2007年10月06日

私設あおもり応援団 小畑智恵4日目

日本全国津々浦々で、「おだし」といえば様々あれど、津軽じゃやっぱり「焼き干し」だ……ということで、本日は「焼き干し」の巻。

071005.jpg津軽海峡と陸奥湾をつなぐ津軽半島沿いの平舘沖や、下北半島の脇野沢などで秋に獲れる、鮮度がよくて形が小さいイワシ(時にはアジも)がその素材。うちの味噌汁のだしは、ほとんどこの焼き干しによるもので、私が青森に帰るたび、青森駅前再開発ビル「アウガ」の地下にある市場で買い出ししています。今使っているのは夏前に買ったものなので型が小さく、長さ9センチ程度ですが、普通は10センチを雄に超える堂々たる姿。

それもそのはず、平舘沖や陸奥湾に入り込むカタクチイワシ、マイワシ、ウルメイワシ、そして小アジなどで焼き干しが作られるのは、9月下旬から12月まで。つまり、これから出来上がったばかりの焼き干しが出回る時期なんですね。

熟練した浜の母さんたちがひとつひとつ頭を取り、はらわたを除き、串に刺し、炭火であぶって乾燥させるという昔ながらの手仕事による産物。脂の乗った魚を煮出す煮干と違い、炭火でじっくり焼き上げながら脂分を流し出し、さらに香ばしい香りが加わるため、旨みがぎゅっと凝縮しているのです。

焼き干し味噌汁を飲んだときは、一気に「ホッ」と気分がほぐれ、体の隅々まで栄養たっぷりのだしが染み渡り、なんともいえない幸せな気分にしてくれます。

カルシウム満点だし、捨てるなんて考えられないので、うちでは味噌汁の具と一緒に、ガシガシ食べてしまいます。中には、そのままつまみとして食べたり、だしを取った後に水分をふき取って野菜などの炒め物に入れたりする人もいるらしい。

通販している地元のお店も複数あるようです。だしに困ったときには、ぜひ一度、お試しアレ。

タグ:津軽 青森
posted by LJ21 at 00:12| Comment(2) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。