2005年02月14日

一日目 松本里実 熊本県水俣市桜野園

おいしいお茶にな〜れ 
私たち家族は、熊本県水俣市で無農薬のお茶をつくっています。今日の午前中は、ほうじ茶の袋詰を夫と二人でしました。家族で小さく経営していますので、紅茶とほうじ茶の袋詰は、少しずつ手作業で行っています。
 我が家の「一福(いっぷく)ほうじ茶」は、初冬に摘んだ番茶が原料で、夏に太陽をいっぱい浴びて大きくなり、初冬の寒さにあたって茶葉自体にほんわか甘みを含んだお茶です。決して、上品で高級なお茶ではないのですが、飲んでほっと一息つける、身体にもすっとなじむやさしいお茶になってほしいなあ〜と願いを込めて名づけたお茶です。



そんなわけで、時々写真のような太い茎も混じっています。私たちは、縁起のよいといわれる茶柱と同じように、「これ当たりだね」といって、そのまま入れています(でも、あんまり長いと、袋を突き破ってしまうくらい堅いです。)
 やっぱり、自分の分身みたいなものですから、おいしいお茶にな〜れ、と思いながら、皆さんに無事に届くことを願いながらしています。





posted by LJ21 at 22:54| Comment(1) | TrackBack(0) | 熊本県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
…だから、あったかい味がするんですね!
Posted by mikeo at 2005年02月17日 10:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。