2005年05月12日

神戸市 三俣 4日目

2日目に書いた開発で削られた山
今日は、このページの書き込みのためにカメラを持って大学にでかけました。右のこの写真。わが家のまん前です。小さいひらたい山がずっと続いていたのですが、昨年末より猛烈な地響きとともにあっという間に山が削り取られ向こうが丸見え。新しくあちら側にできる団地とこちら駅側をつがげるためだとか・・・おかげでうちの窓からそれまでみることのできなかった明石海峡大橋が良く見えます。たしかに橋のイルミネーションは夜とてもきれいですが、ごっそり削られた山を見ると気持ちは複雑。まさか家のまん前がこんなことになるとは。「こどもに‘ものを大事にしなさい’といって育てられないな」と、妻が一言。この開発、付近の住民には何も知らされていない・・・・どうなってるのだろう?



通勤途中の散歩道:人気が少なくさみしげな池
自宅と研究室があまりに近い(キャンパス内官舎に住んでいる)私は、健康のことを考えて、キャンパスをぐるっと一周、約20分かけて研究室に入ることにしています。その間、沢や川などはいっさいありません。用水路のような細い溝が切られていますが、雨の日以外は水は流れていません。
この池は、家から10分くらい歩いたところにある池です。なんだ、水辺あるじゃない、といわれるとその通りなんですが、この水辺にアクセスする人はほとんどいません。昨年12月からはじめた20分散歩通勤は、フィールド調査に出ているとき以外、ほぼ毎日、がんばって続けています。でも人が水辺まで降りているのを見たのは今まで2回だけ。「水辺に降りてはいけません」という看板こそありませんが、柵が周囲に張り巡らされ、水辺と岸の間には腰を下ろせる緩衝地のような場もなく、近づいていこうという気にならない状態です。
でも、この池周辺には桜の木が植わっていて、春にはとてもきれいでした。せっかくそんなきれいな桜の時期もお花見を楽しんでくれる人影もなくさみしいかんじがしました。




posted by LJ21 at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 兵庫県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。