2004年08月30日

熊本県熊本市 福本 建明 4日目 8月26日(木)

今日は、午後から休んで、明日から始まる「全国農業青年交換大会」で行う炭やきの予行練習のため熊本県北部に位置する玉名郡岱明町に行きました。

 写真は、岱明町自慢の海岸「鍋松原海岸」です。1.5kmにも及ぶ有明海に面する海岸には、大小の黒松が並び、まさに「白砂青松」そのものです。
 
 この綺麗な海岸で炭やきを行います。



この炭やきは、大会主催者から、私が事務総長をつとめる「環太平洋浄化300年計画」(1日目の日記参照)へ依頼があり、炭を使った農業を実践している岱明町の若手農業者と一緒に炭やきをしながら、全国からの参加者と交流を図るものです。

 写真は、明日の本番に向けて炭やきの予行練習をしているところです。
 ガソリンスタンドからもらったオイル缶を炭窯、ホームセンター購入したトタン板を煙突にして、海岸に穴を掘って窯を埋め込み、流れ着いた流竹木を材料に2時間程でやき上げます。
 景色はいいけど、暑いのなんの。



予行練習がうまくいき、夕方からはメンバーで飲み会になりました。
 かんぱ〜い。
 気温35度の猛暑の海岸で、火を使う炭やきをしただけにビールのうまいこと。
 また、有明海でとれたアジ、タイ、イカ、ビナ等々刺身のおいしいこと。
 ビールおかわり。




posted by LJ21 at 10:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 熊本県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。