2005年09月06日

島ぐるみで儲けるという意識ヘンカク 山口県周防大島 大野圭司 [二日目]

続きです。

僕が島を歩き始めた、その一歩目が島スタイルというフリーペーパー
の発行です。島スタイルの目的は、

 「島人の夢の種から生まれた島遊びをビジネス化する夢カタログ」

を島内外に情報を届ける事です。収益源は、広告料と
共感して頂いた方々のサポーター年会費です。現在、
A5サイズ、4ページ、フルカラー、5,000部発行で、
島内の主要観光施設、ホテル、コンビニ、レストラン、
カフェや、山口市、柳井市、広島市、東京などにも全国
配布中です。

創刊して3号を半年で発行し、中国新聞、読売新聞、
KRY山口放送、NHKラジオ、タウン情報YAMAGUCHI、
すおう大島広報など地元のメディアには、かなり取り上
げて頂いていますが、未だに、発行する事に5万円の
収入にしかなっていません。これでは、ぜんぜん、かっこ
よくなくて、えらそうな事言うなら、まず自分が島に必要
なビジネスを成功させます。



ちなにみ最新号は、

 「この島に、ふたりのヒロインが舞い降りた。」

というキャッチで、新しく島にできた、ふたつの女性オーナー
カフェを特集しています。島に若者が少ないのは、島が嫌だ
から帰って来ないのではなく、島に帰って来たいけど、雇って
もらう場所が少ない、業種に限りがあるという理由です。

旧態依然とした、役場、JA、漁協、福祉での雇用には限りが
あり、今後も縮小が続くでしょう。であれば、どうやって、この
島は生きて行くの?次の世代が生まれない周防大島に未来が
ないという事を、マジで考え行動している島民は、人口2万人
中1%もいないと思います。

だからこそ、生意気ながら、27歳の僕が大きな声で叫んで
います。本当にこのままでいいの?かと。僕としては、これから
30年で1,000組のUIターン島起業をする20代、30代を
つくりたい。1,000×4人で4,000人の、若年人口増を目指
しています。

僕の最終目標は、

 「高齢化率を35%に下げ人口を2万人キープし自主財源100%の独立国」

です。これを生涯をかけ実行します。
ふつう、島のリーダーが、こういう事言うんじゃないかと思うの
ですが、言わないんです。未来を切り拓く政治家は、この島に
はいないように感じます。


ま、文句言ってもはじまらんので、僕は僕のできる事を好きな
ようにさせて頂いている事は幸せです。それに、予想以上に、
共感して頂ける同世代、上の世代、島外の協力者。この調子
で、大野圭司とつながる5,000人の次世代ネットワークをつ
くり、島にお客さんを呼び込み、利益を島で分配し、自分もお
金を稼ぐ事を、自分の仕事にして行けば、10年後くらいから
は、ぼちぼち、島を動かせるポジションを獲得できそうです。

なにぶん、若く未熟者で、妄想癖ですので、これからも、
みなさんのご指導、ご鞭撻が必要です。どうぞ今後とも
よろしくお願い致します!

では、明日またお会いしましょう!

島スタイルのブログ
大野圭司の詳細プロフ




posted by LJ21 at 21:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 山口県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。