2007年05月14日

フォトメッセージマガジン『日向時間』 藤木テツロー1日目 【宮崎県高千穂町】

初めまして、フォトメッセージマガジン『日向時間』という写真雑誌を、宮崎県の高千穂町という山村から発信しております藤木テツローと申します。どうぞ、宜しくお願い致します。

まず始めに、私の仕事であるフォトメッセージマガジン『日向時間』を中心にこの一週間が回っていきますので、この雑誌の趣旨についてご説明させていただきたいと思います。

『日向時間』とは宮崎の言葉で、のんびりしていると言う意味も含めて『時間にルーズ』という意味として使われます。しかし、時間とは何なのか?何のためにあるのか?と、考えた時に、人間が決めた『時間』というものを寸分違わず守れるのは、人間が造り上げた機械的な世界の中だけのことであり、機械的な世界に流れる時間と、自然の中で流れる時間とでは、そもそも時間軸が違うと考えます。

宮崎は百姓の国です。台風の日に草を刈る人はいません。雪の降る日に種を蒔く人はいません。宮崎に住む私たちの祖先は、季節の変化を敏感に感じ取り、その日の天候、その時々の自然環境に合わせて、ひたむきに働いて生きてきたのだと思います。すなわち『日向時間』とは、自然に寄り添って生きる宮崎の生活のリズム『郷土の時間』だと思いが至るようになりました。

凄まじい速さで進む現代の社会の中で、目先の効率化と合理化は、私たちの暮らしの土台である自然をも飲み込み、数多くの伝統と文化が遠い過去の遺物となってしまいました。村々は発展してきたのではなく、衰退の一途をたどってきたように思います。それでも宮崎には、脈々と流れる『日向時間』の暮らしの中で、豊かな自然、伝統と文化が息づいています。そういう時間をしっかりと紡いできた人たちがいます。大切なものが見えにくい現代にある今こそ、『日向時間』再考のとき。大切なものが何なのかということをしっかりと見つめていきたいというのが、フォトメッセージマガジン『日向時間』の趣旨でございます。

具体的に中身についても、触れたい所ではありますが、一週間ありますので、おいおいということで宜しくお願い致します。

さて、それでは『今週の私』について、さっそく入らせて戴きたいと思います。

今日は、ローカルジャンクション21の理事もなされております、森千鶴子さんが、直々に私のご指導に参られました。と、言うのは半分冗談で、高千穂町の隣町にあります五ヶ瀬町の宮崎茶房というお茶農家に一緒に行って来ました。私は宮崎情報発信『パワナビ』というインターネットサイトのレポーターもしておりますので、その取材もかねてであります。
続きを読む


ラベル:宮崎県 高千穂町
posted by LJ21 at 22:44| Comment(3) | TrackBack(0) | 宮崎県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。