2005年05月25日

新潟県上越市 NPO法人かみえちご山里ファン倶楽部 中川幹太 2日目

私たちの活動の原点は、囲炉裏を囲んで一杯やることです。
そこから活動が生まれ、そして地元の者と旅の者の間に信頼関係が生まれるのです。
いや、そんなまじめくさった話より、飲むために活動しているといっても過言ではありません。

常勤スタッフは9名で北海道から長崎まで、日本全国から集まった、平均年齢が20代後半の若者たちです。
この土地で見るもの聞くもの触るもの、そして食べるもの、全てが新鮮(かつ、美味しい?)なのです。
よそからやってきた若者が興味本位で地元の昔話を聞き、それを実施していきます。


地元のじいさんばあさんは、「そんなことに興味を持つなんて近頃じゃ珍しいねえ。感心だねえ」といって、知っていること全てを惜しみなく教えてくれ、再現に協力してくれます。
汚くて、きつくて、劣等感さえ持っていた昔の伝統的な生活技術が、新聞やテレビのスポットを浴び、地元の人々は先生として主人公となる。
そこに生きる人全てが、「生きる」ということを教えてくれる先生なのです。誰もが先生になれるのです。

中ノ俣という集落で行われた「牛と田かき」という伝統技術の復活イベントは、「囲炉裏で飲む」「昔話を聞く」「とにかくやってみることになる」「大きな反響を得る」「次の活動につながる」「他の地域も刺激する」という、地域資源掘り起こしの活動上昇サイクルが始まった原点といっていい活動なのです。
それは少し前まで「ただの昔の代掻き」でしかなかったのですが・・・
牛と田かきの取組みは、4年目を向かえ、今年も5月29日(日)に行われます。
今、この村では、様々な地域資源が体験企画として、町に住む人の訪問の受け皿となり、産業化し、住人が増えつつあります。
http://homepage3.nifty.com/kamiechigo/




posted by LJ21 at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 新潟県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。