2005年06月18日

福島県 「かわうち元氣村」 久保田稔 6日目

おはようございます
これから、平伏沼のモリアオガエルを見てきます。
あす報告します。
さて、ここ数年「炭の効用」が評価され脱臭効果・吸湿力・土壌改良など
いち早く取り組み地域おこしの先駆者として「阿武隈ロマンチック街道推進協議会」会長の吉田敏八のホームページを訪ねてください。
炭を焼くという事は、山仕事をする人・炭を加工する人・販売する人さらにデザイナーと雇用の創出による経済効果だけでなく自然環境の保全に大きな役割を果たしています。
炭の中でも特に評価の高い竹炭を主製品として商品開発をされ炭の利用例として
1.米びつや炊飯器に入れる(さらに美味しいご飯)
2.水道水に入れることで飲み水が美味しくなり風呂に入れることで保温効果
3.冷蔵庫や野菜と一緒に入れておくなどがこの地域での利用方法です。



阿武隈の地域興しに頼もしい援軍のギャロップというバイク愛好会の方々です。
阿武隈の地で自転車レースの可能性の可能性を検証してくれたり、見やすい道路標識の提案など初めて走る人に親切な道路が出来ると思います。


ギャロプXの写真は村役場から提供です




posted by LJ21 at 09:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。