2005年01月06日

4日目 神奈川県川崎市 浦嶋裕子

私は、一応LJ21の会計を担当しておりまして、月初には、お金の精算や出し入れなどの仕事があります。今日はまずそれから片付けます。銀行に用事があるときは、歩いて15分強の二子玉川駅に行きます。多摩川にかかる橋をわたると、そこはもう二子玉川の繁華街。ちなみに、神奈川県と東京都の境を越えることになります。(首都圏在住の方には当たり前ですね・・・)
この橋は我が家から3分。(この日に撮った写真は分かりにくかったので、次の日に撮った写真と交換しましたので、時間帯と天気がほかのと違います。)新二子橋といって日本橋を起点に神奈川県中央部を縦断する246号線が走っています。実はこの橋が渡れると知ったのは、引っ越して来てから1年が過ぎようとしていた頃。我が家に逗留し、二子玉川高島屋での試飲販売に通っていた水俣のお茶農家松本さんが、この橋を渡って売り場に通っていたのです。それまで私はてっきり車専用の橋だと信じ込んでいました。自分の足元って本当によく見えていないものですね。



車がビュンビュンと通り過ぎる結構な交通量ですが、橋の上は高くて気持ちがいいです。写真(上)のように、橋に上がって下流を見れば二子玉川のデパートはすぐそば。反対の上流はこんな感じ(写真横)。天気がいいと丹沢山系が遠くに見渡せて、いい景色なのですが、今日は曇天で残念。っていうか、今日はすごく寒い!(夜になって天気予報を見たら最高気温なんと5℃!どおりで寒いわけだ。)でも河原では年配の方たちが、ドラム缶に火をともしながらゲートボールをやっていました。これは全国共通の風景ですね。


二子玉川までのご近所感覚がついつい私を油断させ、部屋着の延長のような格好で出かけてしまうことがよくあります。二子玉川と言えば世田谷マダムが闊歩する高級ショッピングエリア。ハっと気づくと、高級ブランド店の前で恥ずかしい思いをすることもしばしばです。


今日はついでに、食品売り場(いわゆる「デパ地下」ってやつですね)に食育フェアで販売する豆類のプライスゾーンを調べに行きました。最近「デパ地下」って評判ですが、これでもかと消費意欲を駆り立てるように、包装や飾りつけが凝りに凝っています。私も、思わずうっとりとして、「買いたい!」欲がムクムクと湧き上るのですが、これって食べ物本体ではなく、包装やデザインにどれだけお金をかけているんだろうとも思います。以前、LJ21の理事の方から興味深い話を聞きました。20世紀はじめ、フォード社が大量生産方式によって車の低価格を実現し、車の爆発的な普及につながったが、その後のGM社はより洗練されたデザインへモデルチェンジを繰り返すことによって、車の売れ行きを伸ばしていった。モノがモノそのものではなく、そのデザインやイメージによって売れていく構図は、大量生産方式の確立以上に、経済の本質を大きく変えた、と。そんな話が、デバ地下を歩いていて、頭によみがえってきました。

ふと見上げると、売り場のあちらこちらに「ミズキ団子」(各地で花餅とか呼び名がいろいろありますよね)が。しかし、ミズキが刺さっている枝も団子もプラスチックなところが少々残念。なかなか本物を飾り付けるのはたいへんですよね。しかし、私たちはそんな挑戦を自らに課してしまいました。なんと、今度の食育フェアでは、かなり大きいミズキの団子刺しで我らのブースを飾り付けます。団子の飾りつけには、岩手県住田町から頼もしいお母さんたちが駆けつけてくれます。ミズキは丹沢近くの山から、イベントの前々日に、自ら車で採りに行く予定。枝が直前にしか揃わないので、ほとんどぶっつけ本番で、今からかなりドキドキしています。当日、どれほどきれいに飾りつけられたか、ぜひ見に来てください!
食育フェアまであと9日だ!





posted by LJ21 at 23:34| Comment(0) | TrackBack(1) | LJ21事務局担当 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

世田谷レイティング 店の駐車場ランキング
Excerpt: 1位 田園 AAA ...と言っても10年くらい前。今はどうか知らないけど。分けあって、行かなくなったので(別にお店の理由ではない)。ほとんどヴァレット(ヴァレイ)パーキング状態。環八に乗り捨てもO..
Weblog: An old man in Setagaya
Tracked: 2005-03-13 14:59

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。