2005年06月17日

福島県 かわうち元氣村 久保田稔 5日目

お早うございます
朝田さんと浦嶋さん「自民党初体験!」お疲れ様でした。
お二人が参加された「都市と農山漁村・・・調査会」はいわき市と双葉郡から選出の坂本剛二代議士が副会長を務められておられます。代議士は筋金入りの蕎麦好きで蕎麦と自然薯の薀蓄には長けています。5年後にはローカルジャンクションさん一押しの自然薯が川内から送れますから。(今土造りから始めました)
また、「廃校等の既存ストック・・・」は川内村では三つあった小学校が統合し新校舎が出来たので廃校が三つ発生しました。昨年までは取り壊しの予定でしたが、村長が正月休みを利用して1200通のメールを専門学校などに送った結果、利用を希望する学校が数校名乗りを上げられそのうちの一校と現在教育特区の申請が出されております。
全国に先駆けた成功例として発信できると思います。
写真は再利用が決まった現在の旧川内第二小学校です


さて、私達「かわうち元氣村」の中心的団体「農楽塾」を紹介します。
塾長秋元美誉さんは「農楽塾」のホームページを訪問していただけると雰囲気のあるご夫婦の写真がでています。
アイガモ農法や都会からの体験農業などをいち早く取り入れた先駆者です。
奥さんの作られる数々の漬物は三越や高島屋で並ぶ高級漬物にけして劣る事はありません。
かわうち元氣村で商品開発を勧めたいと思います。




posted by LJ21 at 08:13| Comment(1) | TrackBack(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
懐かしい学び舎まだ壊されずにあるんですね、感激です。平成16年に閉校になったと聴いていましたのでもうとっくに取り壊されたのかと勝手に思っていました。<BR>朝霧晴るる 大滝ね 嵐も雪も のりこえて<BR>夕月うかぶ 木戸川よ やがては国の 柱ぞと<BR>平和の里に 今日もまた 希望も高く 朗らかに <BR>歓びの歌 わき立たん 若木の如く 伸びゆかん<BR>ああ 川内第二小学校 ああ 川内第二小学校 校歌を思わず口ずさみました。
Posted by 第二小学校卒業生 at 2005年06月19日 09:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。