2007年05月24日

こうち暮らしの楽校・松田高政 4日目

鰹の新節けずり

今日は、午前中に鰹節の工場「竹内商店」に、午後からはハムやソーセージの燻製工房「すずめ燻製工房」に見学と、新たしい商品開発のお願いに行ってきました。
午前中の鰹節工場は、最近、「たべごろまんま」というテレビ番組に出たらしく、その反響が少し尾を引いたような感じで忙しくしていました。
竹内商店:http://www.m-ys.co.jp/takeuchi/
カビがびっしりついた本枯の鰹節の表面を削っていたり、少しやわらかい新節をスライスしたりと、まわりは鰹節のいい香りが充満していました。

午後の燻製工場は以前から知っていて、障害者の作業所が運営しています。ハムやソーセージに使用する豚肉や塩にも相当こだわっていて味わい深く、無添加で安心・安全です。
すずめ燻製工房:http://www.joho-kochi.or.jp/johosi/0608/konomise.html

今日はこの2つの生産者に既存商品をお店で売らせてもらいとお願いし、さらには新商品開発として、鰹節は新たに作るふりかけの原材料に、また、燻製ものは新たに高知の牛肉を使って本格的なビーフジャーキーを作ってもらうことをお願いして帰りました。

高知県内にある既存のものもどんどん掘り起こしていきますが、新たなものを生み出す力も必要です。「自分が食べたいものを作ってもらう」という最高のぜいたくを商売にしようとしていますが、どうなることでしょうか。まあ、「どうせつくるなら」とことんこだわる性格なので、きっとシンプルかつマニアックなものになるでしょう。はやく試作品を作りたいという気持ちがうずうず動いています。



posted by LJ21 at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 高知県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。