2005年05月28日

新潟県上越市 NPO法人かみえちご山里ファン倶楽部 中川幹太 5日目

私たちのNPOが9人のスタッフを抱えていられるのは、市などの委託事業があるから、といっても過言ではありません。
水道水源となっている森の価値を普及啓発する「くわどり市民の森」、廃校になった小中学校を利用し、小中学生を主な対象に山里の伝統技術などの環境教育プログラムを提供する「地球環境学校」、地域の用水を維持する土地改良区の事務、茅葺き古民家や体験農園の運営管理、その他多数あります。(写真は地球環境学校がフィールドとしている中ノ俣の棚田の風景)
17年度は、委託事業数10以上、委託総額4,000万円を超えています。
数字以上に重要なことは、委託事業担当のスタッフであっても、委託内容に縛られず、地域行事の支援、伝統文化の記録保存、環境美化活動への参加、地域観光資源の掘り起こしと事業化、農業振興と商品化・販売促進、地域自治政策の提案などをNPOのスタッフとして積極的に行います。
ちょっと見方を変えれば、私たちのNPOがちょっとした地域の自治事務所か、もしくは市の企画課のように機能しているようにも見えます。市の各課がばらばらに実施しようとする施策を、地域という「面」で取りまとめ、発展させる役割を果たしつつあるのです。
また、立上げからの4年間に、スタッフが積み重ねてきたソフトノウハウは膨大な量です。


予算に占める委託事業費の割合が多いことは、財源の多様性から言えば問題だといえますし、収益事業を拡大する努力もしています。
しかし、委託事業に「依存」しているかといえば、それは違います。
まず、精神的な面からいえば、理念に合わないことや納得できないことは、仮に市とけんかして委託事業がなくなるとしても、絶対にやらないのです。
私たちはこのような市との関係を、「右手で握手して左手で殴りあう関係」と呼んでいます。ですから、委託事業の方針や内容についても、決定までに徹底的にやりあいます。
また、実績と対価に関しては、専門性や情熱を持ち、地元との関係も非常に良く、相応の実績を積んでいるため、他にその事業を取って代わるNPOも事実上ないため、妥当に得られる対価であるとも考えられます。
あるいは、専門性を持ったスタッフが普通に家庭を持って継続的に関わっていける、ということを水準とすると、対価としては少ないともいえます。
先にも述べた、委託事業の中で私たちのNPOが積み上げてきた、ソフトノウハウという知的財産は誰のものか、またそれへの対価が妥当なのかどうかもこれから考えていかなければなりません。




posted by LJ21 at 21:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 新潟県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。