2004年07月21日

東京都国分寺市在住 中村良三 1日め 7月19日(祝)

東京都国分寺市在住の中村良三と申します。1週間、よろしくお願いします。まちづくりプラニング(会社名:有限会社プラネット・フォーまちづくり推進機構)の仕事で、全国の地域活性化のお手伝いをしています。

 国分寺の話から始めたいところですが、今週の私は沖縄県宮古島からスタートです。宮古島は、琉球諸島の真ん中、珊瑚礁に取り巻かれた周囲100kmの島で人口は約5万人、宝石のように美しいリーフと熱帯魚いっぱいのビーチが島のいたる所にあります。7年ほど前、以前所属していたシンクタンクの地域活性化プロジェクトとして「島の資源を生かした特産品開発」というテーマで宮古島を訪れ、『雪塩(ギネス認定のミネラル豊富な自然塩)』を、島のスタッフと協働で商品化しました。それ以来宮古島に惚れ込んでしまい、仕事&プライベートで通い続けています。
 
 今年の春からは、宮古島をモデル地域として、「使用済みのてんぷら油(廃食用油)をリサイクルして雪塩工場のボイラーで燃やしている重油の代替燃料にする」事業化調査を企画して、国のバイオマス関連の補助事業に公募したところ採択され、現在、一般家庭やホテル・レストランなどから排出される廃食用油をどのようにして収集するかという「経済性と環境負荷の低減を両立させる仕組みづくり」に取り組んでいます。今回の出張は、その仕上げとして、先月実施したアンケート・ヒアリングの結果を受けて作成した収集モデルを、地元の関係者の方に聞いていただいて、意見交換をする懇談会に出席するためです。



朝5:30のバスで国分寺駅前を出発、那覇でトランジットして宮古空港には昼前に到着しました。宮古島パラダイスプランの西里常務、UFJ総合研究所の金谷氏と昼飯を食べながら、明日からのスケジュールを打ち合わせ。ランチの「おすし御膳\850」には、宮古らしくイラブーチャ(エメラルドグリーンのうろこの白身魚)のにぎりやシャコガイのにぎりが入っていてなかなか豪勢でした。

 打ち合わせが終わると、なんと、夕方5:00の打ち合わせまでポッカリ時間が空きました(というか、時間を空けるために早く出発した)、迷わず海へ!吉野海岸へ!!

 宮古に行くときは、時間がないのはわかっていても、常に「海パン」をカバンの底に忍ばせているのですが、そんな時間が取れたことはありません。しかし、今回は時節柄、海につかることを前提に時間を組み立てておいたので、カバンには海パンに加え、水中眼鏡とスノーケルも忍ばせておきました。まさに、確信犯です。2:30〜4:00まで、干潮(しかも大潮)のピーク時間でしたが、海面近くまで顔を出すサンゴで腹やひじをすりむきながら、至福の90分間を堪能しました。


吉野海岸の素晴らしさは、文章で表現するのが困難です。詳しくはホームページなどでご覧ください(個人の旅行記のHPですが・・)。なんせ、宮古島の本領発揮というビーチで、遠浅のリーフの中は、色とりどりのサンゴと小さな魚で満ち満ちていて、宮古島でも規模と魚の量ではNo.1の魅力的なビーチです。宮古島に竜宮伝説があるのも納得。

 わずか90分のスノーケリングでしたが、今年も大好きなミナミハコフグの幼魚にも出会えたし、阪神タイガースカラーのウツボにも遭遇しました。大満足です。

 いやいや、今回は仕事で来ているのですよ。少し休日を利用して、現地に早く入っただけで・・・。夕方からは、パラダイスプランの社長と、調査の進捗状況について打ち合わせをし、久しぶりの宮古の定宿、『民宿津嘉山荘』へと向かいました。


下地町にある津嘉山荘は、本格的な宮古の家庭料理を食べさせてくれる「農家体験民宿」です。宮古島に通い始めてすぐに出会った、津嘉山千代さん(写真右)は、宮古島のお母さんのような人です。津嘉山荘の魅力については、また後ほど書きます。ここの食事がすごいんですよ、特に朝が。食材も、料理も、身体が幸せになるご飯です。

 津嘉山荘で、宮古島の友人・出口さん(写真真ん中、津嘉山荘の隣家の在住するIターン者)と千代さんの娘さん・あっこちゃん(津嘉山荘の横の素敵な『喫茶Smoothies」の店主、写真左)合流し、一緒に出口さんちで深夜まで泡盛を飲みました。

 やっぱり出張とは思えないレポートですね、こりゃ。 まあ、日記だからいいか。




posted by LJ21 at 10:03| Comment(2) | TrackBack(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うだるような暑さで悶える東京人としてはうらやましい限りです・・。でも美しい写真だけで、堪能いたしました。ありがとうございます。<BR><BR>さて、本文中のリンクの張り方についてですが、ひとつお教えいたします。記事を書くときの本文記入欄のすぐ上に、〔太字〕〔斜字〕などと並んで〔リンク〕というボタンがあります。リンクを貼りたいところをカーソルで指定してから、リンクボタンを押すと、リンク先を指定するボックスが飛び出ます。そこでURLを指定すると本文中にリンクを貼ることができます。勝手をしまして申し訳ないのですが、そのように一日目を変更させていただきましたので。<BR><BR>では一週間、沖縄を満喫させていただきます!(う)
Posted by ローカルジャンクション21 at 2004年07月22日 00:06
いいな、いいな。やはりどうみても仕事のようには思えません。あー、そーきそばが食べたい!泡盛飲みたい!三線の音色を聴きたい!沖縄行きたい!<BR><BR>仕事漬けでほとんどやけくその(あ)より
Posted by ローカルジャンクション21 at 2004年07月22日 00:17
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。