2005年01月03日

神奈川県川崎市 浦嶋裕子 1日目

あけましておめでとうございます。ローカルジャンクション21事務局の浦嶋です。
祝!!今週の私、2年目に突入です。振り返れば、第一回は、私からスタートを切らせていただいたのでした。1年ぶりに、自分のページに戻ったら、なんとまぁあっさりとした日記だこと。自分が書いたものなのに、びっくりしてしまいました。自分たちでまず始めたことではありますが、大勢の皆さんの力で、このページは育てられていったんだなぁとつくづく感じます。いまよく言うところの「参加型」ってやつでしょうかね。本当に1年間、当ページに参加してくださった皆様に感謝申し上げます。
(しかし、いざ自分が書く段になると、あまりに立派になりすぎたこのページに、押しつぶされそうな気分になっています。)
去年は続けていくことで精一杯でしたが、今年は、この日記に参加してくれた人たち同士のネットワークもつくっていければなぁなんて思っています。(果たしてそんな余裕があるのか、いささか不安ですが)地域も違えば、業種もまったく違う皆さんですが、きっと思うところはとても共通しているのだと思います。そんな方々が、物理的な距離を越えて知り合えるきっかけになれば、まさにローカルジャンクション21の願うところです。
 さて、前振りはこのくらいにして、日記を書かねば。今日からLJ21は開業ですが、休み明けで、どうも調子が乗らない一日でした。いずれにせよ、ずっとデスクワークだったので、少し時間をもどして、お正月の様子を書きたいと思います。
2004年を振り返れば、とにかく出張に次ぐ出張の日々でした。日数なんと128日!我ながら呆然。どおりで家にいる時間が少なかったわけだ。そんなわけで、年越しくらいはゆっくりと旅行を!というわけで夫婦で一泊、小田原のほうに足を伸ばしました。行き先は、東海道線で小田原から一つ先の駅「根府川」の江の浦というところです。
湘南海岸特有の遠浅の砂浜は、小田原で風景が一変します。箱根の山から流れ出る早川を過ぎると、山が海まで迫った伊豆独特の風景が始まります。根府川はそんな伊豆の始まりに位置します。根府川は石の産地で、海上輸送で江戸に運ばれ、江戸城の石垣に多く用いられたとのこと。小田原特産のミカンはこのような地形と、名産の石によってつくられた段々畑で栽培されてきたのです。
宿泊先は、小田原でもとくに名高いミカン生産地である江の浦地区にある「江の浦テラス」。ミカン農家だったご主人が、5年前に畑の一部に建てた素敵なプチホテルです。到着した大晦日は、突然の大雪と渋滞で夕食直前にやっとのことたどり着きました。あたりがすでに暗いため、景色は明日に廻して、まずは食事、食事!


オーナー高橋さんのご家族で経営しているたった5部屋の宿。和洋取り混ぜた家庭料理風の献立は、一泊二食付き1万円とは信じられない美味しさ!奥さんオリジナルの海老のパングラタンや、帆立のサラダ、スープなど。メインの金目鯛の煮付けは、伊豆の海の名産!豪快な盛り付けとお味でダブルに満足の一品です。1年の最後を飾るにふさわしい土地の恵みと手作りの技の味を堪能できるすばらしい食事で、大満足。夜は、年越しも忘れて、オーナーの高橋さんとお酒を酌み交わし、明日の初日の出を期待しつつ、就寝。


さて、元旦です。部屋からカーテンを開ければ、眼前に海が広がるロケーション。大晦日と打って変わって晴れとの予想。絶対に初日の出見よう、と目覚ましを3重にもかけて寝たはずなのに・・・気づいたら「明るい?!」
そうです。目覚まし時計に気づかず、寝飛ばしてしまったのです。カーテンを急いで開くと、太陽はすでに海から指3本ほど昇っていました、空は澄み切ったスカイブルー・・。年明け早々悔やむのでありました。
(今、去年の日記を振り返ったところ、なんと去年の元旦も岩手の三陸まで足を伸ばしながら日の出の瞬間を見逃している・・・。毎年同じ過ちを繰り返しているなぁ・・。)



目の前に広がる相模湾と、ミカンの段々畑。水平線の先には、三浦半島、そしてその先に房総半島まで見渡せます。相模湾は本当に「湾」なのね、と何とも当たり前のことに感心してしまいます。西に目をやると、雪をかぶった丹沢山系が望めます。実家が茅ヶ崎の私としては、丹沢の山々は馴染み深い山ですが、相模湾の背景としてそびえる丹沢の山並みを一緒に眺めていると、改めて神奈川の山と川と海のつながりを感じます。前日の大雪が去った澄み切った空の下の風景に、感動する元旦でした。


追伸:朝食には、おせちとお雑煮が出されました。お雑煮は、大根と里芋が入ったダシと薄口醤油のお澄まし。珍しいのが、上に乗っている青海苔のような海草。これが独特の風味を加えていて、とてもおいしかったです。





posted by LJ21 at 11:52| Comment(0) | TrackBack(0) | LJ21事務局担当 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。