2004年06月06日

青原さん 6日目と7日目

●6月4日(金) 晴れ 広島県広島市安佐南区

ほとんど一日じゅう、この原稿を執筆していた。

●6月5日(土) 晴れ 広島県広島市安佐南区
今日も同じくずっとパソコン打ち。明日も自宅作業の予定。あまりにも味気ない
ので、明日分も含めて私の暮らしている周辺について記すことにします。

私の実家は、広島市の都心・中区十日市の真光寺というお寺だが、私は、現在、
安佐南区西原という所に暮らしている。広島のデルタの西北部にあり、主流・大
田川を北上すると、このあたりから徐々に山間地に入っていくという場所であ
る。



なぜ私が、ここを拠点にしたかというと、近くの祇園町という所に武田山という山があり、我が真光寺は、この山にあったという伝承があるからだ。映画『土徳』に登場した仏護寺(現・広島別院)もこの山の麓にあったという。
毛利氏が、広島を支配するずっと以前、武田氏が山城を構えていたといわれる時代(13世紀後半から16世紀まで)の話である。



そしてこの祇園町あたりには、なんと「青原」という地名の集落もある。
青原地区は、武田山から連なっている谷戸地にあり、棚田や段畑が、ポツポツみられる。古くからセリの生産が盛んで「祇園のセリ」として出荷されている。花祭りや田休みなど農村らしいお祭りも残されている。高みから見下ろせばすぐ田畑とマンションなどのビル郡が混在して見える不思議な場所である。

映画「土徳第二部」の舞台にするつもりで、私は、ここをフィールドの中心にし、撮影を進めている。それは私自身のルーツ探しでもあり、安芸門徒の成り立ち探しでもある。

今後、月1回、土徳公式サイト・安芸国人聞き撮り日誌にその報告をしていきますので、ご興味のある方はぜひご訪問ください。





posted by LJ21 at 16:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 広島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。