2006年12月06日

秋田県北秋田市 3日目 鈴木奏子 「食のつどい」

 こんにちは。みなさんも忘年会シーズン真っ只中ですか?私は、今月は8回の忘年会が予定されています!!カラダが続きますかね・・・(笑)しかし、メンバーが毎回違いますし、秋田の人は(私も)本当に飲むことが好きだし、そしてなりより、一緒に飲む人がいるということはうれしいことだと私は思っています。いろんな人と飲んで話をしながら、元気をもらったり、発見があったり。

 さて、前置きが長くなりましたが、17年度に行った「食のつどい」(16年度の食の祭典の継続)を紹介します。

 森吉山のふもとには、阿仁地区(旧阿仁町)と森吉地区(旧森吉町)があります。歴史的な面や観光の面でも、今まで両地区が一緒に取り組んできたことが多くありました。そして、17年3月の町村合併により「北秋田市」となったこともあり、阿仁で行われていた食の企画を、ぜひ森吉地区でも開催できないか、地区が違えば料理も違うはず・・・。
 このようなことを踏まえながら、2つの地区それぞれで開催しました。

 17年1月28日(土) 『ふるさと☆食のつどいin森吉』
 森吉地区全体として、このような開催は初めてだったようですが、チラシを配布して女性団体や公民館を通じて呼びかけをしたところ、たくさんの地域の方々が参加してくださいました。
 風呂敷包みを持ったお母さんたちが続々と会場に入ってきてきます。受付では地元スタッフや県内にある国際教養大学の学生が、料理の名前や作り方の聞き取りを行い、料理の写真を撮り、テーブルに並べていきます。

 料理は54点集まり、参加者全員で料理の試食を行い、地元の方々から料理の紹介や大学の先生や学生から感想をいただいりしながら、和気藹々と食での交流が行われました。

 「ほほーなるぼどー」の料理がありましたよ↓

 岩魚のバッテラ寿司1.jpg
 門谷勝子さんの『岩魚のバッテラ寿司』
 鯖を使ったものはありますが、岩魚を使ったバッテラ寿司にはみんな驚きと興味が集まっていました。森吉・阿仁は川がキレイで岩魚が獲れるので、作ってみましたということです。
 実はこの寿司、食のつどいがきっかけで、国民宿舎森吉山荘で提供しています!食のつどいの効果がこうして表れているのは、うれしいですね♪


 みずの親子漬1.jpg
 土佐イツさんの『みずの親子漬』
 山菜のミズとミズの実を塩と刻みしょうがで漬けました。ミズとミズの実はそれぞれで他に食材を入れて漬けたりしていますが、親子として漬け物になったのは新しい発見!ネーミングもいいですよね。
続きを読む


posted by LJ21 at 14:23| Comment(1) | TrackBack(0) | 秋田県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。