2007年06月29日

月刊むすぶ編集長 四方哲 京都府京都市 5日目

6月28日。

 いつもは、本の行商、集金、お話を聞いて回るなどで出歩いているのですが、今週はあまり仕事場を離れることはありません。夏場、外回りは中々つらいものです。まず暑い。特に関西の暑さは、まとわりつくように全身を包みます。

 京都市内の中心部に残る古いお家は、俗にゆう「うなぎのねどこ」です。奥行きを長くして風の通り道を作ります。そして外からは見えないところに小さな庭があります。今はどこの家にもクーラーがありますが、これがまた蒸し暑さを増加させます。

 夕方、印刷所に原稿・版下を届けるため自転車で走っていました。今、東山区の一番、南にいます。ここは、ちょっと行くと映画「パッチギ」の撮影があった地域です。在日韓国・朝鮮人の人達がおおぜい住んでいます。その地区の隣が同和地区になります。関西的な事情というのは、この同和問題をどう捉えるのかという点です。人権を考える市民運動の一つの分岐点になってきました。

 自転車で川端通を北上していきます。塩小路→七条→五条→と進みます。四条川端の南側にあるのが歌舞伎で有名な南座です。高校のとき、一度、見学会で入ったことがあるだけ。入り口にあるお店のニシンそばは美味しいらしいが食べたことはない。このあたりから東は八坂神社、西は四条大宮にかけてが京都で一番の繁華街になります。

 四条川端を過ぎると次は京阪三条が見えてきます。京阪電車の駅があって三条通に面しているから京阪三条といいます。京都の旧市街は碁盤の目のようになっています。X軸とY軸が縦横にあるようなものです。だから四条河原町といえば、四条通と河原町通が交差した場所を指します。

 三条京阪から少し走ります。京都大学が見えてきます。そして出町柳につきます。ここの北側にあるのが下鴨神社。ここの糺の森は、世界遺産です。

shikatasan2.jpg
続きを読む


ラベル:京都府 京都市
posted by LJ21 at 09:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 京都府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。