2005年03月18日

南阿蘇村 吉田愛梨 4日目

今日は雨。1日中、雨。昨日植えた種が流れていないといいけど…。
春一番と重なって、軽い台風のような天気でした。

「晴耕雨読」
これって、多くの人が憧れながら、なかなか実現できないことの一つではないでしょうか。我が家はまさしく晴耕雨読。別に自慢してるわけじゃないです。でも、幸せだなぁと心から感じています。雨の日は、朝ご飯の後にエスプレッソを入れる。そしてゆっくりとした時間を楽しんでから、本を読んだりパソコンで仕事をしたり。そして息抜きにはダーツをしたりピアノを弾いたり。そんな我が家の「百笑生活写真館」も覗いてみてください。






農作業のない日は、着物を着ています。私のおばあちゃんやひいおばあちゃんが着ていた着物。引き取り手がいないので、ほとんど全部もらってきました。桐箪笥を7竿も持って引っ越してきたもんだから、どこのお姫様が嫁に来たかと思われたほどでした(笑)。

夕食は、隣に住んでいる耕太(旦那)のおじいちゃん夫婦&おじさんと一緒に。80歳から晩酌を始めたおじいちゃんのエピソードは尽きないのですが、あの時代の農家は本当にすごい。ローカルジャンクション21の事務局のお二人とは「地元学」を生んだ吉本さんとの会食でお会いしたのですが、おじいちゃんとおばあちゃんと過ごす時間は、私たち夫婦にとって「地元学」の授業そのものです。おじいちゃんやおばあちゃんの「知恵袋」をできるだけ引き継ぎたいと思い、できる限りご飯を一緒に食べています。




posted by LJ21 at 00:21| Comment(2) | TrackBack(0) | 熊本県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
吉田 愛梨 様<BR><BR>連絡先が分からず、こちらから失礼します。<BR><BR>先日のアグリ創出フェア2007では、愛梨さんのお話が一番印象に残った<BR><BR>三重大学・NEDOフェローの岡谷です(肩書きを書くのは、あまり好きでないのですが、<BR><BR>名刺交換をさせて頂いたときの記憶をたどって頂くのが確実だと思いました)。<BR><BR>愛梨さんが会場に出てこられた着物姿からして、とてもインパクトがありましたが、<BR><BR>重みのある真摯なお話が何より感動しました。思いの熱がさめないように<BR><BR>持続するということは、とても難しいことだと思っています。<BR><BR>最近、思うのは今私が住んでいる国は、じっくり一つのことに取組む執念が<BR><BR>薄いように思います。助成事業についても愛梨さんが言われていたようにその時限りが多く、 → 次に続きます。<BR><BR><BR><BR>
Posted by かつを at 2007年12月04日 22:56
次につなげるという性質に欠けていると感じます。ベンチャー企業でも立ち上げよりも<BR><BR>それを持続させ発展させることが大変なように、様々なことにおいて同じようなことが<BR><BR>考えられると思っています。その中で自分がどのようなスタンスで関ってゆけるか・・。<BR><BR>マイペースなので、ゆっくりと模索しながら進んで生きたいと思っています。<BR><BR> <BR><BR>九州は生まれて一度も行ったことがないので、もし愛梨さんがご迷惑でなければ<BR><BR>土・草・水いじりが大好きな私にご活動の一環に触れさせて頂けたら幸いに存じます。<BR><BR> <BR><BR>三重にお越しの際は、うちでよければ泊まって頂いて宿賃を浮かせて、<BR><BR>その分美味しいものを食べて下さい。今日は、仕事でなく個人の思いから、<BR><BR>家宅PCアドレスを記載させて頂きましたので、お気軽にご連絡を頂けたらうれしいです。<BR><BR> 岡谷 佳澄 <BR>
Posted by かつを at 2007年12月04日 22:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。