2005年05月11日

神戸市 三俣 3日目

学生たちの発想が芽吹きだすとき

特に連休明けのこの時期、学生がよく私の研究室に来ます。今日も幾人かたずねてきました。何をしにくるのかというと1年かけて調べていくテーマを私と話をしながら一緒に決めるためです。もちろんそのように相談に来るのは私のゼミ生(1回生・2回生)です。
私のゼミでは、自分の関心あることについて調べてきたことを皆の前で話せる力をつけてもらうために一人1テーマ、今の時期に決定してもらうのです。そうしてテーマが決まったらゼミ発表(一人につき年に2,3回)の日まで懸命に調べてもらうのです。

一応、私が「エコロジー経済学」という講義をもっているので、基本的には「環境問題に関係のあるテーマ」ということにしていますが、かならずしもそれに縛られる必要はない、としています。そうしたところ昨年度、「タバコとお酒の歴史」というテーマにした学生がいました。その学生は、「タバコとお酒は体に悪く、環境に悪い。徹底してその廃絶を!」という理由でそのテーマを立てたのではありません。その逆で「たまらなく好きだからその魅力をゼミの皆にしらしめるんだ!」といって年間そのテーマで研究し続けました。緊張のゼミ発表を終えた彼の吹かすタバコも実にうまそうだった。もちろんがんばって調べていたので内容も面白かったですが。

昨日、相談に来たフレッシュな1年生も面白い。
彼女の通っていた明石のとある高校は新幹線沿線にあるため、窓をまともに開けられなかった。英語のヒアリングのときなどは聞き取れずいらいらした。これはごく単純に理解すると騒音の問題。でもその学生はいやまてよ、「環境問題」といわれたからそれを
まっ先に思い浮かべたけれど、自分の育った近所はさまざまな開発にさらされた挙句、立ち退きなどで中学の友達はどこにいったかもわからない・・・そうやって記憶の糸を辿ってよくよく考えていくと地域全体の、それも数十年というスパンでの問題なんや!
となにやらわかった様子で、テーマを自分の育った地域史に設定しました。

こんなふうにして彼・彼女の生い立ちから聞かせてもらい、その中で、不思議だな?どうなってんだろう?と思うことがあればその話題に立ち止まって、更に深く聞き、なんとか進みだすテーマまでたどりつく。それが今の所、わたし流のやり方。時間はかかりますが、学生が辿ってきた道のりはそれぞれにやはり違っていて面白いし、なにより突拍子もない発想をするのでこちらも相当刺激をもらうわけです。時間をかければ、一年をかけてやり通せるような彼・彼女らの眠っている問題意識も発掘できる可能性が高まります。

よく最近の大学生は、考える力がない、想像力がないなどといわれますが、私は頭ごなしにそんなふうに言うつもりはありません。確かに礼儀作法や知っている語彙数などは昔の学生に比べて劣るかもしれません。でもこの時代に生きる18,19歳だからこそ持っている柔軟な発想や想像力がやはり彼・彼女らにはあります。ある意味で「こんないびつな時代」に育つことを余儀なくされた分だけ、どこか図太いし、うまく「かわす技」も持っていたりする・・・したたかだし、それでいて妙に子供っぽいところもある。未来の経済社会・環境問題の行く末は、大学に入ってきたばかりのこの人たちの潜在能力をどう開花させられるか次第。
こちらとしては若く新しい脳みそに触発されつつ、その「眠れる力」をいかに引き出せるかという挑戦の日々。その大切さが研究活動と同等、否、それ以上に大切に思える「萌ゆる新緑」の日々です。






昨年度(平成16年度) 三俣1回生基礎ゼミの写真です。

この写真は、京都の水事情の歴史と現在(琵琶湖疏水の光と影)をたずね、
琵琶湖疏水を皆で歩入たときのものです。企画はすべてゼミ生。案内の中
心は、一昨年まで京都にいた私が。

南禅寺周辺、疎水記念館につづき、ゼミ生が事前に調べてきた景観講座
(京大教授による市民講座)にも参加。

ゼミ幹・ゼミレポート編集委員が中心となり、学年末レポート集の冊子では
このときの記事も掲載。






posted by LJ21 at 16:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。