2005年08月28日

神奈川県川崎市 農家 小倉美恵子 6日目

我が家の庭や家のあちこちに、小さな神様がおいでです。
多摩丘陵の丘のような小さな山々には、だいたい“お稲荷さん”
が祀られていました。
それが大きな開発に伴って、山が切り崩されたときに
そうした神々は追いやられて、地元の家の敷地内に
引き取られてきたのです。



あの開発によって、本当に村の暮らしは一変しました。
たくさんの人々が、移り住んで来られ、鉄道、道路もお店も整い、
便利になりました。

あれから30年。
“風土の力”とは何か…を、もう一度きちんと問い直さねば
ならない時期が来ているように思います。

(画像:荒神さん)


土地におわした神々の存在を知ると同時に
この土地ならではの在来の作物なども見直してみる動きを
作ろうと思っています。




posted by LJ21 at 16:37| Comment(1) | TrackBack(0) | 神奈川県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お久しぶりです、1週間ご苦労様でした。最後は何で締めくくるのか楽しみにしてました、やはり自分の住んでる地域の将来でしたか。<BR>今日本屋で雑誌をパラパラめくっていると、イザベラバードの記事が載ってました、私は不精なものですから、宮本常一が書いた「イザベラバードの日本奥地紀行を読む」しか読んでませんが、今度はきちんと「日本奥地紀行」を読んでみます、選挙が終わってからですが・・・、それから、女房がよろしくと言ってました。
Posted by ヒロキ at 2005年08月29日 01:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。