2004年11月20日

宮城県仙台市 シブヤクミコ 6日目

今日は,身近な人間について,さらりと書こうかな,と思います。
「地域づくり」に直接繋がる話ではありません。
<心地よい場所>を,少しずつ実現している人を見てみようかな,と。
家族,我が父について。

父は,会社勤めをずっと続けていましたが,
3〜4年前に,定年を待たずして,退職をしました。
平成不況の煽りを受けて,大変な会社経営の中,
父は管理職,リストラをする側の人間でした。
もともと真面目な性分なんでしょう。
高給取りのポジションに立ちながら,
部下の首を切るという仕事は,非常に酷なモノでした。
最後に,「でっかい規模の取引」を取り付けて,早々に会社を去りました。

私の家は,ずーっと両親共働きで,
母だけが家事をする,というようなことはなく,
父と母,家事を,「余裕のある方がやる」という,緩やかな分担を決めていました。
なので,父は退職後,
「何をして良いのかわからないお父さん」ではなく,
非常に優秀な主夫になったのです。
母いわく,「プリンセスになったような気持ち」と言う程,
いたれりつくせりの気の利く,ハウス・ハズバンドなのです。

もともと職人気質なのか,凝りだすと止まらない。
以前から,「何かに凝ると,しばらくはそればっかり」という,
典型的凝り性ですが,見事に,「家事」に凝り始めました。
特に,料理は凄いモノです。
旅行に行って食べた美味しいものなんかも,
自分なりにアレンジして日常の食事に出してきたりします。
しかもヘルシー。
母が,一度,体調を崩して以来,
「健康に気を遣った美味しい料理」を毎日準備しています。
かといって,贅沢をしているわけでも,
無理に極端に質素なわけでもない。
調理方法や,使用する調味料の質と量に注意を払い,
材料には出来るだけ旬の食材を選び,
たんぱく質は,肉と魚を交互に,大豆たんぱく質は毎日,
食後は少しの旬のフルーツを。
食材も,捨てる部分は,最小限にして,無駄は少なく。
私の家に常備されている冷凍食品は,
父の手作り料理がほとんどです。

父は買い物に行くとき,ほぼ徒歩で行きます。
たまーに,自転車を使います。
車は,雨が降ったときぐらいでしょうか…。
家から歩いて15分のところに,大型チェーンのスーパー,
家から歩いて10分のところに,
元・公設市場だった,現在は共同出資のスーパーになっている,
ローカルスーパーがあります。
この2店舗は,どちらも家から徒歩圏内ですが,
正反対の方向にあります。
父は,基本的に,後者のローカルスーパーで買い物を済ませ,
足りない物を,前者のチェーンスーパーで買い足します。
狙ってるのか,毎日2店舗に通っているように見えます。

毎日,丁寧に,効率よく(これがすごい)家事をこなしながら,
合間の時間で映画鑑賞や読書をし,
週に1回テニスクラブへ行き,
気が付くとPCの前で株の研究をしていたりします。
なんだかとっても働いていて,しかも,優雅な生活を送っていたりします。

何をやるにもきちんとしている。
それは決して「神経質」ではなく,「丁寧」なのであって,
しかも本人,とっても楽しんで生活している。
母は母で,仕事が趣味のような人間で,
家事に対しては「余裕があるときならいいんだけどねー。」という感じ。
バリバリの稼ぎ手です。
その母を,家事を楽しんでやっている父が家の中を整えて,迎えてあげる。
何だかとってもバランスの良い夫婦。
いいよなぁ,と,思うのです。バランスの良さが。

とってもとっても平凡な生活です。
誰でも実現可能な時間を過ごしています。
ただ,「丁寧に」かつ「楽しんで」生活しているだけで,
こんなにも特別になる,というのを,
本当に目の当たりにしてしまうと,
<心地よい場所>たるもの,すぐ傍にあるんだなぁ,って,
しみじみと感じてしまいます。
「今ここに無いもの」を不足と捉えて,揃える方向で整えるのか,
「今ここに在るもの」を,ちょっとだけ,今より良質なものにするのか,
結果はどちらも「プラス」でも,
それを実現したときの「心の在り方」は,ちょっと,違うのではないでしょうか。

余談ですが,
父の料理データベースは,200品目を超えたみたいです。



 シブヤクミコ




posted by LJ21 at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 宮城県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。