2007年06月20日

宮崎県宮崎市 児玉健作 3日目☆

第3日目です。着物暮らしがどうスローライフと関わるのか、前回の最後で少し触れました。その中で、自分が実際に感じたところをご紹介していきたいと思います。

◆四季の移ろいを感じる
 春夏秋冬それぞれの時期に応じた素材や形式別の着物があり、それぞれの組み合わせにより季節を味わうことが出来ます。また、柄や模様・小物によって季節感を演出することは着物の大きな楽しみの一つです。
例えば、四季を通じて好まれる桜ですが、花見のときの桜模様は格別ですし、七夕のときの星をかたどった小物。中秋や仲秋の観月の折に、ウサギの模様など。最近ではハロウィンやクリスマスにちなんだ柄なんかもあったりして、コーディネートの妙を楽しませてくれています。
その時そのときの「らしさ」を意識することにより、自然や気候・また文化との調和を体感することが出来て、無理のかかった「季節外れ」すなわち人工的な、旬以外に供される食べ物ではなくその時期のものを愛でることにより自然との一体感を味わえます。

◆古人の知恵を受け継ぐ
着物に親しむことと、切り離せないのが日本の伝統的な「知恵」との接触です。おばあちゃんの知恵袋や、最近では「風呂敷」のようなエコロジーとされる工夫も、着物暮らしではいち早くその生活に取り込んでいます。便利なものは、例え着物から離れたとしても、いつしか身に付いた知恵になるものです。
身振りや仕草、作法といったものも特に習い事をしなくても自然と身についてきます。これはちょっと自分でもびっくりするぐらいでした。
不便さを嘆く前に、それを越える知恵を磨くことが出来るのも、思わぬ収穫になることでしょう。

◆歩くこと
 着物は歩きにくいという先入観があるようです。総じて活動的ではない、と。ここでビシッと反論しておきましょう。
着物を動きにくいものにしてしまったのは、近代に、いやここ50年ほどの着物文化に原因があります。結論から先に申し上げますと、
「着物を着ていても野球ぐらいは出来ますよ」
というところですね。
ちょっと逆説的な話になりますが、昔(明治以前くらいですか)の人は、皆おとなしくきちーんと端座して、お行儀良くしていたでしょうか?
そんなはずはありませんよね。自然を友としながら、それぞれの地域で働いて、涙して笑って、時に喧嘩もしながら、生きていたはずなんです。



蓮屋 hasunoya http://hasunoya.atukan.com
はすのやにっき http://ameblo.jp/hasunoya/


ラベル:着物 季節
posted by LJ21 at 23:59| Comment(4) | TrackBack(0) | 宮崎県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。