2007年09月14日

鹿児島県南さつま市笠沙町 松山智恵 4日目

  今日は一日曇り、時々小雨。
 こんな天気の日は塩の乾燥がいまいちなので、たまっている事務や工房の上の畑の野菜の世話などに精を出します。

     おくら  力強いおくらの花

                           畑

 あまりの夏の暑さと塩作りの忙しさに、草ぼうぼうの畑になっちゃいました。

にらの花
 日中はまだまだ痛い暑さが続いても、にらはすっかり’秋’
 花がたくさん出てきたので、つぼみを積んで夕食の一品に。


掻揚げ@ シメジ、たまねぎと一緒に掻揚げにしました。

                  掻揚げA
揚げたてを「笠沙のしおっ」とすだちで。ビールによくあいます。


 京都から一緒に連れてきた月下美人がいつの間にかつぼみをつけていました。
 京都にいた頃は葉がどれほどたくさん茂っても、ぜんぜんつぼみがでなかったのに、笠沙に来て3年目の6月に初めて花が咲き、その後毎年3・4回は咲くようになりました。

月下美人@

笠沙に来たばかりの頃、目を開けているのに「もしかして目が開かなくなったのか!?」と思うほど夜が真っ暗なことに驚きました。
「夜が真っ暗すぎて、危ないよね」という私の言葉に、「外灯をつけると虫がたくさん寄ってくるし、そもそも夜に外出する必要もないし、早く寝て日の出とともに働けばいい」と返ってきて、はっとしました。

 そうか、夜は暗かったんだ。京都や大阪では夜が明るいのが普通だったけど、それは都会だけの「ものさし」だったのかぁ。

 今では工房から自宅へ帰ってきて車から降りた後、夜空を眺め、星の
輝きや月の様子、風のにおいなどを夫と一緒に分析?して「明日は晴れそうね」と予報もどきをしてから家に入ります。
 
本当に星がたくさんで、天の川も絵に描いたかのようにくっきり見えます。こんなことなら小学校の頃もっと星座をおぼえてたらよかったなぁと思います。

                   月下美人A
 真っ暗な夜の中に、気高く甘〜い香りとともに咲く日が楽しみです。
   



posted by LJ21 at 11:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 鹿児島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。