関わる人にとって、
悪いことではなく、むしろ必要なこととも思います。

今回の反省点を踏まえて
来年は「よっしゃ〜〜〜〜!」と
成功の雄叫びをあげたいですね。

皆様から今回頂戴したアンケートの内容には、
「さすが池田・・・」から始まる文章をよく見ます。

それを見ると 次はもっと とか次回への活力につながります。

来年、期待してください。
そして、このブログをみていただいた
みなさんも、是非お越し下さい。


最後に、身内ネタですが企画委員のYさん(女性:??才)
来年は予感しておいて下さい。
(私の予感は当たります o(^v^)o )
posted by LJ21 at 11:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 福井県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

福井県池田町のまちづくり 5日目 松井靖明

みなさん、こんにちは。今日は、昨日の清水さんから
バトンをうけた、私、松井靖明からお話させていただきます。

私は、今年2回目の開催となった
「いけだエコキャンドル」実行委員長をさせていただきました。

★「エコキャンドル」とはなんぞや?
 これは、家庭で不要になった天ぷら油を固めて作ったロウソクの
ことです。これを、町内で一斉に点火するイベントが
いけだエコキャンドル」です。

★「いけだエコキャンドルイベント」について!
 イベント実施メンバーは町内の環境団体(2団体で約100人)で
構成されていて、みんなの力を合わせてイベントを運営しています。
 一昨年 初めてイベントを行った時、ロウソクの数の目標を
なんと1万本!
に設定しました。

 「最初から1万本〜?」
 「出来っこねぇ〜」
 「ホントに1万本作るの?」

というメンバーの声大きく、不安・不安・不安の日々・・・。

★不安から期待へ!
しかし、準備が進むに連れて、
自分が抱えていた気持ちが 「不安」から「もしかして」と
変化していった事は今でもはっきりと覚えています。
 振り返ると、自分自身が変わったのかもしれません。

★いよいよ当日
まず、1万本の灯りに「感動!」、
そしてそれ以上に、
池田町民の持つマンパワーに「感動!!」しました。
感動

人口 たった3,500人の町、
それこそ保育園児からお年寄りまですべてに至る
町民の協力なしでは実現出来ませんでしたから。

私、三十?年間3?年 池田に住んでいますが、
町民のマンパワーを これほどまでに感じ取ったのは初めてでした。
(何度も言うようですが、こればかりは味わった方々しか分りません。)

とここまでが前置きです。(長過ぎですいません・・・)

本論は、あとにつづきます。。。。

posted by LJ21 at 11:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 福井県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。