2005年08月19日

長野県富士見町(8月18日)

万博2日目。今日は、長久手会場から瀬戸会場にも訪問。その際に、ゴンドラを使って
移動。
ゴンドラに乗って、この地域の自然の雄大さを実感することができた。この地域は海上
の森といって、自然豊かな雑木林の森。
万博が決定される前には、市民の反対運動があったところ。
この万博に参加していると、自然生態系を守ることの重要性が、あらゆるところから、
教えられる。
また、水のミストにより涼しさを出すとか、自転車タクシー、燃料電池車など、会場作
り、会場に移動方法等に環境保全上のさまざまな工夫がみられる。
これは、楽しみながら環境について勉強のできる絶好の場所だと思いました。



でも、一方で、このような美しい海上の森の多くを破壊して、この万博が行われている
のが事実だから、複雑な気持ちになってしまう。
環境アセスでかなり配慮して作られたようではあるが、工業地帯の跡地を緑化して行う
とか、何とかできなかったのだろうか。




posted by LJ21 at 07:51| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。