2007年08月11日

風土倶楽部サポーター やぎぬまともこ5日目 東京都

今日もまたまた山形は庄内のお話。

アル・ケッチァーノの奥田シェフが生産者たちの新しいコミュニティ広場としても使えるカフェ&ドルチェのお店を7月7日にオープンしました。

その名は、イル・ケッチァーノです。

gt.jpg生産者のための優先席は、オープンカウンターの中につくりました。写真はグリーンテーブルで話をする奥田シェフ。
18時以降はプレイベートレストランになります。今後は生産者と共に味わうレストラン、ときに庄内の食材を理解してもらうためのキッチンスタジオにもなるそうです。

こちらでは、山形の鯉川酒造で作ったアル・ケッチァーノのオリジナルの日本酒も飲めます。

奥田シェフは言います。
在来種には地元で愛される必然性があるのだと・・・・。


続きを読む


ラベル:庄内
posted by LJ21 at 23:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 山形県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。