2006年11月29日

石川県金沢市 宮本日佐美 3日目

■干物は保存食
 何年か前に、実家から送ってもらった「小アジの開き」を食べた。それまで、干物が特別おいしいと想ったことはなかったけれど、送ってもらったモノは変な臭みもなく、塩分もほど良くおいしかった。母に聞いてみると、父が釣ってきた新鮮な魚を母がすぐ開きにして干したらしい。新鮮なこと、当たり前だけれど・・。
 市販されているモノは、売れ残った鮮魚を干物にする場合もあるようで、鮮度はずいぶん低いものが多い。塩分も多いし、いろいろややこしい保存料も入っていたりする。
 不安なら、不満なら自分で作ったらええやん。食べることに労力を惜しまない私は、そう考えるととりあえず実行することにしている。これも余裕の時間が生まれたおかげ・・感謝。

<ワタシ流 干物のつくり方>
 (1)新鮮な魚を買ってくる
 (2)魚の内臓をとり出し、さっと洗う
   開きにするか、丸干しにするかは魚の大きさ(厚み)や
   お天気の状況で臨機応変に
 (3)(2)を2-3%程度の塩水に1時間ほど浸す
 (4)(3)をとり出し、ペーパータオルで水分をとる
 (5)網に並べて、外へ干す
   あるいは、バットにペーパータオルを敷き、その上に魚を並べ
   密封状態で冷蔵庫へ入れておく
 外へ干した場合、お天気次第で一夜干しでも食べられる
 冷蔵庫の場合でも、2日ほどでOK

とにかく、お試しあれ

<ワタシ流 干物の保存のしかた>
 だいたい干物は多めにつくる。だから、保存も考えないと・・
 できあがった干物は数日のうちに食べる分は冷蔵室へ、それ以降に食べる分は小分けにして冷凍室での保存がオススメ。
うちの晩ごはん 今日は手抜き・・かも


posted by LJ21 at 23:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 石川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。