2005年09月02日

東京都港区 甲斐良治 5日目

仕事柄全国の朝市や直売所に立ち寄ることが多いのですが、周防大島・志佐地区の「食の工房 ふきのとう」の朝市は規模も営業時間も「日本一小さい朝市」ではないかと思います。ツレアイの中学校時代の同級生・山根要子さんがはじめたもので、週2回、朝1時間だけの営業時間なのですが、朝8時からの開店なのに、まだ薄暗い6時半、7時くらいからお年寄りが集まってきます。


志佐地区は小さな漁港のある住民300名ほどの集落なのですが、NTTを早期退職後、「食の工房 ふきのとう」を開き、農産加工をはじめた山根さんの目についたのはひとり暮らしの高齢者の多さでした。

そのお年寄りの多くは車の運転ができないのですが、まとまった買い物のできるスーパーは数キロ離れた町の中心部にしかありません(そもそもそのスーパーが進出したために、身近なお店がつぎつぎ廃業に追い込まれたのですが)。

山根さんは、不便さをかこつお年寄りをみかね、私費を投じてこの朝市を開こうと思い立ったそうです。


朝市の人気は山根さんがつくる地場産大豆100%の豆腐、おからコロッケやおはぎ、船員だった同級生がつくる新鮮な野菜……。ひと月の半分を東京で、半分を大島で暮らしているツレアイも自家製の野菜やスダチを出しています。

ささやかな、「早めの定年帰農」の同級生の気持ちが集まるこの朝市は、ひとり暮らしのお年寄りの気持ちが集まる場所でもあるようです。


高千穂のような山村、大島のような島(橋でつながっているので行政上は「離島」扱いではないようですが)は、思えば農山村の、いや日本全体の縮図のように思います。

そこには矛盾もいち早く現われれば、その解決策もいち早く現われるような気がしています。そこには大都市・大企業がいまだ示せないでいる高齢者の、また若者の「希望」があるのではないでしょうか。

昨夜の若者たちもみんなが大島への希望を語っていました。


山根さんの豆腐は地場産大豆100%なのに、信じられない安さです。




posted by LJ21 at 18:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 山口県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。