2005年06月08日

新潟県十日町市 鈴木邦俊 3日目

合併をして早2ヶ月、新市の体制もようやくはっきりしてきたようです。地域自治組織のあり方が合併後の周辺地域の趨勢を決するといわれていましたので、行政と民間協働で、中里地域の自治組織のあり方について模索しています。新市全体としては旧市町村ごとに地域協議会を設置し、新市計画の中の地域建設計画等について論議する段取りとなっています。中里地域ではこれと並行する形で、住民主体の学習・研究・実践の場をつくるための準備が進められています。


今年度は初年度でもあるので、これをまちづくり講座という形で進めていくことが検討されています。行政と地域協議会と住民主体の組織が一体となって地域づくりを進めていこうとしているのですが、どのような形で進めていったらよいのか具体的なことになると暗中模索の状態です。講演と地元学と事例研究の三本柱で進めたいとしています。皆さん方の取組事例を教えていただきたいものだと思っています。


このことについてご指導いただきたいと五月下旬、朝田代表、浦嶋事務局長、渋澤理事に当地にお越しいただきました。地域をさっと見ていただいて、お昼におそばを食べてもらって、役場で打合せをさせてもらったのですが、何をどう具体的にお願いしたらよいかもわからないままの打合せ会でしたのでいろいろとご迷惑をかけたのではないかと思っています。しかし地域の中のパワーだけで、地域のこれからの方向を見出していくことは不可能なようにも感じますので、皆さん方の力をお貸しいただきたいと切に切に願っているところです。明日は郷土芸能の「カラス踊り」についてです。




posted by LJ21 at 13:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 新潟県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
鈴木様 先日は、たいへんお世話になりました。青空の下、日本でも有数の河岸段丘の景色が、お写真からよみがえってくるようです。先日、私たちは尾瀬の片品村で地元学を行ってきましたが、あちらも、顕著な河岸段丘です。もしかして三大のうちのひとつに入っているのではと思ったりしています。また、先日入った菅沼という集落は、中里と同様に、石仏がとても多いところでした。たいへんかってながら二日目の日記にトラックバックをさせていただいたので、もしよろしければ、トラックバックのところを押してご覧になってみてください。<BR>ではまたお邪魔するのを楽しみにしています!
Posted by LJ21浦嶋 at 2005年06月08日 14:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。