2004年06月01日

青原さん 2日目

●5月31日(月)雨 富山県東砺波郡城端町大窪
朝9:00、永代祠堂会は、住職の勤行から始まる。その後、住職の法話と私の挨拶、そして午後映画上映と話し合いがあり、夜にも映画が上映される。同じ日程が明日も続き、映画は4回上映されることになる。本来、永代祠堂会は、他寺院の僧や布教使を招いて数日間勤行と法話が繰り返されるのである。
雨にもかかわらず参詣者の方々が続々と参集された。太田住職が、勤行の後、法話を始められた。




昭和20年、棟方志向が、福光に疎開していました。戦争中ですから食料なども、一番苦しい時ですね。そんなときにお寺は、毎月かならずお座・法話会をやっていました。どこのお寺も毎月1回やる。そうしますとお寺は全部満員となるんですね。いま豊かな時代になって余裕がでてきたら、お寺に人は来んようなった。その頃お寺は全部満員。


で棟方さんは、その頃、東京で柳宗悦さんから指導をうけてました。柳さんは棟方さんの絵とか版画を、「どうしても『我』が入っとる。これがなかったらいいのになあ。」と評す。ところが棟方さんは「そう言われても我はとれん、どうしていいかわからん。でもとらにゃあならん。」棟方さんも悩んどった。そして棟方さんが福光へ疎開して1年。柳宗悦さんが様子を見に来たら、びっくりした。全然違っとるんやね。こん時に、棟方は一つの目を開いた。だから世界が棟方になった。


柳先生は、「しかしお前、どうしてそう急に変わったんだ」と聞いたら。いや別に「ただお寺へ参った」「ふーん、お寺へ参ったか。そしたらよっぽど素晴らしい高僧の方に出会って、教えを受けたんだね」「いやいやこの辺の坊さんはろくなもんじゃない。いばっとるし、酒ばっかり飲むし、あまり勉強しとらんし。ところが、坊さんは頼りないけどそこへ来る門徒さんがすごいんだ」と。「このへんのお寺参りをしとるうちに、畳の上に門徒さんらといっしょに座って、時間をすごすうちに、知らんうちに私の絵がこうなりました。」
 普通やったら圧倒的な力量をもったえらいお坊さんが、おれについてこいと。ほんで弟子が坊さんの真似して半分もできればえらいと。こんなの普通でしょう。ところが真宗の場合は、坊さんが一番たよりないんですね。ところがみんなでひとつの道場に集まって、いろんなことを語りあっているうちに自然に、心の「我」がとれる。そしたら我がとれるということは別のもんが入ってくる。これが「徳」。「徳」いうのは自分でこしらえたものではない。
柳宗悦さんは、民芸運動やってこられるなか、焼き物やら自分の我の入らないものこそが一番美しいんだと仰るんですね。芸術というのは我の塊みたいなもんだ。みんな芸術家がえらいえらいって言いますね。芸術家が作ったものは珍しいし、変わっとるし、ほめたたえる。柳先生は、美というのは、そんなもんじゃないんだと。自分らが何の気なしに使っとるようなのが一番美しいんだと。安物で、美しいものを作ってやろうと作ったんじゃなくて、知らんうちにできたもんが、実は素晴らしいと。何でかっていうたらそれには「我」がないから。美というのは、弥陀の本願が働いたものだ、もっといえば、自分の我でこしらえたものは、美でないんだ。それは美しいかもしれんけど。それは「相対の美」。つまり美しいけどうっかりすれば醜くなる。醜くなりたくないからがんばって一生懸
命、美にしがみつく。
 それに対して「絶対の美」これは人間の思いでこしらえるのでなくて、弥陀の本願、他力というものが働いてできる。こういうことを仰るんですね。そういうものがまさにこの砺波地方に働いておる。これは単に昨日今日できたものではない。おそらく蓮如上人以来、ずーっと500年にわたってここのご先祖方が、代々継続して、仏法というものを喜んできた。そういうものが一つの力になった。その力が、このあたりの人間の生活にもあるし、大自然の中にも染み付いておる。そうするとそういうところに入ると人間は意識せんでも自然に救われていく。心が開かれ、明るくなる。「我」がとれていく。そして柳さんは、こう仰った。「これを私の造語で『土徳』とする。真宗は土徳の宗教である」


午後、スクリーンや暗幕が、本堂内に設えられ、上映開始前になると近隣近在の門徒さん方が、朝以上の数、集まってくださった。100人以上は、来られていると思う。すごい上映会になりそうだ。

上映会の様子は、明日分にまとめてご報告します。




posted by LJ21 at 17:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 広島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。