2005年02月16日

三日目 松本里実 熊本県水俣市桜野園

オカネはなくとも・・・
 今日は、水俣市役所の方から、インタビューを受けました。何のインタビューかというと、私もメンバーである「みなまた元気村女性会議」の取り組みの一つの、「もやい通貨」について、通信に載せたいので、ということでした。
 この「もやい通貨」は水俣の地域通貨で、現金ではなく、助けあいや支えあいの対
価(気持ち)として、この通貨をやりとりします。
例えば今までに私は、メンバーの方に、お茶のラベル貼りをお願いしました。逆に、「おいしいお茶の入れ方教室」やパソコンへの原稿入力などを、お願いされました。こんなふうに、「ちょっと忙しくて、誰かに頼みたい」「手が足りない」時、あるいは自分はできないけれど、あの人はこんな特技をもっているからお願いしたい、という時に、その「ありがとう」の気持ちを、この通貨でお返しするわけです。自分が頼まれれば、逆にその通貨をいただきます。その相手は、メンバーの誰でもよいのです。
 少し話は変わりますが、「もやい通貨」は助け合いのやりとりです。私たちは、他にお金をかえさない楽しいやり取りとして、「物々交換」もします。知合いの方に、お茶と手づくりの品を交換してもらいます。また、力を貸してもらったかわりに、お茶でお返しをします。私は、こちらに嫁いできた結果、生産者の仲間入りをしたわけですが、この物々交換は、とても贅沢でおいしいくて!豊かだなあ〜と感じます。なんだか田舎に住んでいると、お金はなくても何とかなる(まあ、あったほうがいいけれど・・・)と思えるのは、土地や人とのつながり(やりとり)が、元気に生きている証拠なのかなと思います。





posted by LJ21 at 23:43| Comment(1) | TrackBack(0) | 熊本県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
水俣ならではの様々な取り組みにはいつも感心させられます(ごみ収集の際の細分化なんてスゴイですよね)。体温を感じる人と人との繋がりは何物にもかえ難いもの。本当の豊かさって?…ちょっと考えてしまいました。
Posted by mikeo at 2005年02月17日 10:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。