2004年08月26日

熊本県熊本市 福本 建明 2日目 8月24日(火)

今日は終日デスクワーク。
 私の担当のひとつである松くい虫防除事業(松林の枯れを防ぐ事業)の今年度予算の中間とりまとめを行いました。
 写真は、熊本県庁本館10階のみどり推進室で仕事をしているところ。机は全員重厚な木製、また、服装はノーネクタイで仕事をしていいのですが、室温は28度設定のため、クーラーのパワーが低く、暑くて暑くて。
 担当事業の現地調査のため、なるべく地方の現場に行きたいのですが。

 下記の写真で、今年度の松くい虫防除事業箇所の一部を紹介します。
 熊本県内には、まだまだ綺麗な松林が残っているところがあります。
 また、県の計画でも「白砂青松」の地域づくりをすすめています。



この写真は、熊本県内の島嶼地域になる上天草市松島(天草2〜5号橋付近)でヘリコプターから松くい虫に効く薬剤を散布しているところです。
 現在でも約200haの松林があり、海を背景に見る松林は、絶景です。


この写真は、阿蘇郡南小国町の瀬の本(黒川温泉近く)の松並木通りでトラックの荷台から特殊な機械で薬剤を散布しているところです。
 阿蘇の草原風景を背景に、道の両側に松林が並んでおり、これまた絶景ポイントです。


この写真は、阿蘇郡白水村の各集落の神社(約20カ所)に残る松の大木です。神社の御神木であると同時に集落のシンボルツリーにもなっています。
 阿蘇有数の湧水量を誇る白川水源などの水源めぐりと一緒に、松の大木も見て行ってください。


この写真は、上天草市龍ヶ岳の樋ノ島地区(天草上島の不知火海に浮かぶ島。橋が掛かっている。)の松林です。田舎の小さな漁港近くにある樋ノ島神社の参道、境内に松が生えています。




posted by LJ21 at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 熊本県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。