2005年02月06日

わずかな余裕

今日は、10時から出勤しました。朝のうちは、とくに用事もないので、これからマラソン大会の準備で忙しいし、休める時には少しでも休んでおかないと疲れます。

10時からは、市街地の子供会がうどん打ち・豆腐つくり体験に来たので、ちょこっとスローフードや身土不二のお話。もちろん子供相手だから噛み砕いて。

山羊の調子が良くないので、獣医を捜すところから今日の仕事は始まり。これまで何回か見てもらった市内のSさんは入院中、もう一つの動物病院は山羊は見ない。知り合いの農家に電話をかけても、その二つ以外はご存じない、ということで、とりあえず探索はとぎれました。

昼過ぎに味噌の仕込みが終わったので、しし鍋マラソンの参加賞用に熟成を早めるため、市内の別の味噌屋さんへ運び、30℃の部屋に置いてもらいました。

愛林館に戻って、不知火オレンジの通販のメールを発送し、また獣医探し。平日ならば、農協や農業共済組合に電話をかければすぐにわかるのですが、今日はどちらも休みです。牛を飼っている農家は不在、普段愛林館で肉を買っている店(自分で牛も育てている)は知らず、以前鹿を飼っていた農家はSさんに見てもらっていて、隣の大口市の稲作農家は不在、もう一つの稲作農家は知らず(そりゃ稲しか育てない農家だから知らないだろうなあ)、栗野の知り合いには連絡が取れて町内の獣医を紹介してもらったけど今日は休みだし、水俣まで往診は無理と断られ、友人の農協Y理事に電話をしたら農協職員のK氏を紹介してくれ、彼が教えてくれた電話番号でようやく出水のY獣医がつかまりました。でも、今日は休みを取っているということで無理は言えず、明日に来てくれることに。

その後、不知火の注文メールがいくつか入ってきたので、お返事を出したり。助手のKさんには、しし鍋マラソン大会の賞品の米の袋詰めをしてもらいました。うちの大会は区分が39あって、3位までが入賞です。エントリーのない区分を差し引いても、105人が入賞するという、参加者に優しい大会です。でも、配るお米も105kgあるということで、結構な量です。お米はもちろん除草剤も農薬も使わない合鴨米。ヒノヒカリで、とってもおいしいのです。

そういう私の1週間でした。今週も忙しかったけど、これが普通。



posted by LJ21 at 23:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 熊本県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。