2007年08月10日

風土倶楽部サポーター やぎぬまともこ 4日目 東京都

本日は、昨日に続き、またまた山形のお話。
庄内イタリアンを実現した奥田シェフと、つながる生産者の輪についてお伝えします。

一般的に生産者は、流通を通じて出荷するために最終的などんな人が自分が作った作物を使っているのか、食べているのがわからないのが今の現状といえます。そのものの良さや価値が末端まで通じなかったり、認めてもらえなかったりします。しかたがないのかもしれませんが・・・・・。

つまりは、料理の世界で言えば、生産者、流通者、料理人、一般消費者の関係が分断されていて、つながっていないのではないかと思います。最近では、生産者が生産、販売、加工までするケースも増えてきたのは、とってもよいことだと思います。

心ある東京の流通者の中にも、生産者と料理人をつなげる活動をはじめているところがあります。まだ少数派ですけど・・・。

alkechano.jpg奥田シェフは地元、庄内で必要とされるレストランになりたいと2000年にアル・ケッチァーノをオープンしました。生産者と共に歩む料理人。庄内の親善大使としても活動されています。

庄内の食材と向き合うためにはまず育っている現場と人を知ることだと言います。シェフの言葉によれば、湿度と毛穴で感じる第6感が大事なのだとか。

tomatohatake1.jpgシェフが庄内を食の都にしたいと、生産者と共に歩むレストランになりたいと、生産者の元をまわりはじめたのは2002年から。
最初は地場イタリアンの看板を出してスタートしましたが地元の食材で集まったのは、山澤清氏の鳩、比内地鶏、余目町のマッシュルームなどぐらいでした。


続きを読む


ラベル:庄内
posted by LJ21 at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 山形県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。