2004年11月30日

長崎県長崎市 梅元建治さん 1日目

ローカルジャンクション21の皆様、今週の私の読者の皆様、初めまして。
九州長崎・茂木にて干物を兄弟でつくっている 海産工房 梅元の梅元建治です。
今週1週間、どうぞよろしくお願いいたします。

私共の会社は弟の梅元康志(32才)が社長をつとめ、できそこないの兄=私こと梅元
建治(37才)が何もせん無取締役で、社員さん4名、パートさん10名の極めて零細な
会社です。長崎近海、東シナ海の魚を中心に化学調味料、保存料、着色料など使わな
い無添加の干物を日々少しづつ、製造させて頂いています。



農業の世界でも、無農薬や自然農法でつくられた農作物が一般からするとまだまだ貴
重なように、水産加工物の世界でも、化学的な添加物が使われていないものは、驚く
ほどその割合は少ないようです。お近くのスーパーや百貨店の塩乾物売場もその例外
ではなく、その流通や保存等の枠組みの中で、伝統的な食べ物とは無縁の物質が当た
り前のように使われているようです。


「今週の私」の依頼を頂いた朝田さんとは、先月、福岡・佐賀・長崎で開催されまし
た「食の学校(塩川恭子さん主宰)の 全国会員大会」にてお会いしました。

皆さんもご存知かと思いますが、塩川さんの「食の学校」のもとには、おいしくて安
心できるたべものを少しでもご提供しようと、私共のような生産者や製造者、流通の
方々などの方々が集まっておられます。その中でも1年に1度の会員大会は、同じ食に
携わる皆様との貴重な情報交換の場であり、現場での再発見の時間でもあります。


今年の会員大会は、福岡のハイクオリティースーパー・マキイの牧井社長が全体をコー
ディネーションされ、福岡-嘉穂町-秋月-佐賀・富士町-島原-長崎の2泊3日のコース
で、九州東海大学農学部教授の片野学先生の情熱的な特別セミナーも開催されました。
最終日には私共の工場も朝食会場兼見学コースに入れていただきました。感謝。

といいながら、60名近くの皆さんを会社にご案内するのはもちろん、会社で朝食を食
べてもらうのも初めての体験でした。

でも当の私は、他の会員さんとその日は研修中で、何もせんむ。うちの社長はじめ、
社員さんが仕事の合間に打ち合わせして、当日、日の出前から家族を巻き込んでのセッ
ティング。天気も味方してささやかながら、一生懸命、なんとか干物朝食会が出来ま
した。



こんな、私共の食に関して扉を開けて頂いたのは、オーガニック家庭料理の店、土と
命と愛ありて-ティア-の元岡 健二社長との出会いからです。食の学校の塩川さんや
ローカルジャンクションの朝田さんとの出会いもまた、このティア元岡さんとの出会
いなしではあり得ませんでした。

明日はティア元岡さんと長崎・茂木の海にまつわるエピソードなどをお伝えしようと
思います。

ありがとうございました。




posted by LJ21 at 08:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 長崎県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。