2007年06月03日

北海道佐呂間町 安永淳 6日目

今日は、トップファームの奥さんからホタテの稚貝の「おすそわけ」です。この時期、サロマ湖内で養殖していた2年目の稚貝をオホーツク海に放流するそうです。この放流からもれた稚貝が私のところへやってきました。
茹でて身を取り出し、混ぜご飯、酢の物を作りました。茹で汁で蕪と人参を煮ました。
頂きものリストに書き留めました。佐呂間で暮らしはじめて、このリストは一杯です。

4回目の登場は、どこでしょうか。今から楽しみです。
では、みなさん。お元気で、さようなら


ラベル:北海道 佐呂間町
posted by LJ21 at 22:50| Comment(5) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

北海道佐呂間町 安永淳 5日目

今日、トップファームの奥さんから祝島の枇杷をいただきました。氏本農園の氏本長一さんからの斡旋です。氏本さんは「今週の私」の4月30日から登場されました。
トップファームは、氏本さんが以前お勤めだった宗谷肉牛牧場とお取引がありました。氏本さんが祝島に戻られても、いまだにお付き合いがあります。
九州育ちの私には、懐かしい味でした。学校の帰りの雑木林で枇杷をほおばり、決まってお腹を壊してしまう思い出です。
前回食べた記憶がないほど久しぶりの枇杷でした。もちろん、祝島の枇杷でお腹は壊していません。念のため。

佐呂間に来て果物を味わうのは、「おすそわけ」がほとんどです。青森からの林檎(リンゴジャムにもしました)、愛知からの八朔、九州からのイチゴや柑橘などです。
食すとき強く感じるのは、その土地の景色や空気や水や土を一緒に食べてるんだ、と。
そして、贈る人の気持ちです。こちらに語りかける顔が見えます。
通信販売の産地取り寄せでは味わえない、「ありがたい気持ち」になります。

三年前に、地元学協会事務局長の吉本哲郎さん、その後、民俗研究家の結城登美雄さんに会う機会を得ました。
当時私は、会社経営の傍ら地元の観光協会事務局長を非常勤で引き受けていました。
お二人からそれぞれ得たものは、大きなものでした。
それまでにもまして、自分の地元を強く見るようにもなりました。
また様々な土地にも行きました。大規模な肉牛生産の現場は多少知っていましたが、普段の農業や漁業などの現場を知ることができました。それまでの私の見かたや感じ方が変わったと思います。
その延長で、地元の漁協の組合長を経験することができたと思います。
友人には、わかりづらいと不評でしたが、「海と食卓をつなぐ」を組合長としての抱負としました。任期中に見える形での実現は困難でしたが、きっといつか実現できると信じています。
しかしながら、当時から気になっていたことがあります。続きを読む
posted by LJ21 at 13:35| Comment(2) | TrackBack(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。