2005年06月22日

千葉県我孫子市 功能聡子 3日目

おはようございます。今日の我孫子は朝から雨です。皆さんはどんな朝をお迎えですか?

・・・と書き始めたものの、なんとまたもや深夜になってしまいました。今日は昼からは雨も上がり、紫陽花がひときわ美しく見えました。皆さんの一日はいかがでしたか?

今日はお米の話から、と思いましたが、カンボジアからメールがまいこんできました。奨学金の話です。これは、地域の話題になるかどうかちょっと不安ですが書き進めてみます。


ある人からお手紙がきました。カンボジアで学校に行けない子どもたちに奨学金を出して、学校に行けるようにしたい、とおっしゃいます。奨学金として使えるお金は年間約50万円。皆さんならどうしますか?

しばらく考えて、カンボジアにいる友人に相談したところ、返事がきました。「カンボジアの子どもへの奨学金を考えてくれてありがとう。私たちのプログラムは、奨学金を与えるよりは、貧しい人たちが自立できるようにすることを(そしてその結果として子どもを学校に行かせることができるようになることを)目指しています。そのために、村の中で最も貧しい人たちとよく話し合い、プロジェクトに参加したいという意思のある人たちに対して、農業の技術を教えたり、借地を用意したり、子どもの栄養改善を助けたり、学校の教材費を用意したりする仕事を、地域の農民組合との協力で行おうとしています。」




「子どもの教育への支援を考えているのであれば、他にもいろいろな方法があります」と、彼のメールは続きます。
・貧困家庭の子どもへの奨学金支給
・成績優秀な子どもへの奨学金支給
・先生に支援して、子どもへの教育が適切に行われるようにする(先生の給与が不十分なので、授業はしないで、現金収入が得られるアルバイトに精を出す先生も多い)
・ノンフォーマル教育の実施により子どものライフスキルを高める
・農村の学校への図書の支給


地域格差も確かにあります。カンボジアの東北地方には、全国の先住民族の80%以上が住んでいるといわれています。特に先住民族人口の割合の多いモンドルキリ州とラタナキリ州の二州をあわせると、約12万人程度です。しかし、先住民族の識字率は、男性で5.3%、女性で0%という数字が出ており、実際クメール語の読み書きができる人はごくわずか、高等学校に進学できる子どもは各州で10人に満たないのが現状です。



就学率の低さにはさまざまな要因があります。学校が遠くて歩いて通えないこと。僻地の学校の先生になる人がいないこと。クメール人の先生と意思疎通がはかれないこと。先住民族のことばはクメール語とは違い、クメール語で学ぶことが大きな障害になっています。NGOの中には、先住民族の言語の読み書きをクメール語の文字を使って学び、徐々にクメール語を学ぶ、という方法を導入して成功しているところもあります。

去年、先住民族の村のひとつを訪ねたときに、村の人たちは言いました。「子どもたちを学校に行かせたい」と。仲間のひとりが聞きました。「学校に行って、プノンペンに行ったら、もう村に帰ってこないかもしれないよ」。意地悪な質問に、村の人たちは言いました、「村の外に出て行って、いろいろなことを学んできてほしい。そして、村に帰ってきて、村の生活を豊かにしてほしい」

自分たちの村の将来は自分たちで決めたい、将来の夢を子どもたちと一緒に考えたい、そういう村の人たちの思いに寄り添えたらいいな、と思っています。




posted by LJ21 at 10:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 千葉県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。