2006年12月10日

秋田県北秋田市 最終日 鈴木奏子 「私の食とこれから」

 こんばんは。今日の阿仁、午前は天気よかったのですが、午後からはチラチラ雪が降ってきていますが、昨年の大雪に比べたら、今年は落ち着いています。
 テレビでは、もうすぐやってくるクリスマスについて、盛んに紹介されていますよね。先日、新聞と一緒に北秋田市内のおもちゃ屋さんのクリスマス商品の広告が入っていたのを見て「あー、なつかしいなあ☆」って思いました。というのも、小さい頃、毎年入ってくるこの広告を見て、「今年はこれがほしいなあ。けれど、こっちのもほしい」と1人でワクワクしていたのを思い出したのです!!
 私が小さい頃ほしかったものは、子供用の編み物機でしたが、サンタさんはとうとう最後までプレゼントしてくれませんでした・・・。多分、アピールが足りなかったのでしょう(笑)

 前置きが長くなりました。
 さて、私のブログも今日で最終日となりましたが、阿仁のこと、食、秋田県の取り組みなどを、私なりの言葉で紹介させていただきました。

 私が「食」へ関心を持つきっかけのひとつとして、仕事では、前に勤務していた農林課で、農村生活研究グループの事務局を5年間担当していた時に、地域の農家のお母さんたちと一緒に、県内各地を研修したり、勉強する中で得られたことや感じたことなどがあったことにあります。その頃は、直売所や加工所の設置、家庭からでる生ゴミをEM菌と混ぜたEMぼかしを使った循環型農業への取り組み、海外での農薬問題等から地元で採れたおいしい野菜を学校給食へ提供、グリーン・ツーリズム、地域料理の再確認など様々なことに取り組まれていて、女性の起業活動が目覚しく、毎年勉強させてもらいました。

 もうひとつとして家庭では、母の存在です。母は私が小さいころは専業主婦でしたが、大きくなってからはちょこちょこ仕事をしながら、私達のために毎日料理を作っています。私も姉も小さいころから母の手作りの料理を食べていて好き嫌いもほとんどなかったし、親戚が来た時やお盆や年越しやお正月なども、料理を振舞っているのを見ているので、「食」というものが自然に自分の中にありました。
 そういう影響からなのでしょうか、私の趣味がお菓子作りで、小学校の高学年からやっていました。お菓子づくりをするきっかけとなった、家の光協会の「家の光」の別冊の「やさしいお菓子づくり」は今でも大切にとっています。もし、今のこの仕事をしていなかったら「お菓子屋さん」今の言葉で言ったら「パティシエ」になっていたと思います(笑)

 昔の農家の女性の方々は、家の外でも中でも家族のために一生懸命働き、控えめで、謙虚でしたが、直売や加工に関わることにより、お母さんたちも農業経営についてお父さんたちと対等に、そして自分たちで収入を得ることで喜びや自信につながり、活き活きと取り組んでいる姿を見て、「お母さんたちいいなあ」そう思いました。
 今までなかなか日の目に当たることが少なかった女性の方々が、地域のさまざまなことに取り組むことによって、お父さんたちや家族も協力、地域の中でも元気。女性のパワーはすごい!!

 続きを読む


posted by LJ21 at 19:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 秋田県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。